ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

神様は、悔い改める人の涙には滅法弱いのですぅ・・・・

 

ああ!!なんとゆうことでしょう・・・

父が築いた砂山を息子が足で踏み崩してしまうなんて!! (о゚∩゚о) !!

 

ヒゼキヤ王の息子マナセは12歳で王となりました。

ヒゼキヤは息子に10年間も王としての見習い期間を設け

共に国務にあたってきました。

それとゆうのも、自分がなした宗教改革をさらに継続し、

民と共にイスラエルの神様を敬い、

正しい礼拝をしてほしいとの親心からでした。

 

しかし、父ヒゼキヤが亡くなると、マナセの態度は一変し、

父が成したあらゆるよき事を、崩し始めました。

 

ちゃぶ台返しだぁ~~!!! ええ~ィ!

その際たる物が、イスラエルの神殿にアシュラ像を置き、

その庭では・・・、o(*≧□≦)o ダメ~!!

ああ、やめましょう!

彼は、神様の忌み嫌われる道を転がり落ちてゆきました。

最悪です!!!

 

   ふん!父君の最後の言葉を聞いたか?!!o(`・∧・´)o

   自分の時代さえ平和であればなどと言われた!

   歴代の王に優って素晴らしい王だって!?

   民は何も分かっちゃあいない!

   あいつは自分勝手な、ただの親父だ!!

   おれはそんなやつの後を継ぐのはいやだ!!

   ぶち壊してやる!! o(▼皿▼メ;)

 

   ぁ!おやめください!!(´∩`。)

   神様は何のとりえも無いイスラエル選民として選ばれ、

   その規則を守るならば、

   「約束の地カナンを安住の地として保障しよう。」

   そのようにご先祖ダビデ様とソロモン様に、

   語られた場所がこの聖なる神殿ですぞ!

   そこに偶像を持ち込み、占いを行なう場所にするなど、

   先住民族アモリ人以上の悪で塗り替えようとなさるのですか!!

               ε=(。・`ω´・。)

 

心ある家臣たちは諌めたと思うのですが、

若い王様の取り巻き連中は、おべっかを使うばかり。゛;`;・(゜ε゜ )

そんなわけで、正論を唱えた人たちの屍が、

エルサレムの端から端まで、埋め尽くされるほどだったとか・・。

 

これはいけませんね。

神様の制裁はアッスリヤの攻撃で、(怒`・ω・´)

マナセ王は青銅の足かせをはめられて、バビロンへと連れて行かれました。

つき物が落ちたのでしょうか?

王はそこで目が覚めて、罪の道、偶像礼拝から背を向けて、

イスラエルの神様に悔い改めの祈りを捧げだしたのでした。

神様は悔い改める人の涙には滅法弱いんですぅ~~。。。

 

よし、エルサレムに返してやろう。てなわけで、

帰国できたわけなのです。

だから、ほら! 聞こえますか。

本心に立ち返ったマナセ王は、

必死で神殿を清め、町々に建てた偶像を撤去しています。

 

でも、時すでに遅し・・

息子アモンの冷ややかな目がマナセ王に注がれて、

愚行によって打ち込まれた罪の楔は、

不気味な重低音を響かせて繋がっていたのでした。

 

マナセ王の命の火が尽きようとするとき、

息子アモンの手を握り締め、

 

  偶像礼拝の罪を犯すな!

 

と最後の力を振り絞って言って、事切れた王様。(´;д;`)

その手を払いのけるようにして、

悪の道へと舵を取った息子アモン。

時に22歳でした。

 

f:id:pypyhiyoko:20140623123910j:plain

 

   ああ、またしても、悪の底なし沼に落ちてゆくのか!

 

信仰深い家臣たちは、政治の揺らぎに青息吐息。 ハァ━(-д-;)━ァ...

このままでは再び神様のお怒りにふれて、アッスリヤが攻めてくるぞ!

不安を募らせる側近たちが頭を合わせ、苦渋の決断をしたのが、

アモン王様、在位2年目の年でした。

王宮の一室で、息を引取るアモン王の亡骸を囲みながら、

安堵の吐息を吐いた側近たちの、胸の動悸が治まらない内に、

 

  謀反だ!!

 

民の中の熱心なダビデ家崇拝者たちが敏速に動きだしたのでした。

そして、あっとゆうまにその側近たち全てを抹殺して、

ヒゼキヤ王のひ孫、8歳のヨシヤを王としたのでした。

 

  それではぁ、、、愚行に走る王を力ずくで征した側近たちは

  負けくじを引かされたようなものでは?

  でもぉ、神様がこの血筋によって・・・とおっしゃっておられるのもですから・・

  ダビデ家崇拝者たちが憤るのも分かるのですが・・

  難しいですねぇ・・

 

   8歳?!!Σ( ̄ロ ̄lll)

果たしてやって行けるのか?

愚かな側近たちに担ぎ上げられなければ良いのですが・・・ピョ!!