ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

ああ!! 何てことだ、私の罪は許されて・・・


見渡す限り、遮るの物の何も無い場所。
背の低い雑草のたぐいがあたりを覆っているだけ。
そして、その先には、
まだ誰の足跡も付いていない白い砂地が水際まで続いている。

彼は馬上でしばらく行き交う風の音に耳を澄まし、
キラキラと戯れながら時をかけて流れる川の水面を
まぶしそうに目を細めて眺めていた。
 
この場所しかないのか?
ほかの場所ではだめなのか?

彼は案内してきた若者に声をかけるともなく言った。

将軍がそのように言っておられる、
どうなのだ?

従者はせかすように若者に言った。

はい、ここです。
エリシャ様がおっしゃられた場所です。
ここ以外のどこでもありません。

若者は淡々と語り、ナアマン将軍のために道を開けた。

澄み渡った空と名も知れぬ草花の香りを運ぶ風と飛び交う小鳥。
何のわだかまりもなく輝く世界がそこにはあった。
だからこそ、将軍の心はズシリと重く馬の背にへばりついて
彼の下馬を拒んだ。
握り締める手綱がじっとりと汗ばんで、手から離れない。

ここに到って彼の心は揺れた。

川に身を浸すということは・・・
そうだったな、これを脱がなければ・・

彼はこの病にかかって以来、
裸の身を人前にさらしたことは無かった。
信頼の置ける従者一人に、身の回りを任せ、
最愛の妻にも見せなかった。
いや、見せられなかった。

健康だった頃の彼は、
鍛え上げられた体を惜しげもなく太陽さらし、
琥珀に焼かれた肌をひそかに誇っていたものだった。
その胸に、優しく妻を抱き寄せることで、
戦の疲れもまた癒されていたのだ。
それがいまや、豪華な衣装にその身を覆い、
崩れゆく体と心とを、必死で支えて行かなければならなかった。

ここでか?
遮るものが何もないではないか!

病気の自分を知っているとはいっても、
本当の崩れ行くこの体を見たら、

自分の勇姿に憧れている者、
尊敬の眼差しを惜しみなく注ぐ瞳。

それらが同情と哀れみと、好奇心に満ちた眼差しに変わり、
失望、落胆の眼差しに変化することはわかりきったことだ。
それを畏れて、必死で自分を鼓舞して生きてきた。

エリシャめ! 預言者め!
俺を辱めるために、わざとこんな場所に引きずり出したんだな。
今まで、散々奴らを手こずらせてきたのだから、
恨み辛みがあって当然だ。

ああ、何てことだ。
直りたい一心で、そんなことにも思いがいたらなかったとは。
どうかしているぞ、ナアマン!!

彼は突然笑い出した。

人間みな朽ちてゆくのではないか。
戦で死ぬもの、怪我を負う者、病で衰える者、
長く生きても枯れ木のように朽ちてゆくのだ。

はははぁ!!

どんなに富を得、地位を得、名声を得ても、
それらは命の一瞬の輝き。
わしは、それらにかじりついていた。
尊敬という言葉を剥がされるのを畏れ、
注がれる憧れの眼差しが消えるのが怖かった。
偉大なる将軍のままで居たかった。

はははぁ!

今やその偉大なる将軍の衣は剥ぎ取られ、
病み細った、朽ちた将軍が
凝った衣装に支えられていたのを目の当たりにするのだ。

みんな知っていることだ。
それを認めることができなくて、
本心を隠して過ごしていた。
愚かだ!愚かだぞ、ナアマン。
彼は、自慢のマントを翻して馬上から降りた。
高価な靴がずぶりと砂地に沈んだ。

ナアマンは立った。
輝く太陽の陽を浴びて、
彼は立っていた。
いつもの従者の手を借りて帽子とマントを払いのけた。
きらびやかに着飾った上着をも剥ぎ取った。
下着を脱ぎながら彼は言った。

わしを見てくれ、
この朽ちた体を隠すために、今まで必死で生きてきた。
そして、この体を癒したいがために、のこのことここまでやって来た。
これが本当のナアマン将軍だ!!

