読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

旦那様より先には・p(≧□≦)q・!

明日のことを誇ってはならない、

一日のうちに何がおこるかを

知ることができないからだ。

           口語訳

 *☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆* 

憤りは残忍で、怒りはあふれ出る。

しかし、ねたみの前には

だれが立ちはだかることができよう。

           新改訳

 

憤りも怒りもむごく、激しい。

しかし、ねたみはさらにひどい。

           現代訳

 *☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆* 

愛するあまり、悪いことをしても何も注意しないより、

叱るときははっきりしかるほうがいいのです。

敵にうわべだけ親切にされるより、

友だちに傷つけられるほうがましです。

           リビング訳

 

 心を開いて、率直に忠告した方が、

嫌なことを何も言わずにつき合っているよりはましだ。

敵は心にもなく口づけして、もてなすが、

友だちは、たとい傷つけたとしても、

それは真実から出ているのである。

            現代訳

 *☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆* 

 

油と香とは人の心を喜ばせる、

しかし魂は悩みによって裂かれる。

            口語訳

 *☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*  

 

あなたの友、あなたの父の友を捨てるな、

あなたが悩みにあう日には兄弟の家に行くな、

近い隣り人は遠くにいる兄弟にまさる。

             口語訳

 *☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆* 

 

雨の降る日に雨漏りの絶えないのと、

争い好きな女とは同じだ。

この女を制するのは風を制するのとおなじく、

右の手に油をつかむのとおなじだ。

             口語訳

 

長雨の日に滴り続ける雨漏りは、

争い好きな女に似ている。

その女を制する者は、風を制し

右手に油をつかむことができる。

             新改訳

 *☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆* 

 

鉄は鉄をとぐ、

そのように人はその友の顔をとぐ。

             口語訳

 

鉄で鉄を打つと火花が散るように、

友だち同士の熱のこもった議論は、互いの刺激となります。

             リビング訳

 

鉄で鉄を研ぐように、

人の心も他の人の心との触れ合いによって成長する。

             現代訳

 *☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*

 

水にうつせば顔と顔が応じるように、

人の心はその人をうつす。

             口語訳

 

顔をうつすのは鏡ですが、

人のほんとうの心は

どんな友だちを選ぶかでわかります。

             リビング訳

 *☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆* 

 

るつぼによって銀をためし、

炉によって金をためす、

人はその称賛によってためされる。

             口語訳

 

銀と金の純度はるつぼでテストされ、

人は、ほめられた時にどのような態度をとるかでテストされます。

             リビング訳

 

 

f:id:pypyhiyoko:20170516112810j:plain

 

 

いくつかある鉢植えのバラの花に、

ビニール袋が被せられていたのは、

雨降りの日だった。

   気持ちはわかるけど( ´艸`)・・

 

次の日、そのお宅の前を通ったら

年配の方が手入れをしていた。

変わった色のバラがあったので、

   一枚撮ってもいいですか?と声をかけた。

 

話がはずんで・・

私、病み上がりなんですよと一言・・

自分が病んだら、

バラの手入れをお願いしていた旦那も倒れて‥

そしたら、

旦那より先には死ねない!と、

元気になりました。

わぉ!! 旦那様も一緒に、ね!!(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

ほんとだ、これは先には逝けませんね。

そして枯れかけたバラも元気になって・・

   それでビニール袋を・・・

 

                 f:id:pypyhiyoko:20170516115109j:plain