ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

その言葉、偽りあらば・・・・


ゲハジはその日、そわそわとして気が落ち着かなかった。
スリヤ王の覚えめでたいナアマン将軍がやってくるからだ。

彼はスリヤの王が書いた、とんでもない難問を携えて、
イスラエルのヨラム王のもとにやって来た。
現在も緊張関係にある国からの訪問者は、
幾たびもイスラエルに多大な被害をあたえ、
ヨラム王を手こずらせている敵ながら天晴れな名将軍だ。
緊迫した王宮の広間に、彼は臆することなく進み出て、
最高の礼を尽くし、携えてきた手紙を厳かに差し出した。

ヨラム王はその文面を読んで一瞬戸惑い、
それから席を立って別部屋に行くと
顔を真っ赤にしてびりびりと衣を引き裂いた。
文面は酷く丁寧に書かれていたが、その内容が奇怪だった。
これは彼らの策略に違いない。
それから王は重臣たちを緊急に召集し、
頭を抱えて押し黙った。
このことはすぐさまエリシャのもとにも伝わりました。

いったいその文面とは・・・。
そんなことをひよこが思っていると、
早いですね、エリシャのもとから使者が来て言いました。

あなたはどうして衣を裂かれたのですか?
彼を私のもとに来させなさい。
この国に真の神様がいる事を教えてあげましょう。

この言葉は、王や家来たちをほっとさせた。
普段、エリシャの言葉にはあまり見向きもしない彼らなのに、
その申し出に、手を叩いて喜び、
自らの慌てぶりを笑いでごまかしました。

はて?その内容とは?
ゲハジも気になった。
ひよこだって・・
そうして得た内容がこれだ!!

ナアマン将軍は上背もあり、
その地位に相応しい風格と威厳を備えていて、
大きな声では言えませんが、
敵国の将軍といえども、魅力的な方のようです。
そのお方が召しておられるお召し物が、これまた素晴らしい!!
威風堂々とした身のこなし、敵味方関係なく注目の的!
だったとしても、なっとく!!
それに、若くておきれいでお優しい奥様がおられ、
召使たちにも気さくに声をかけてくださるとか・・・・

完璧!
うらやまし〜〜い!
すてき〜い!

でもね、完璧ではありませんでした。
それを知ってしまったのは、
捕虜としてスリヤに連れて行かれた、女の子。
奴隷として将軍の奥様に仕えさせられていましたが、
愚痴一つこぼさず、裏表なく女主人に仕えていましたから、
いつしか、奴隷以上の信頼関係が生まれたようです。

あるとき、奥様がそのことに触れられて、涙ぐまれたとき、
望郷の思いとともに、預言者のことが、少女の心に浮かびました。
あのお方なら、きっとご主人様の悩みを解決できるはず。
彼女は躊躇することなく女主人に告げました。
女主人は夫ナアマンに告げ、ナアマン将軍は、
王様に話しました。

王様は少し驚き、
それから、含みのある笑みを浮かべながら言いました。

それは朗報!
早速手紙を書こう。

しかし腹の底では、

奴隷女の言うことを真に受けるなんて
どうかしているぞ。
しかし、ヨラムを揺するチャンスだな!
どんな返事が返ってくるか。

王はヨラム王宛ての手紙を書きながら、
ひそかに部隊を召集することにしました。

そんなことを知ってか知らずか、
ナアマン将軍は藁をも掴む気持ちで、
腹心の部下を伴い、敵国へと足を踏み入れたのでした。
彼の小さな行列には
銀10タラントと、金6千シケル、それに晴れ着10着を運ぶ荷駄が続きます。


ほら!見えてきました!ピョ!
ゲハジも、思わず声を上げ、
エリシャに告げるために駆け出しました。

ナアマン将軍は使いの者に王の手紙を持たせ、
自らの挨拶の言葉を使者に託して、
行かせようとしたとき、
ゲハジがやってきて言いました。
 
エリシャ様のお言葉です。
あなたはヨルダン川で七回、体を浸けなさい。
そうすれば直ちにあなたの皮膚病はなおります。

ナアマン将軍は唖然としてその言葉を聞き、慌てて言った。
 
これからご挨拶にお伺いしようと思っておりました。
エリシャ様にはお会いできないのでしょうか?
それに、ヨルダン川で身を浸せとおっしゃられたのですか?

そうです。
    
申し訳なさそうにゲハジは言って、
取り繕うように続けた。

すぐに行って
長年のお悩みを洗い流されるといいですよ。

居心地の悪いその場を慌てて離れるゲハジの耳に、
ナアマン将軍のイラついた声が届きましたが、彼は無視した。

将軍、待ってください。
あなた様が怒られるのは最もです。
私たちも、預言者が現れて、
そのお体に手を置き、彼の信じる神に祈って、
癒してくれるものだとばかり思っていました。
あなた様の苦しみが、そんなことで直るはずがありません。
子供だましです。
ですが、このまま帰ってしまっていいものでしょうか?
    
子供だまし!そうだ!
スリヤの軍長ナアマンが頭を下げて頼みに来たのにだ。
それに、どうしてヨルダンなのだ!
あの川は土色に濁っていたぞ!
ダマスコのアバナとパルパル川のほうが綺麗ではないか!
100歩ゆずって、どうせ川に入るとしたら、
ダマスコの川のほうがましだ。
帰るぞ!!

そうです、確かに。
あの預言者が姿も見せず、言葉だけ伝えたことも腹だたしい・・
で、ですが将軍。
あなた様は、一ヶ月間断食をしなさいとか、
難行苦行を強いられたとしても、
苦も無く従うつもりで、ここまで来られたのではありませんか?
馬鹿にされたと思われるでしょうが、
試してからでも遅くはありません。
その言葉が偽りだったら、
仕返しは倍返し! いえ20倍返し!
王様もこの結果しだいでは、
わしにも考えがあると言っておられましたから。
そうか!それもそうだな。
私も自分の体のことになるとつい頭に血が上る。
試してみよう。
ついかっとなってしまって、許してくれ。

ナアマン将軍は気を取り直してヨルダン川へと向いました。

果たして将軍の病は癒されるのか?
その病にかかると、隔離され、淋しく死を待つしかなかったのです。
立派な軍服の下に、そんな業病を背負い隠していたなんて、
さぞつらかったことでしょうね。
実はひよこ、エリシャさんの言葉に半信半疑。
ただ彼らの後姿を不安な気持ちで見送るしかありません。

    エリシャさんに間違いはありません。
    その語る言葉は神様からのお言葉ですよ!

誰かが後ろで言いました。。
みんな、気になっているのですね。