読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

試みられる私は、はたして・・・

歴代志

ヨアシ王の子のアマジヤ。

アマジヤ王の子のウジヤ。

ウジヤ王の子のヨタム。

彼の父の失敗は傲慢と自尊心でした。

ヨタムは父の失敗から注意深く離れ、

主の良しとされることをしました。

大きな建築工事をいくつもこなし、

勇敢に敵と戦って国力を強めました。

 

アマジヤ王の子のウジヤ。

ウジヤ王の子のヨタム。

ヨタム王の子のアハズ。

あら~。。。

父君から神様のことを聞かされなかったのでしょうか?

聞かされた!耳にたこが出来るくらい聞かされた!

だから、反抗して自分の好きな道に行ったの?

結果はわかってる。

たちまち神様のお叱り受けて、次々に災難が襲ってきました。

最悪なのは、同属イスラエルが攻めてきて、

ユダの民20万人を捕虜としてサマリヤに連れて行ったことです。

そのとき預言者オデデが異議を唱えると、

エフライム人の主な人たちも声を上げました。

  「同属の民を奴隷にしてはならない。

   捕虜を解き放ちなさい。

   そうしなければ、あなたがたに主の災いが臨む。」

そんなわけで、捕虜たちは丁重に扱われ、

体の弱った者はロバに乗せ、掠め取った戦利品もそのまま持たせて、

エリコの町まで送りとどけて、ユダに引き渡したので、

彼らは無事にサマリヤに帰ることが出来ました。

次の災いはエドム人が攻めてきたことです。

アハズ王はアッスリアに助けを求めました。

え!

普通に考えたら、これは危ないことですよね。

 

f:id:pypyhiyoko:20141020103201j:plain

 

だからでしょうか、アハズ王は気がふれた者のように、

偶像礼拝にのめりこんでゆきました。

 

ウジヤ王の子のヨタム。

ヨタム王の子のアハズ。

アハズ王の子のヒゼキヤ。

どうしてあんな親からこんな子が?!

そうなんです、

王家の墓に入れてもらえなかった父アハズ。

その子供のヒゼキヤ王のことです。

優秀な王になりました。

彼の業績は過ぎ越しの祭を復活させたことです。

ユダ王国のみならず、北イスラエルの隅々にまで使者を発てて、

そのことを知らせたので、あざける人もありましたが、

あらゆる所から人々が集まって、

祭は盛大に行なわれました。

こんなに熱心にイスラエルの神様の教えに従っていても、

来るべきものはやって来るのですね。

アッスリヤが攻めてきました。

ヒゼキヤ王は言いました。

  「心を強くし、勇み立ちなさい。

   恐れてはならない、おののいてはならない。

   我々と共におる者は

   彼らと共におるものよりも大いなる者だ。

   我らと共におる者は我らの神、主であって、

   我らを助け、我らに代わって戦われる。」

ああ、なんて頼もしいお言葉!

でも、セナケリブは冷笑しました。

   「彼らに言ってやれ。

    ヒゼキヤに騙されるな。

    どこの国の神も、その民を助けたためしがない。

    我らの力には叶わないのだ。」

そんなこと言われたら、祈るしかありません。

王も預言者イザヤも共に神に祈りました。

するとどうでしょう。

ユダの人たちが指一本動かさないのに、

アッスリヤ陣営の優秀な兵士たちが、バタバタ倒れてゆきました。

セナケリブは恐ろしくなって国に引き返し、

神殿にこもりましたが、そこで命を絶たれました。

まさに彼の言葉通り、

彼の神は彼を守ってはくれませんでした。

ユダの人々は、生きて働かれる神様の力を目の当たりにし、

ヒゼキヤ王をますます尊びました。

民の期待に応えようと、無理をしたのでしょうか、

過労でしたのでしょうか?

が、なんとこれも、祈りによって乗り切りました。

死線をさまようほどの重病から開放されて、

その心も晴れ晴れしたのに、゛;`;・(゜ε゜ )

神様の怒りが王と民の上に望もうとしました。

あ、お許しください。

あなたの恵みに感謝することを忘れていました。

王も民も直に態度を改めたので、

ヒゼキヤ王が生きている間は平穏でした。

しかし、

   「神様は王を試みて、

    彼の心にあることを、

    ことごとく知るために彼を試みた。」

お、恐ろしいことでございますう~。。。(´_`。)

ああぁ、バビロンの使者がやってきました。

ヒゼキヤ王は嬉々として宮殿を案内し、

気前良く宝物も武器倉も見せ、

自分の力を誇示しちゃったのです。

その時、使者の目が怪しく光ったのですが、

ヒゼキヤ王は気づきませんでした。

子孫に災いの種を蒔いたのに、

彼は王家の墓の、結構良い場所に丁重に葬られました。

ヒゼキヤ王の子はマナセです。

 

**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**

          我らを試みにあわせず

        悪よりすくいだしたまえ。