読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

ししが暴れて・・・

ああ!悲しいかな!
幾度となく、預言者を通し語られた警告にも耳を貸さず、
偶像から脱し得なかったイスラエル

十年前に捕囚されたガリラヤ地方の民に続いて、
サマリヤの人々も、アッシリアの地にばら撒かれるようにして、住まわされた。

このとき、南ユダに命からがら逃げ延びた人も沢山いました。
だから、北イスラエルの10部族が全滅したとゆうわけではありませんね。

アッスリアの王は、がらすきになった神様の地に、

他国からの捕囚の民を入植させました。
その人々はバビロンやクタ、アワ、ハマテおよびセパルワイムから連行されて来た人々で、意図的にサマリヤの町々に住まわせました。
こうしてその地で雑多な血が交じり合って、新たな新住民が誕生しました。


f:id:pypyhiyoko:20140527124233j:image:small


住めば都で、この場所はいい所ではないかとゆうことになって・・、
    そうでしょうよ。
    神様が愛する民のために選ばれた土地ですからね。

彼等はほっとして小高い丘の上に、故郷を偲びながら神々を安置し礼拝しました。

バビロンの神は、スコテ・べノテ。
クタの神は、ネルガル。
ハマテの人々は、アシマを拝み、
アワの人々はニブハズとタルタクに手を合わせた。
セパルワイムの人々は、

       アデランメレクとアナンメレクにわが子を生贄として捧げた。

彼等は戦で荒れた土地をならし、、、
イスラエル人が掘った井戸から水を汲み
彼らが耕した畑を耕して収穫を待った。

そんな彼らを突然ししが襲って、たくさんのけが人と死者が出る事件がありました。
ししは神様が送ったものでしたが、どうして神様からって分かったのかしら?

この事件はすぐ、アッシリアの王様に伝えられました。

  王様、あそこは特別の土地です。
  なにやら大きな力が働いているようです。
  捕虜の話では、イスラエルの神様の仕業だと申しております。
  入植した民はその神を礼拝する方法を知らず、

  ただ騒ぎ、おそれています。


  それが原因だと申すのか?!
  ばかばかしいことだが・・・、
  あの地からつれてきた祭司がいたな、
  そいつを連れて行け。
  そうだ、ベテルに住まわせるがよ。

こうして、一人の祭司がベテルにもどされました。
祭司は必死になって、イスラエルの神様を伝えました。
エジプトからどのように導かれて約束の地まで来たか。
途中の荒野で、神様から賜わった十戒。
神様との交わりの仕方、日々の生活のあり方の規則。
この神様に従えば祝福があたえられる。
神様はただお一人、イスラエルの神様しか居られません、と。

しかし、彼等は最後まで聞いていませんでした。

  そんな話は古すぎる。
  困ったときのために、沢山の神様をつくるのだ。
  今回のこともあるから、あんたの神様もその中に加えよう。

  なんだって、
  その神様に捧げ物をするのに、あんたでなければだめだと・・
  七面倒臭いことを言う人だな。
  我々に都合のよい場所で、
  必要な神様に、
  いつでも礼拝できるよう、
  その奉仕者は我々の中から選んでおくよ。
  お前さんはここにいればいい。




北王国イスラエルが滅亡の危機にあったとき、、
南王国ユダはその災いから免れました。
それとゆうのも、シリア、パレスチナの諸国はアッシリヤの前では、
隷属か、滅びかの二者択一を迫られていて、
ユダは隷属を選んだのでした。
そんな弱腰のユダにイスラエルは怒り、
ダマスコの王と連合して、ユダを揺さぶったのでしたが、
結局、彼等はアッシリヤに攻め取られてしまったのでした。

イスラエルの王ホセアの在位3年目に、
神様を熱心に求める王がユダ王国に誕生しました。
25歳のヒゼキヤです。彼は29年間、エルサレムで王として働きました。
         列王記に続く歴代志にはくわしく書いてあります。
その働きは目を見張るものでした。

とにかく、ここではべた褒めです。

  『彼のあとにも彼の先にも、

  ユダのすべての王のうちに彼に及ぶ者はなかった。

  すなわち彼は固く主に従って離れることなく、

  主がモーセに命じられた命令を守った。』


高き所を除き、アシラ像を切り倒し、
なんと、出エジプト時代のモーセが造った青銅の蛇も壊してしまいました。
時代と共にその意味も変化し、

偶像化していたからでしたが、勇気がいったことでしょう。



主がヒゼキヤと共に居られたので戦は向かうところ敵なしで、
ぺリシテ人を打ち破ってガザとその領域にまでたっしました。
そんなわけでアッシリヤへの貢物も途絶えていました。

ヒゼキヤ王の第14年のこと。
来ましたぁ~!!
アッシリヤの王セナケリブの命を受けた大軍が攻めて来ました!!
  あ!王様の名前が変わってますね。
彼らの破壊力の強さにヒゼキヤは驚き、

 ま、待ってください。
 私が間違っていました。
 貴方の要求には何でも応えます。
 ですから、軍を引き上げてください。

ヒゼキヤは国のために、プライドをかなぐり捨て叫びました。
返ってきた言葉はこうでした。

 今までどおり、素直に貢を納めていればよかったのだ。
 変な気を起すからこんなことになる。
 よし!!  
 4億5千万円を用意せよ!

ヒゼキヤ王は、がっくりと肩を落としました。
そんな金額が果たして集めることが出来るのか・・
すぐさま神殿と宮殿の宝物庫にある銀をかき集め、
不足していたので神殿の扉や柱の金箔を剥がしました。
慌てていたので、ドアごと納めたりなんかして・・
剥がされた後の神殿は見るに忍びなかったでしょうね。
とにかく何とか間に合いそうです。

王がホッと肩の力を抜くのと、
肩で大きく息をしながら、王様の前に跪く者の荒い息とが重なりました。

  申し上げます。
  アッシリヤの王は前線の将軍と、主計長、参謀長に大軍をつけて
  上の池の水道のそばにテントを張りました。
  彼らの申すには、王様とじきじきに話しあいたとのことです。

しかし、ヒゼキヤは自分の代わりに

   官房長官と、書記官、補佐官を休戦交渉の代表として送りだしました。

果たして交渉はスムーズに進むのでしょうか?!