読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

私の心は、あなたと共にそこにいた。

列王紀

どうか、これらの品物をお納めください。
私の病が癒され、
真の神様に出会うことが出来たのですから。

いえ、私の神様は
そのようなものを求められる方ではありませ。
ゲハジはそんな会話を聞きながら思ったものだ。

相手は喜んで差し出しているのだもの、
先生もかっこなんかつけないで貰っておけばいいものを。
預言者学校の経営が困難なことは百もご承知のはず。
困ったものだ。ああ、もったいないなぁ。

ナアマン将軍はエリシャの意思が固いのを知って言った。

わかりました。
全能の神様は物ではなく、
わたしの心を捧げることを願っておられるのですね。
それではどうか、
二頭のラバに乗せられるだけの土を分けていただきたいのですが。
その土の上に祭壇を作り、
そこでイスラエルの神様を礼拝したいのです。
ただ私の王がリモン神殿に参拝に行くとき、私もお供をし、
王は、私の腕に寄りかかって礼拝するため、私も身をかがめます。
神様がそのことをお許しくださるでしょうか?

エリシャはゆっくりと首を振りながら、

安心してゆきなさいと、快諾した。

ナアマンの心は軽やかだった。
きらびやかな衣装が鉛のように重かった日々がうそのようで、
彼の心の輝きは衣装に負けなかった。
往路ともに同じ道にもかかわらず、
洗い清められたようにすがすがしく生き生きとした景色が目に飛び込んできて、
彼は感動にしばしば目が潤んだ。

将軍様
後ろからエリシャ様の従者がかけてまいります!!

なに、後を追ってこられたのか?
ナアマン将軍はすぐさま、戦車から下りて
彼を迎えた。

おお、あなたはゲハジさん。
いったいどうなさったのですか?

ゲハジは荒い息を整えると言った。

エリシャ様からの伝言でございます。
今、若い預言者がエフライムの山地から来まして、
手ぶらで返すわけにも行かず
よろしければ60万円ほどの銀と
衣装二着を分けていただきたいのですが。

そうですか、
どうぞお持ち帰りください。お役に立って嬉しいです。
せっかくですから120万円分の銀もお持ちください。
将軍は二人の従者に品物を持たせて、
ゲハジについて届けてくるようにと命じた。
丘一つ越えれば神学校が見えるあたりでゲハジは言った。

本当に助かりました。
将軍様をあのままお待たせいただくのは、心苦しい。
ここからは私が運びます。
ありがとうございました。

ゲハジはそういって彼らの肩から荷を降ろさせた。

これでよし。
やっとの思い出運び込んだ物を、目立たない場所に隠し終えて、
彼が満足してそう思ったとき、
エリシャの声がした。

ゲハジ、どこへ行っていたのだね。
さっきからお前を呼んでいたんだが。

ギクッ!心がひしゃげた!
ゲハジは古びたゼンマイ仕掛けの人形のように、
ぎしぎしと関節を鳴らしながらエリシャの部屋の入り口に
半分ばかり体を隠すようにして現れて立った。

エリシャは日の差し込む窓際で、
遠くの景色に目をやりながら、後ろ手にして立っていた。

私は、どこにも・・
外に居たので声が聞こえなかったんです。

エリシャは背中を向けたまま言った。

どこにも行っていないと言うのだね。
お前はまだわかっていないね。
ナアマン将軍が、なぜ車から降りてお前を迎えたのだ?
お前は彼から何を貰い受けだのだ?

そんなことが私にわからないとでも思っているのかい?
お前がここから出てゆくとき、
私の心もお前とともに行ったんだよ。

今は彼らから物品を受け取るときではない。
その上、わしを欺いた。
かわいそうだが、ナアマン将軍の皮膚病は
お前とお前の子孫とに降りかかった。
ゲハジは声にならない悲鳴をあげてエリシャの元から飛び出した。