読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

答えが見つかるまで、言い続けるぞ!

ヨブ記

    君は神に反抗するおしゃべりな反逆者だ。

   昔から悪人が苦しむのは決まっているじゃあないか!

   罪を罰するのは神のためか?そうじゃあない、人のためだ。

 

   よしてくれ!!

   神様は私に理由も示さずに私の敵となっておられるのだ。

   私は今、神様が私の証人となって下さることを願っている。

   この命が尽きる前にね。

   ああ、神様と話がしたい!

   しかし、神様は一向に応じてくれず、

   私はただ、君たちの空しい攻撃を浴び続けているのだ。

   悪人が苦しむのは決まっているってか?

   たしかにそうかもしれない。

   だが、よく見まわしてみろ!

   正直者ほど割に合わない。

   悪賢い奴ほどうまくやって、利をむさぼっているよ。

 

   やれやれ、まだ言い募るのかヨブ。

 

ビルダデはヨブの顔の前で大きく手を振りながら叫んだ。

   

   エリパズの言う通りだ。悪の道は滅びだ。

   ときに栄えたように見えてもつかの間さ。

   第一、神様の前に虫けらのような人間が正しいはずはない。

 

   何度言わせれば気が済むんだ?!

   私は神様の敵意の犠牲者なのだ。

 

ヨブは震える声で叫んだ。

 

   お前たちの言葉はなんの慰めにもならない。

   今はただ、とりなしてくださる方への思いが強まるだけた。

 

ヨブは怒りが爆発すると、心に深い悲しみがよどみ、

理解されないもどかしさ、寂しさ、孤独感から

さらなる高み、目には見えない世界へと向けられて、

仲介者の現れを待ち望むのだった。

そんな次元から友達の言葉を耳にすると、

怒りよりも、彼らが哀れに思えてきたりもした。

 

ゾパルはそんなヨブをずるずると引きずりおろした。

目を真っ赤にし、カット見開き、

熱を帯びたように語るゾパルは、

まるで宇宙に鎮座する裁判官のように威圧的で、

冷たくヨブを突き放した。

 

   まだ私を責めるのか、

   私は神の敵意の犠牲者だと言っているだろう。

   

ビルダデは肩をすぼめ、

忌み嫌うものを見るようにヨブから目をそらした。

 

   よしてくれ、そんな目で私を見るな!

   私は潔白だ。神よ、私の敵を滅ぼしてくれ。

    金銀宝石のありかは、それを探す人によって突き止められる。

   しかし、神の知恵はそうはいかない。

   かつて、私の家は栄え、公平なさばきで尊敬も集めていた。

   それがどうだ。人はあざけり、唾して顧みるのもはいない。

   辛いのは、神様の答えがないことだ。

   それでも私は止めない!

   この苦しみの意味は何だ!

   答えが見つかるまで、言い続けるぞ!

  

 

ヨブは一気にまくし立て、疲れて膝をついた。

入れ代わり立ち代わり、

彼を責め立てる友達の言葉に傷つき、嫌気がさしてきた。

しかしそれが、重しとなってヨブを圧っすればするほど、

   「私をあがなうものは生きておられる。」

との強い気持ちがほとばしるのだった。

    そうだ、後の日に彼は必ず地の上に立たれる。

    私の体が朽ちて滅ぼされたのち、

    私は肉を離れて神を見るのだ!!

    しかも、敵としてでなく、

    私の力強い味方として相まみえるのだ。

 

f:id:pypyhiyoko:20160215213723j:plain

ぴよ~~!

どうしてヨブさんはそんなことが言えたの?

神様が、飢えかわく彼の舌に、甘露の一滴をつかわされたのだわ。

とにかく、友達とああだこうだ言い合っても、

双方一歩も後に引かず、一向に埒があきません。

それでも友達はくたびれ、あきれ果てて、

口を開く気力も無くなってしまいました。

一時沈黙があたりを支配し、

吹きまくる風と土ぼこりの中に埋もれたのでした。

 

それにしても神様って、

確か、天でサタンと賭けをしていたのでは??

まだ黙って見ているつもりなのかしら???

と思っていたら・・

ヨブさんたちの駆け引きを、いらいらしながら聞いていた若者がいました。

相手がそろいもそろって年長者だったので、

口幅ったいことは言えないと、じっと耳をそばだてていたんですって。

彼の名はエリフ。

何時からいたの??

初めのうちはへりくだっていたものの、若いエネルギーを制御しきれなくなって、

なんと、

ヨブよ!!なんて呼び捨てにしているのよね。

 

ということで、次回はエリフのひとり舞台、

果たしてどんな舞台とあいなりましょうか・・・・