読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

そんなことは百も承知だ! しかし・・・

ビルダデはイラついていた。(# ゚Д゚)

神は不公平だ」とヨブが口にしたからだ。

 

   いつまでグダグダ言っているんだ!

   お前に非がなくても息子たちはどうだ。

   お前が彼らのすべてを逐一見張っていたのか?

   とにかくだ、神様に許しを請うのだ。

   昔の人の知恵によれば、神を忘れる者は滅びるとあるぞ。

   神様は善人を見捨てられないし、正義を曲げられない。

   神様の前にへりくだった者、清いとされた者は、

   滅びの谷、悲しみの泉から救い出されるのだ。

   お前だって、

   再び息子たちに恵まれ、笑いで満たされるぞ。

 

エリファズは自分の霊的体験についてヨブを説き伏せようとし、

ビルダデは古くからの知恵の言葉でヨブに迫った。

そこにはヨブに対する憐みも、

彼の悲惨な状況をともに悲しむ言葉も皆無だった。

 

   ふっ!知恵の言葉か。確かに素晴らしい。

   しかし、今の私は、この苦しみの意味を知りたいだけなのだ。

   ビルダデよ、何を言っているんだ。

   お前が言っていることなんぞ、百も承知だ。

   しかし、何が悪で、何が清いと言うのだ。

   神様は「神」なんだ。人ではない。

   人間がどんなに苦行を積んで善行を重ね、禁欲しても、

   神様の求める義、清さには手が届かない。質が違う!

   そんなお方の前で私が自己弁護したところで、

   立場が違いすぎて話にならない。

   神様が「白」といえば、「黒」も「白」になるさ。

   悪人も善人も神様が滅ぼそうと思えば滅ぼされ、

   祝福しようと願われればそうなるのさ。

   不公平じゃないか!

 

   ああ、神様は「神」だ。人間ではないのだ。

   どんなに大声をあげて、自己弁護に時間を費やしても。

   だめだ!だめだ!! 通じないんだ、言葉が!!

   通訳が!仲介者が!

   とりなしてくれる第三者が必要なのだ。

   だが、いない!

   本当にいないのか?!!

 

ヨブは胸をかきむしった。

痩せこけた胸にはあばら骨が浮き出て、

膿に汚れた皮膚が張り付いていた。

それはヨブの孤独に、

恐怖と絶望が絡みついているようにも見えた。

 

   げっ!

 

胃が捻じ曲げられたように痛んで、異物が込み上げた。

頭を下げて膝を曲げ、吐き出そうと、

口に指を押し入れた。

だが、何も出てこなかった。

その乾いた口の中に、風に舞った土ぼこりが入り込んで、

ぜいぜいと背中を震わせながら咳をした。

カサカサになって膨れ上がった唇の端を、

ほこりまみれの手の甲で拭った。

かさぶたが破れ、どす黒い血の塊がついてきた。

ヨブはそれを凝視した。

 

   いや!神様は私に罪のないことを知っておられる!!

   こんな状態だが、神様が私を愛しておられることは確かだ。

   私は、丹精込めて造られた神様の作品だ。*1

   しかしそれを今、元のチリに返そうとなされる?

   なぜ? なぜだ!

   私に命の恵みを与え、ひととき光の中に憩わせて、

   今、光も届かない暗黒の地へと落とされるのか?

   ああ、こうなったら、いっそひと思いに死んでしまいたい。

   神様、私の命は後どのくらいなのですか?

   どうかもう、私の命をとってください。

   私にかまわないでください。

   それが今の私の慰めです。

 

ナアマびとゾパルは、

口元に手を置いて、コホンと咳をした。

 

   やれやれ、口達者なヨブよ。

   「私は正しく、神の目に清い」だと?!

   そんなため口は止めるんだ。

   神様はお前を憐れんで実際の罪よりも

   ずっと軽いお裁きをなさっておられるのがわからないのか?!

 

そう言ってゾパルは顔をしかめ、息を止め、

眉根に深いしわを寄せた。

鼻を覆った袖口がパタパタ音を立て、

ゾパルは倒れそうになる体を、

両足を踏ん張って耐えた。

突風が彼を襲ったのだ。

 

風向きが変わったらしい。

 

f:id:pypyhiyoko:20160119172830j:plain

 

 

*1:「あなたはわが内臓をつくり、わが母の胎内でわたしを組み立てられました。」詩編139:13