読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

137:わが最高の喜びとしないならば・・

(^^♪詩篇

 

  『もしわたしがあなたを思い出さないならば、

   もしわたしがエルサレム

   わが最高の喜びとしないならば、

   わが舌をあごにつかせてください。』

 

f:id:pypyhiyoko:20140923161739j:plain

辛かっただろうねぇ・・・

なぜか、はるか昔の、

悲しい白拍子の歌を思い出してしまう。

 

バビロンの地は豊富な水と緑に囲まれていて、

シオンよりも住みやすかったかもしれないけれど、

捕囚の身にとっては、針のむしろ。

 

ドンちゃん騒ぎの酒宴の席で、

なんとまあ、主の歌を歌えだなんて。

杯代わりに使っている金銀の器は、

聖なる神殿の器物。

なみなみと注がれた酒が溢れて、

キラキラと光る。

捕囚の民の望郷の涙。

 

悲しみはいつしか憎しみの言葉に、

報復の呪いの歌に。

 

いけない!止まれ!

 

と言っても、ここは旧約の世界。

いかんともしがたい。

「目には目を、歯には歯を」の世界。

 

早く新約の世界へ!!

 

『天におられるお父様。

 あなたのきよい御名(みな)が あがめられますように。

 あなたの御国(みくに)が いま来ますように。

 天の御国でと同じように、この地上でも、

 あなたのみこころが 行なわれますように。

 私たちに必要な日々の食物を、今日もお与えください。

 私たちの罪をお赦しください。

 私たちも、私たちに罪を犯す者を赦しました。

 私たちを誘惑に会わせないように守り、

 悪い者から救い出してください。アーメン』