読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

キリスト誕生前夜・🐣

旧約聖書へブル民族を通して、全ての人々にメシヤ(救い主)の

   到来を知らせるための物語でした。

   メシヤ到来を予感させる言葉が
   鬼ごっこのように見え隠れしていて
   定かではありません。

   しかしそれは、春の訪れのように確かなもので
   メシヤ誕生にむけ
   さまざまな事柄が煮詰まって来ていました。

旧約聖書新約聖書との間には約400年間も空白の時代があります。
   何故、途切れてしまったのでしょうね?ピョ🐤?

   旧約聖書は、キリスト誕生前約430年頃で終わっています。

   そのころのユダヤペルシャの一県となり、
   バビロニア帰還後、色々あったけど、
   それなりに穏やかに暮らしていました。

   そんなおり、
   西方からギリシャ台頭してきました。
前336年、若きアレキサンダー大王がギリシャ軍の総司令官におさまると、
   あっという間に地中海沿岸を手中に収め、

   大帝国を築いてしまいました。
   当然、ユダヤ人もその支配下に置かれました。

   が、生活は守られ、アレキサンドリヤにいたユダヤ人は

   免税されるほどでした。ホッ🐣

   大王の指示で、交易拡大、ギリシャ文化や公用語ギリシャ語)の普及
   のため、道路網も整備されました。

前323年、偉大なる王も亡くなりました。

   すると、シリヤとエジプトの中間にあるパレスチナは、
   最初シリアに統治され、
   またすぐに、エジプトの支配下に置かれました。

   エジプトもユダヤ人には寛容で、
   ユダヤ人は各地に会堂を建てることが出来、

   聖書(旧約)の教えを固く守って生活できました。

   そんなわけで、当時のアレキサンドリヤは

   ユダヤ教勢力の中心地になっていました。🐤

   天国のような時が過ぎると、またまたシリアの支配下に
前175年~164年、ユダヤ人への大迫害が始まりました。
   思いつくあらゆるやり方で民はいたぶられました。   
   だからこそ「来たりませ!救い主」との思いが、
   暗黒政治の中での民のよりどころとなりました。

前167年~前63年、神殿を土足で踏みにじられ、

    煮え湯を飲まされるような侮辱に、⚓
    祭司マッタテヤは武器を手に立ち上がりました。
    彼には優秀な5人の息子がいて、

    意志半ばで落命した彼の後を立派に継いで、( ;∀;)
    エルサレムを奪還。\(^_^)/

前63年~しかし、やっぱり・・・またローマが押し寄せてきて、
    その支配下に屈することとなりました。
    ユダヤの支配者に任じられたのは、
    エサウの子孫、エドム人

・・長子の特権よりもそれを・・ - ピヨピヨひよこ日記

    のアンティパテルでした。

前37年~アンティパテルの死後、継承したのが、
    息子のヘロデ大王です。
    彼は自分の地位を守るべく、
    ユダヤ人におべっかを使うことを厭いませんでしたが、
    地位保身のためなら、残虐行為にも躊躇しない男でした。
       
    新約聖書は、

    そんなヘロデ大王の時代から始まっています。