ナアマンの言葉に引きずられて、従者の目が彼に注がれ、
それから、
見てはいけないものを見てしまった恐れと戸惑いに、
彼らの目がきょときょとと忙しなく揺れた。

これでよい、これでよいのだ。


彼は、エリシャが使わした若者に導かれて、
水際へと降りて行った。
川の流れはゆるやかだったが、濁っていた。
彼の足は、ためらうことなく、ずしずしと水を押し切った。
水は、くるぶしを濡らし、ひざを取り巻いた。
それから、指先で川底を確かめながら進んで、腰まで水の中に入れた。

ナアマン様、もう少しお進みください。
胸まで浸し、頭まで水の中へ・・

ナアマンは言われるままに足を進め、自分の体を水中に没した。
するとボコボコと泡が沸き立って、その泡のはじける音の中に
さまざまな声が混じって消えた。
無数の声が、はじけては、消えたが、
その一つ一つの言葉は鮮明に聞こえて、耳に残った。

く、苦しい!
 

バランスを欠いた体を、足が何とか食い止めて、
顔を水面に出すと、大きく肩で息をした。

彼はまた体を浸した。
声は待ち構えていた。
過去に彼が犯したさまざまな出来事が、
人々の悲鳴が、
彼の足元から、這い登って迫ってきた。
 
うわぁ!

引きつった彼の眼を
太陽の光が射て、彼は硬く瞼を閉じた。
真っ赤な血潮が瞼の中を満たして溢れた。
それから呼吸を整えて、再び身を浸した。
まとわり付くそれは彼を放さなかった。

許してくれ! わしが悪かった! 助けてくれ!

思わず叫んで、水を飲んで、咳き込みながら、川面に顔を出したとき、
彼の従者たちが心配そうに立ち上がっていた。

後、五回でございます。

そんな声が聞こえたような気がした。
ナアマンは水中に体を沈め、
再び太陽に顔を向けた時、
涙が滂沱となって溢れていた。

ああ、神様、私の罪をお許しください。
あなたを知らずに過ごしてきた私を哀れんでください。

唇がわなわな震え、真っ青な顔のナアマン将軍が水に押し流されて、
少し川下に立ったとき、
従者の一人が居た溜まれずに、何か叫びながら水際に駆け寄って行った。

いけません!!
あなた方の足を濡らしてはなりません。
誰の手も借りず、
将軍様がお一人でなさらなければならないことなのです。
後二回です。

将軍様ぁ! 後二回ですから!!

エリシャの使者は大声で叫んだ。

ナアマン将軍は最後の清をするために体を水に浸したとき、
細かい泡がプチプチと体中から弾けて、
七色の光を放ちながら碧い空に上ってゆくのを彼は見た。
そして、ゆっくりとかるがると体が持ち上げられて、
気が付くと岸辺に立たされていた。

おお!!
将軍様のお体が光っている。
血色がよくなられたぞ!
赤子のような新しい肌に生まれ変わっておられる!!

彼ははっとして自分の体に手を当てた。
その手に、健康だった頃のたくましい肌の感触が伝わってきた。

ああ、なんてことだ!
私は罪許され、この体が癒された。

彼は急いで真新しい服に着替えて、その場にひれ伏した。
熱せられた砂地は心地よかった。
やっと出会えた母親の胸で、安堵して泣く子供のように、
突きあがってくる嗚咽を押さえるすべもなく、
感謝の波間に身を任せた。

彼の声は、飛び交う小鳥の後を追いかけるように
雲ひとつない空に、舞い上がった。
開かれた扉の向こうの、
輝く世界を彼は今、
自由に羽ばたくことが赦されたのだ。

ハレルヤ!!