読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

主の使いが働かれて・・

 

  「恐れるな!」

 

イザヤから知らされた神様の言葉に、

体が震えるほどの励ましを受けた王ヒゼキヤ。

今日もまた、神殿に出かけて行こうとする王の前に、

見張りの兵が飛び込んで来た。

 

  敵の陣営が騒がしくなっています!

  エチオピアがアッスリアに宣戦布告したとかで、

  彼等は大慌てです!

   明朝早くに、ニネベに引き返すようです!

 

  ヒゼキヤも民も、その知らせに体の緊張が一気に解けた。

 

   預言者の言葉は正しかった!!

   早速、神様にお礼を申し上げなければ。

 

王がイスから立ち上がったとき、

再び使者が来た。

アッスリアの使者だった。

彼は王に手紙を渡しながら言った。

 

   アッスリアの王の言葉だ。

   今回私は国に帰る!

   お前たちは運が良かったな!

   だが、これで安心するな。

   次回、私が来るときには、

   周辺諸国と同じ運命が待っているぞ!

   

彼はそう言って、

携えてきた手紙をヒゼキヤ王に手渡すと帰って行った。

 

ヒゼキヤは直にそれを開いた。

神様を冒涜するその内容に、王の顔は怒りで引きつった。o(▼皿▼メ;)

すぐさま神殿へと向かい、

神様の前にぬかずいて、目の前に手紙を広げて置いた。(m_ _)m 

    あ!そこは祭司しか入ることの出来ない特別の場所では?!

     でもどうゆうわけか、王様はそこで祈ったようですね?

     歴代の王様たちに優った信仰の持ち主だったので、

     特別に許可が下りたのでしょうか。

 

   神様、貴方様は天と地とを造られた、創造主です。

   あなただけがこの地上で、唯一の神様であらせられます。

   すべてご存知の神様。

   あなたに対する、彼らの冒とくの報いを速やかに下し、

   敵の攻撃から我らをお守りください。

   周辺諸国は、わが国の有り様を、鵜の目鷹の目で見ています。

   我が国が、アッスリヤの攻撃から守られるなら、

   彼等は、貴方が真の神様であることに気付くでしょう。

   

ヒゼキヤは祈り続けた。

そうして彼が祈りの座から退くと、

そこにイザヤの使者が待っていた。

 

  王様、預言者イザヤからの伝言です。

  イスラエルの神、主は言われます

  エルサレルは守られ、

  ユダの残れる者は回復し、繁栄する!

  

 

翌朝のことです。

それは突然、野営のテントから起こった。

その中から一人、兵士が飛び出してきて、ヽ(#`Д´)ノ

隣のテントに声を掛けた。

返事が無い!

彼はその中に飛び込んで、兵士たちの間を駆け回ったが、

し~んと静まり返ったままだった。

言葉にならない叫び声を発しながら、

テントから飛び出した彼は、

足をもつれさせて倒れた。

その声が他の兵士の眠りを一瞬に奪い去った。

 

ここはアッスリアの陣営で、一夜にして、

18万5千人の兵士の命が絶たれていた。

主の使いが働かれたのだ。

しかし、彼らには原因がわからなかった。 

 

f:id:pypyhiyoko:20140609152212j:plain

 

セナケリブは、不気味な恐れをおくびにも出さず、

残りの兵にそれらの処理を任せると、

少なくなった精兵を引き連れて、

逃げ帰るようにニネベに戻った。

道々、彼はずっと自問していた。(*x_x)

 

  一体何なのだ。

  何があったんだ。

 

底なし沼に引き込まれるような不快な違和感に、

ぞくりぞくりと悪寒が走った。

 

ニネベに着くと、二クロスの神殿に行き、

彼は、彼をとりまく、形無き恐れから開放してくださいと祈っていた。

どのくらいの時が流れたか。

突然、彼の胸板に鋭い刃物が突き刺さった。

 

  うっ! 

 

くぐもった声が王の開かれた口の、その奥から漏れて、

ごぼごぼと真っ赤なアワが噴出した。

突き出た剣の先を思わず掴みながら、首をひねると、

そこに最愛の息子の異形に歪んだ顔を認めて驚愕した。

王はその驚きの表情のままどうと床に倒れ伏して、

ピクリとも動かない。

 

王の祈りは二クロスの神殿で応えられたのか?

その心に安らぎが与えられたのだろうか?

王の血潮が細く長く、

荒々しく走り去る靴音を追いかけるかのように流れ続けた。

 

それは、後継者争いの終焉だった。

父セナケリブが自分を指名せずに、別の兄弟を指名した。

その不満が、怒りが、剣を振るわせたわけだが、

彼は追っ手を逃れてアララテへ逃げ、

結局、父の指名した兄弟のエサルハドンが王位を継承したようだ。

 

これで、ヒゼキヤの宗教改革は続行され、

民はイザヤの預言の確かさに驚き、感動して、

ますますイスラエルの神を讃えるのでした。

 

    めでたし、めでたし!なんだけど、゛;`;・(゜ε゜ )

    人生には山あり谷あり。

    人の命は神様のその手の中にあり。

    己の命の、終わりの時を見極めて、

    静かに清く旅立ちたいものですが・・・

    そこは、ピヨピヨ・・・( ̄∇ ̄;)

    ピヨピヨなんですう~~・・・