読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

私は苦しんで・・・

 

『どうか、あなたが豊かに私を恵み、

 私の国境を広げ、

 あなたの手が私と共にあって、

 私を災いから免れさせ、

 苦しみを受けさせられないようにしてください』

 

f:id:pypyhiyoko:20140824002920j:plain

 

カタカナ攻めの中にオアシスが。

ヤベツの祈りだ。

なんでも彼の生れるとき、難産だったらしくて、

母親がその子に「ヤベツ」と命名したらしい。

意味は「私は苦しんでこの子を産んだから」だ。

ですが、自分の名前の由来を知った子供は、

母親に随分と負い目を感じたのではないでしょうか?

死ぬ思いまでして自分を産んだお母さん。

早く楽をさせてあげなくては、って思ったかも。

それでかどうだか分かりませんが、

イスラエルの神様に祈った祈りが、上記の言葉。

神様は彼の祈りを聞かれたのでしょう。

その兄弟のうちで最も尊ばれた者となったそうです。

一見、自分勝手な祈りのようにみえます。

無味乾燥な家系図の名前の羅列の中にも、

さまざまな出来事やら何やらが織り込まれ、

裏地に現れる人模様は十人十色。

ヤベツの祈りもまた、

その裏に必死にもがく彼の姿が織り込まれているのですね。

苦しみと悲しみ、涙と呻き、ヤベツにしか分からない苦悩。

それらを出し切った後、搾り取ったエキスのようです。

己の無能さを知った者が、

それゆえに必死で神様の裾にすがりつき、

吐き出した言葉。

密室の叫びです。

そんな思いの感じられる祈りです。