ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

微かな望みを胸に・・・・

ユダの王エホヤキンがバビロンに連行されて37年目。

その年の、ユダヤ暦で12月27日のことです。

エホヤキン王は獄家から開放され、

他の捕囚の王様たちとは違う扱いを受けることになりまた。

とゆうのも、

ネブカデネザル王の息子、エビルメロダクが、

バビロンの新王になったからでした。

特赦だったの?

エホヤキンは、囚人服を脱いで自分の服を着ることが赦され、

王の食卓につくことが出来、

日々に必要な分は支給されて過ごすことが出来ました。

 

おお!微かに明るい未来を見るおもいです。(涙)

これが列王紀の最後記事でした。

 

f:id:pypyhiyoko:20140727182447j:plain

 

 前回、ネブザラダンに徹底的に破壊された神殿、それに宮殿や城壁の話や、

逃げ延びて隠れていた人たちまでもが見つかって、引きずり出されたりと、

悲しい場面が続きました。

まだ現場はきな臭い匂いがたちこめていますよ。

 

そんな、ずたずたなユダの地に、

バビロンの王ネブカデネザルは、

ユダヤ人でエレミヤの友人でもある、ゲダリヤを総督として派遣しました。

メタメタに滅ぼしたとはいえ、ぶどう酒やなにやらの生産力として、

まだ貧しい人々が生かされていましたから。

総督がユダヤ人のゲダリヤだとうわさが流れると、

洞穴に潜んでいた人や、周辺の地に散らばった人たちなどが、

ひっそりと息を殺すようにして、彼の周りに集まってきました。

そんな人々に、ゲダリヤは言うのでした。

 

   「バビロン人を恐れるな!

    生まれ育ったこの地に住んで、土地を耕せ!

    バビロンに服従していれば、

    貧しくとも生活は安定し、命は守られる。

    神様の時はまだ来ていないのだから。」

 

初めは胡散臭そうに聞いていた人々も、

心が落ち着いてくると、

ゲダリヤを受け入れるようになってゆきました。

 

突然ですが、ゲダリヤは暗殺されました!!

 

王家の血を引くイシマエルが、

10人ほどの部下と共にミツバに来て、

ゲダリヤや、彼と共にやって来たバビロン人や、

ゲダリヤを慕って集まってきた同胞をも、

無差別に殺傷したのでした。

うわさではアンモンに逃れた彼らが、

アンモンの王にそそのかされて、

暗殺団として送り込まれて来たのだとか。

事前にそのことを聞かされていたゲダリヤでしたが、

責任感が強かったのか、相手が強すぎたのか、

忠告に耳を貸さずに、落命したのです。

 

イシマエルと、事を起したユダの民は、

バビロンの刑罰を恐れて、エレミヤとエジプトへ逃れました。

 預言者エレミヤは

イシマエルがアンモンの王のもとに逃れたことも、

エジプトへ行くことも、反対でしたが、

無理やりエジプトに連れ去られてしまったのでした。

 

前562年。

バビロンに捕囚となった人たちは、エホヤキンの捕囚から

柱に暦を刻み始めました。

それは預言者エレミヤが語った言葉のゆえで、

70年もの長きに渡るものでした。

 

果たしてその言葉とは・・・・・。

ピョ! 気になるわぁ~~~。。。