ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

ヨタム、父の後を継ぐ!

勢いに乗って輝ける父親の背は、あまりにも大きくてまぶしく、

息子としてのヨタムは、力のない惨めな存在だった。(_ _|||)

 

でもヨタムは若かったし、内から沸き起こってくる制御しがたいエネルギーに、

時に翻弄されることで、父親の重圧から逃れていた。

 

そんなヨタムが、

神にうたれた父の姿を見たとき、(´_`。)

彼のわだかまりは消え去り、

国務を引き継ぐ自覚がめばえた。

 

周辺諸国の目を恐れ、

父の失態を公表してはならないと思った彼は、

父の廃位を考えずに、代行で政務をこなした。

そのため、時折父の離れ家に、人目を避けて通い、

父の意見を仰いだ。

 

そんなときの父の、後悔の滲み出た眼差は重くて、

ヨタムは受け止めきれずに、しばしば目をそらした。

 

16歳の若さで、そのに双肩に国務を背負ったアザリヤには

祖父アマジヤの最期の言葉が常にあった。

 

  『息子よ、父の二の舞を踏むな。

       高慢になるな。

       偶像から離れよ!』

 

祝福のなかに身をおいていて、いつしか、

我が身中心となってしまった父。

注進する者もいたが、父は王だったし、

そんな声も小さくなって、

侵してはいけない聖域に

足を踏み入れてしまったのだ。

 

その彼が、息子ヨタムの顔を見るたびに口にするのは、

 

  「イスラエルの神、主に従い続けるなら、

           祝福が待っている。

           この神から離れるな。

           祭司の職務を犯すな。」

 

その言葉を遺言のようにしてアザリヤは亡くなった。

葬儀をおえてヨタムは少しほっとした。

色々あったけれど、父は王室墓地に粛々と葬られたからだ。

 

彼ヨタムが長い摂政を解かれ、晴れて玉座に座ったとき、

複雑な気持ちで北イスラエルの情勢に目をやった。

 

ヤラベアム二世の在位27年目に、南ユダで、父アザリヤは王となった。

その38年目にヤラベアム二世が亡くなり、

息子ゼカリヤが後を継いだ。が、6ヶ月後、

クーデターで命を絶たれ、シャルムが王となった。

 

ゼカリヤ王はエヒウ王朝の4代目。

彼にはずっと不吉なものが付いていた。

 

先祖エヒウは、偶像礼拝一掃のために、神様から遣わされた王だった。

当初、彼は徹底してその職務を全うしたが、

ベテルとダンの金の子牛には手を出さなかった。

そればかりか、進んでそれを礼拝するようになったとき、

神様は預言者を通しておっしゃった。

 

   「おまえの仕事は一応評価しよう。

    四代目まで・・・・」

 

エヒウ王朝四代目。それがゼカリヤだった。

そして、エヒウ王朝の幕を引いたのがシャルムだった。

 

彼は北イスラエル15代目の王に治まったが、

その時世は一ヶ月だった。

 

メナヘムがシャルム王を倒して王冠を手にしたのは、

南ユダ、アザリヤの在位39年目。

 

そこにアッシリアのブルが攻めてきた。

メナヘム王はただちに、

国の金持ち一人頭、50シケルを出させ、

集めた銀1千タラントを

ブルに渡して穏便に帰ってもらった。

 

彼メナヘムは、10年間国を治めて先祖の墓に葬られ、

息子ペカヒヤが後を継いだ。

 

ペカヒヤは2年後、副官のペカに宮殿で襲われ、

天守まで逃げのぼったものの、そこで殺された。

 

副官ペカが王となり、その二年後、

南ユダのヨタムの父、アザリヤ王が亡くなり、

息子ヨタムが王として正式に玉座に付いた。

 

目まぐるしく交代した北イスラエルの情勢。

その原因は何なのか?

ヨタムは目を閉じた。

 

建国からずっと、ベテルとダンに祭った金の子牛が原因だ。

偶像!! イスラエルの神の嫌われるものだ。

 

   「高慢になるな。偶像から離れよ!」 (,,#゚Д゚):∴;

 

いつの間にか、父アザリヤの言葉がヨタムの頭の中を駆け巡っていた。

 

 **☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**

 

 注:一千タラントは約6億円。

 :アザリヤ<=>ウジヤ

 

 *****写真の登録の仕方が??

 

*******