読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

アハズ王、暴走!!

列王紀

 

 

お誕生日おめでとうございます。
王子アハズは19歳の誕生日を迎えた。

最近、彼には気がかりなことがある。

父ヨタムの健康のことだ。 


父は祖父王の遺言を守り、規則正しい生活と、与えられた職務を粛々とこなしていた。
長い間念願だった神殿の「上の門」も完成し、ほっとしたのだろうか、
時折、気を抜いた父の姿はひどく老けて見え、彼はそのたびに驚くのだったが、
心の動揺は表に出すことは無かった。

そしてヨタムも感じていた。
体が疲れやすくなっていることを。
「上の門」の完成まで、しばしば現場に足を運んだのだが、
美しく出来上がったそれを見届けると、
風船の空気が抜けてゆくように、体力も気力も頼りなくなっていた。

ああ、私の時が近づいているのだなぁ。

ヨタムは庭園のベンチに腰を下ろしてつぶやいた。

父上、いかがでしたか?
あなたの息子の時世は?
気になるのは私の息子アハズのこと。
イスラエルの動きです。

今日は彼の誕生日。
よい機会だ。
私の後継者としての役割と、
きな臭い話もしておかねばなりません。
父上、あなたのお言葉もしっかりと伝えておきますから。

彼はゴホゴホと力なく咳をした。
一年後、ヨタムは静かに息を引取った。

そしてこの世代交代の時期を待っていたかのように
イスラエルのペカ王とスリヤの王レヂンは
ユダ王国に揺さぶりをかけてきた。

彼らも必死だったのだ。
強大なアッシリアの脅威から逃れるためにも

南ユダも含めた連合軍を組みたかった。

だが、ユダは拒否した。

やむなくユダの領土内に侵攻したのだ。

アハズの二十歳の誕生日はあわただしく行なわれ、

その騒ぎのまま王となった。
それはイスラエルの王ペカの第17年目のことでした。

イスラエルの神様! 助けて!!

アハズが一声叫べば、全能の神様のこと、
すぐにでもよい方向に舵をきってくれるはず・・だのに、
彼は、父の教えをすっぽりと忘れて、
異教の神々にすがりつき、
高きところで礼拝し、
挙句の果てに、
わが子を捧げるという、愚公を行なってしまいました。

「高き所」・・この忌まわしい言葉は、
       カナン入国直後から、神様が警告していたことでした。

歴代の敬虔な王様も、
「高き所」を一掃するまでにはいたりませんでしたから、
民もまた、そこで礼拝を続けていたのです。

アザリヤ王が整備した兵器の威力は頼もしく、
敵兵の前でしっかりと働いて、彼らを寄せつけず、
にらみ合いが続いていました。
そんな時、エドムの王が動き出して、エテラを回復し、
在住イスラエル人を追い出しにかかっていました。

アハズの愚行を神様が見逃されるはずもなく、
情勢は一気に悪化してゆき、
その心も壊れる寸前!
もう限界だ!

気が動転したのか?
敵国アッシリアに援助を求める使者を送ったのでした。
神殿の財宝と、王家の宝物とを携えて。
もはや預言者の言葉なんか効きません。


なに!ユダが助けてくれだと・・わははぁ!
「飛んで火にいる夏の虫」とはこのことだ。
書記官よ、記録しておけ!!

よ~し!! 即刻、手薄になっているダマスコを攻めるのだ!
テグラテピレセル王は、好機逃すまじ!っと、瞬時に軍隊を派遣して、
ダマスコを攻めとったのでした。
彼の行動は徹底していました。
残虐な高官処刑は見せしめで、
民はメソポタミヤ南部のキルに移され、
王レジンの首も飛びました。


f:id:pypyhiyoko:20140513121950j:image:small


その鮮やかな勝利にアハズは感激し、
またまた沢山の贈り物を携えて、
王自らダマスコヘと出かけてゆきました。。

そこで目にした衝撃的なもの!
それは奇をてらった祭壇でした。

おお!このようにして捧げ物をすれば、
神様が聞いてくださるのだな。
我が国にはない祭壇だ!

アハズは偶像礼拝の罪を忘れて、
更なる罪を重ねるべく
祭壇の設計図を部下に書かせました。

よし!!王アハズが帰国するまでに完成させよ!

祭司ウリヤに伝えるのだ。
使者は王の書簡を受け取ると、エルサレムへと走りました。

ああ、何とゆことを・・

祭司ウリヤは深いため息をついて
頭を抱えて座り込みました。が、
すぐさま必要な材料を手配したのでした。

ちょっと、待って!
それでいいんですか?
もちょっと強く、いわはらんでええんですか!?ピョ!

ブレーキ役の祭司の、その役目は機能せず、
時間を気にしながら、急ピッチで完成されたそれは、
アハズ王が見てきたとおりの祭壇でした。
王はつらつらと眺め回して、
その完成度の高さ、豪華さに満足し、
その高揚感のまま、王自ら祭壇に立ってしまいました。

 

あ!おやめ下さいまし!
何とゆうことでしょう!!ピョ!

王は、はん祭と呼ばれる、身を清めの全焼の生贄をささげ、
   素祭と呼ばれる、感謝の穀物を焼き、
   かん祭を注ぎ、
   酬恩祭と呼ばれる、和解のための生贄の血を祭壇に注ぎかけて、大満足。

これからは、この祭壇を使うがよい。
あの青銅の祭壇がみすぼらしく見えるな。
お!そうだ! 
あれは新しく出来た祭壇の北側にすえてくれ、
占い用に私が使おう。

それから車輪つきの台を解体したりと、やりたい放題。
そしてまた、アッスリヤの王におもねって、
特別の行事にしか使わない、
宮殿と神殿とをつなぐ通路を取っ払ってしまいました。

ひどい事をしたものです。
彼のまいた種は息子ヒゼキヤの時、芽を出して、
民を苦しめることになりました。って、
ひよこの舌が動きそうですが・・

預言者エゼキエルは断言しています。

『子は父の悪を負わない』
『義人の義はその人に帰し、悪人の悪はその人に帰する』
         エゼキエル18章


それにしても、昨日は風が強かった!
地面に落ちた花粉が舞い上がったのでしょうか?
頭が痛かった。
風が止むとピタリと治まった。ピョ!