読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

キラキラと神殿と宮殿が輝いて

朝日を浴びてキラキラと神殿と宮殿が輝いています。

人づてにその素晴らしさは周辺諸国にも広まってゆきました。

 

f:id:pypyhiyoko:20140928215735j:plain

ある夜のことでした。

ソロモンに神様が語りかけられました。

 

  『あなたがもし父ダビデの歩んだように

   わたしの定めとおきてとを守るならば、

   わたしはあなたの父ダビデに契約して、

  「イスラエルを治める人はあなたに欠けることがない」

   といったとおりに、あなたの王の位をかたくする。』

 

感謝ですね。感謝!感謝!

え!まだ続きがあるの?!

あるのです!

 

  『わたしがあなたがたの前に置いた定めと戒めとを捨て、

  他の神々に仕え、拝むならば・・』

 

どうなるってゆうのさ?!

 

  「この廃墟はなんだい?」

  「ソロモンが建てた神殿と宮殿の跡さ。

   彼らは先祖たちの仕えた神を捨てたのさ。

   それで彼らの神が災いを下したのだ。」

  「あのエジプトから彼らを導き出した神様のことかい?」

  「そうさ、愚かなことをしたものだ。」

そう言って人々は笑いながら通り過ぎるんですって。

 

あら!また神殿の屋根がキラキラと輝きました。

ソロモン様は沢山の町も造りました。

結婚もしました。

パロの娘で異教徒です。

え!そうなの!

それで、神様に遠慮してか、神殿から離れた場所に、

素敵な宮殿を建ててやりました。

 

ツロの王ヒラムの援助で船団を作り、膨大な利益も得ました。

シバの女王様がやってきたりもしました。

 

ソロモンの時代は、イスラエル王国の黄金時代でした。

しかしその地下ではマグマが確実に成長していました。

ほんのわずかな隙間を求めてうごめいています。

そのマグマを吹き上げさせたのは、

ソロモンの息子レハベアムが即位したときでした。

 

ネバテの子ヤラベアムは、

不満分子を取りまとめて、その交渉に当たりましたが、

お坊ちゃまレハベアム王は聴く耳を持ちませんでした。

それでヤラベアムは預言者アヒヤの言葉どおりに、

イスラエル12部族中、10部族を引き連れて、

北王国イスラエルの王となりました。

 

それはソロモンの背信の責めであり、

神様からの警告でもありました

レハベヤムは残り二部族、ユダ族とベニヤミン族をまとめて、

ユダ王国としました。。

 

ヤラベアムは人心掌握の為、金の子牛を作りました。

それはエジプトの宗教です。

『ヤラベアムの罪』と言えば、偶像礼拝と言われるほどで、

列王記には繰り返し使われていました。

それでも19名の王によって約200年間存続し、

アッシリアによって滅ぼされました。

 

彼の愚かな宗教改革を逃れて、祭司やレビ人、

それに真のイスラエルの神様を敬っている人たちが、

南ユダに逃れてきました。

 レハベアム王は首都エルサレムで世を治めました。

国が安定してくると、彼の心は真の神様から離れてゆきました。

 

ほらね、エジプトの王が攻めてきました!!

だって、神様がおっしゃったんだもの。

  『あなたがたはわたしを捨てたので、

   わたしもあなたがたを捨てて、

   シシャクにわたした』と。 

 

学ばなければ!

罪を犯さないのが一番だけど、

万が一にも道を外れたら、どうするかを。