ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

主に寄り頼んだ王はヨシヤの先にはなく・・・

   『ヨシヤのように心をつくし、精神をつくし、力をつくして

    モーセのすべての律法にしたがい、

    主に寄り頼んだ王はヨシヤの先にはなく、

    またその後にも彼のような者は起こらなかった。』

 

素晴らしい! ピョ!(*'∇')/゚・:*【祝】*:・゚\('∇'*)

褒めまくられてます!関係ないけどひよこも嬉しい!!

それにしても、これからでしたのにね。

大玉花火を二つ打ち上げて、あっけなく消えてしまうなんて。

   (大玉花火って?)

   律法の書の発見によって、宗教改革を進め、

   礼拝場所はエルサレム一箇所にまとめたことと、

   過ぎ越しの祭の再開でしょう。

 

    「王様!! エジプト軍が北上しています。!!」

 

    エジプトのネコが、(ひよこが恐がる猫ではありません。)

   「なに!戦か!!」

ヨシヤ王は直ちに反撃に出ようと、

自国の軍を召集していると、ネコの使者がやってきて言うには、

 

   「我々はあなたと戦うつもりはありません。

    ユフラテ川の辺、カルケミシに行くだけです。

    これは神が私に命じているのです。

    どうかここを急いで通過させてください!』

 

かの大帝国アッシリアの首都は数年前にバビロニア人の攻撃を受けて陥落し

今また、ニネベも破壊されていました。

西のハランに追い詰められたアッシリア人は

エジプトからの援軍を待ちわびていたところなのです。

f:id:pypyhiyoko:20140629165557j:plain

   『私と共に居られる神に逆らうのは止めなさい!!

    そうしないと、神様があなたを滅ぼされるだろう!!」

 

親切にそういってくれたネコの言葉を無視し、

    『かえって彼と戦うために、姿をかえ・・』

ええ! 変装までしたって事?

何がそんなにヨシヤ王を駆り立てたのか?

宗教改革も何とか軌道に乗り、

盛大に過ぎ越しの祭を行い、

何か気持ちの高ぶりとゆうか、なんとゆうか・・

 

お可哀想ですが、そんなわけで、

メギドの谷で敵の矢を受け、負傷。

別の戦車に乗り換えて、急きょベツレヘムへ帰ったのだけど、

すでに事切れておられました。グスンヾ(・д・。(涙)

預言者エレミヤも彼の突然の死を嘆いています。

 

それにしても、ユダヤ暦の1月14日(今日の4月)に盛大に行なわれた

過ぎ越しの祭は見ものでした。

 王は個人的に子羊と子ヤギ3万頭と雄牛3千頭を民のために贈り、

王の高官たちも、祭司やレビに喜んで贈り物をしました。

そのうえ、神殿の三人の管理者は、

祭司が捧げる過ぎ越しの供え物として、

子羊と子ヤギ2600頭、牛300頭を贈りましたし、

レビ人の指導者も、

子羊と子ヤギ5000頭と、牛500頭を贈りました。

 ひよこもちょこっと覗いて見ましたが、

祭壇には完全に焼き尽くす、過ぎ越しの子羊が捧げられ、

レビの手から子羊の血が祭司に渡されると、

祭司は厳かに祭壇に振り掛けました。

レビの手で、子羊の皮がはがされ・・・

そこからは恐くて目を閉じてしまいましたが、

耳が拾った音をつなぎ合わせれば、

祭壇には生贄が山と積まれたようです。

牛も同じようにされたようです。

それから、出エジプトのあの夜のように、

過ぎ越しの子羊を焼き、その捧げ物を調理してみんなで食べました。

レビ人と祭司はその後で自分たちの食事を用意しました。

何しろ、ご奉仕に追われて、猫の手も借りたいくらいでしたからね。

レビ人は朝から晩までてんてこ舞い。

門衛たちは持ち場を離れるわけにはいきませんので、

同属のレビ人が気を利かせて食事を届けたりしましたし、

歌うたうアサフの子孫も持ち場について、神様を褒め称えていました。

その歌声は、動物たちの悲しい叫びを打ち消すかのように、力づよく、

焼き尽くす供え物の香り?と共に、神様の所にまで届けられたと思いますよ。

こうして7日間続いた過ぎ越しの祭は

王国滅亡の後、民の心のよりどころとなったのではないでしょうか。。。