ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

サウルからダビデへ・・関係ないけど雲の写真、目がくっきりと!

ははは、はぁ~!

ぴょンぴょンぴょんと、カタカナの海を飛び越えて、

9章まで飛び越して、10章で~す。早いでしょ!

 

散々ダビデを追い回したサウル王様の

最後を書かなければなりませんが、

結構かわいそうな場面です。

息子ヨナタンの戦死を知らされて、

傷心した心のまま、ぺリシテ人に深手を負わされ、

最後は付き人の介助も得られぬままの自死でした。

 

羊飼いの少年ダビデはサウル王に仕え、

辛苦をなめつつ成長し、

ついにイスラエルの王として、民に担ぎ出されました。

もちろん、神様が、ですが。

だから沢山の優秀な戦士をもっていました。

そんな主従関係には、感動もののお話もあります。

敵ぺリシテ人に押さえられていた

ベツレヘムにある井戸の水が懐かしいなぁ~。。って、

王様が一人つぶやかれたのを耳にして、

命知らずの三人が無断ででかけて、

水を持ち帰ってくるお話。

ダビデは感激のあまり口にすることが出来なくて、

神様に捧げましたっけ。

感性豊かで、男気があって、容姿端麗。

ダビデと共に、荒野を逃げ回った兵士たちにとって、

ダビデは王様と云うより、

戦友のようなものがあったのかも知れませんね。

ぺリシテ人は再三再四、ダビデを攻めましたが、

ことごとく打ち負かされて、

ダビデの名声は周辺諸国に知れ渡ります。

 

ツロの王様なんか、

最高級の香柏や石工、木工を送ってきて、

王宮を建てるようにといってきました。

そんなこんなで、ダビデは自分の立場を改めて実感したみたい。

 

一度失敗した神の箱運搬も無事に終ったのだけれど、

前代未聞のお祭り騒ぎで、

ダビデ王は喜びのあまり裸踊りを。

 

   やだ!なんてことを!はしたない!

 

顔をしかめるのは気位の高い妻ミカル。

ああ、二人の間に隙間風が・・

 

ある日のことです。

ダビデは脳天を勝ち割られるような衝撃を受けました。

香柏の匂い芳しい宮殿から外を見下ろしたときのことです。

あんなにも狂喜して運び込んだ神の箱が納まっている幕屋が

目の前にあって、それのなんと薄汚れてお粗末なことか!

 

   よし!

   立派な神殿を建てるぞ!!

 

ところが神様は突っぱねました。

   

   私はこれで十分だ。

   それでもというなら、お前は息子ソロモンの土台となれ!

 

ダビデは喜んで息子のために周辺諸国の敵を倒し、

神殿建築用の資材調達に専念しました。

 

あれ!またカタカナが!名前が!

飛び越えちゃいます!飛び越えます!!

 

年老いたダビデは言います。

   「ソロモンは神が選ばれた者だ。

    まだ若くて経験がないが、助けてやってくれ」

   「このように富と誉れと力は神様からのもの、

    そしてそれらを、神様、あなたに捧げます」

   「わが子ソロモンに、

    心をつくしてあなたの命令と、

    あかしと、さだめとをまもらせて、

    ことごとく行なわせ、

    わたしが備えをした宮を建てさせてください」

 

歴代志上29章はじっくりと読みたいところです。

子を思うダビデの親心。。

秋です。胸にじんわりときます。

 

☆○o*:;;;:*o○☆○o*:;;;:*o○☆○o*:;;;:*o○☆○o*:;;;:*o○☆ 

 

この後に雲の写真を載せていますが、

人の顔が、目が、

黒い顔と、白い顔、そして怪獣?天使?が隠れてるう~。

そんなの見たくない人はこれ以上、

下には行かないでくださいね。

一瞬の出来事でした。

 

 

 

 

f:id:pypyhiyoko:20140913221901j:plain