読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

あのサウル王家を滅ぼしたようには

イスラエルの王様は今、アハブの子のヨラム。
王様になって5年目です。
と、この年、お隣のユダ王国では、
ヨシャパテ王にかわり、32歳の息子ヨラムが王様に。

で、どちらの王様もヨラム様。
それで二人とも親近感を覚えて仲良しに。

親密の証にと、
イスラエルのアハブの娘が、ユダのヨラム王のもとに嫁ぐことに。
奥様が持ち込んだ、さまざまな悪習慣に、ユダは染まってゆきました。
それは、真の神様の喜ばれないことでした。

「あのサウル王家を滅ぼしたようには、ダビデの家を滅ぼさない」

以前、神様はダビデに約束していました。

それでも、どうしょうもないときは、
「人の鞭を持って彼を懲らしめる。
しかしサウル家のようには滅ぼさない。
あなたの家とあなたの王国とは、私の前にとこしえに続き、
あなたの王座はとこしえまでも堅く立つ」

これが歯止めでした。
でも、やっぱり、少しづつ力がそがれて、
エドムが背き、リブナも背いてゆきました。
そんな戦場で兵士に見捨てられるようにして
ユダのヨラム王は亡くなりました。

イスラエルのヨラム王の在位12年に、
ユダのヨラムに変わって、その子アハジヤが22歳で王に。
母はイスラエルのオムリ王の孫娘、アハブの娘。

オムリ王は神様の目から見たら極悪で、アハブも似たり寄ったりで、
そんな彼らが、
目に入れても痛くないほどに可愛がったのがアタリヤで、
無邪気に持ち込んだ多くの悪しき習慣が、
瞬く間に夫ヨラムを飲み込み、
二人の間に生まれ育ったアハジヤは、
何の疑いも無く異教の習慣の中で成長し、王となりました。

イスラエルがスリヤの王と戦になったときには、
ユダの王アハジヤも当然のごとく、
戦場であるラモテ・ギレアデへ出かけてゆきました。

スリヤ人は強く、ヨラム王はラマで負傷して、
エズレルで養生していると、
すぐさま見舞いに駆けつけるアハジヤ。

このように両国の親密さが増せば増すほどに、
神様の祝福からは離れて行くばかり。

ダビデとの約束に従って、ユダ王国を見守り続けた神様でしたが、
とうとう預言者エリシャに指示を出されたようです。

ほら、エリシャのもとから、
物凄い勢いで飛び出していったあの人。
その若い預言者の背に括り付けられているのは、
エリシャから託された注ぎ油の入ったビンですよ。