読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

王の心は主の手のうちにあって・・

「神様!

 神殿建築を再開させてください。」

 

それは、 祈りのたびごとに、口をついて出る言葉だった。

すでに宮の建設は二年も中断していた。

ある日、預言者ハガイと、ゼカリヤは、

祈りの中で神様からのお言葉を頂いた。

 

   「民を励ませ!

    神殿建築を再開させるのだ!」

 

二人は、ぶるるっとみぶるいすると、

心を一つにして立ち上がった。

 

ユダとエルサレムにいる民は、

彼らの言葉に励まされて、力を得た。

静かだった建築現場は、瞬く間に活気にあふれた。

 

   「やや!なんてことだ!

    お前たちは誰の許可を得て工事を再開したのだ?!

    代表者を出せ!」

 

川向こうの州知事タテナイとセタル・ボズナイと、

その同僚たちは、集団で建築現場にやってきて、

声を荒げて叫んだ。

しかし、それ以上の荒事に発展しなかったのは、

神様のご加護があったからでした。

彼らは諦めません。

 

   「ダリヨス王様

    ユダヤ人は宮の工事を再開しています。

    誰の許可を得たのか?

    責任者はだれだ?

    と問うと、彼らの答えはこうでした。

    ここには昔、我らの神の為の立派な神殿がありました。

    しかし、我らは神様の律法に従わなかったために、

    バビロンへ捕囚として連れさられ、

    神殿は壊されました。

    それから我らが悔い改めたので、

    神様はバビロンをペルシャの手に渡されました。

    ペルシャ王クロスの元年に、

    王様はエルサレム神殿再建を許可されたのです。

    その経過についての報告書は、

    王の宝庫に保管されているはずだ、と言い張って譲りません。

    どうか速やかにお調べいただき、

    彼らの虚偽を暴いてください。」

 

王はすぐ部下に命じ、古文書を調べさせました。

すると、ペルシャ王の夏の宮殿のある、

メデヤ州の都エクバタナでその件に関する巻物が出てきました。

それはイスラエル人の主張したとおりでした。

 

   「宮の工事は彼らに任せよ。

       彼らの工事に異議を唱える者は、厳罰に処する。」

 

思いもよらない王の返書に、

タテナイやセタル・ボズナイたちはビックリ。

そのうえ、工事費は彼らの州から捻出せよですって。

藪をつついて蛇を出す。(こんな所で使っていいのかな?)

そんなわけで、彼らは王の命令に従わざるを得ませんでした。

わ~い!わ~!、ピヨピヨ、ピ~!

神殿は、ダリヨス王の時世6年目に完成しました。

 

f:id:pypyhiyoko:20141123152037j:plain

 

見てください!

雄牛が100頭、雄羊200頭、小羊400頭。

土煙にかすみながらやってきます。

イスラエル12部族の罪祭のために、

雄ヤギ12頭も続いています。

祭は盛大に行なわれました。

 

それからユダヤ暦の1月14日には過ぎ越しの祭もしました。

あら、周辺の異邦の民も悔い改めて

イスラエルの神様を受け入れた人たちの姿も見えますね。

神殿での儀式は、モーセの律法の書に則って、

粛々と行なわれました。

 

これからも祭司たちは、それぞれに奉仕を分担しあって、

 神殿で神様にお仕えするのです。

 ほら、見えますでしょう。

 預言者ハガイ様とゼカリヤ様。

夕日が当たって、燃え立つように輝いています。

イスラエルの神様がペルシャ

クロス王、ダリヨス王、アルタシャスタ王を用いられたのです。

夕日に染まる神の宮は、一瞬キラリと眩い光りに包まれて、

静かに夜のとばりに沈んでゆきました。

宮の中では、祭司たちが喜びと感謝の歌を歌いながら、

奉仕をしているはずです。

 

 『王の心は、主の手の内にあって、

 水の流れのようだ。

 主はみこころのままにこれを導かれる』

箴言21:1