読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

驚き桃の木山椒の木

(^^♪詩篇

144

 主よ。

いったい人間のどこが、お目をひくのですか。

どうして、こんな人間を相手になさるのですか。

人の一生は、ただのひと呼吸のよう、

また影のようで、

あっけなく消えるではありませんか。

               リビング訳

 

主よ。

人間とはいったい何なのでしょう。

どうして、あなたは御心に留められるのですか。

人の子とは何なのでしょう。

どうして、そんなに御心にかけられるのですか。

人は、息のように、はかなく、

その一生は、影のように、

すぐ消えてしまいます。      現代訳

 

                f:id:pypyhiyoko:20160518002610j:plain

 

神様はご自分に似せて人を造り、

人間を祝福なさいました。

神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、

この世を愛された。

それは御子を信じる者が、

ひとりとして滅びることなく、

永遠のいのちを持つためである。

              新改訳