ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

謎です? はてな?(・・? です。

  1、神の人ヨシヤ、神の声を聞く

 

 神の人ヨシヤって、どんな人?(・・?

わからないわぁ??

わからないけど、

ユダ王国に住んでいたようです。

ある日、彼に神様のお声がかかりました。

 

べテルに行きなさい。

 8月15日に祝典があるから、

 お前もその場所にいるのです。

 厳守すべきは、その行き帰りに、

 パンも水も飲まずに、🍞

 復路は別の道から帰ってくるのだ。」

 

パンも水も飲まず、復路は別の道を・・

ヨシヤは復唱した。👄

エルサレムからべテルまでは約19キロ、

歩いたら4,5時間はかかるだろうか。⌚

その間、飲まず食わずというのは考えものだし、

神様の秘密の食べ物があれば別かもしれないけど

普通に考えて、(・・?

彼は国境近くのミツバとかに住んでいて、

1時間位で行くことが出来る所にいたかもしれませんね。

 

 8月15日、お!明日ではないか。

あくる日、ヨシヤは身を清め、

衣服を改め、祈ってべテルに向かった。

 

2.ヤラベアム王の過ち

べテルは「神の家」ともいわれ、

古くはアブラハムがネゲブに行く途中で祭壇を築き、

ヤコブは天に続く梯子の幻を見て、

契約の後継者としての確認を得た場所でもありました。

だから、イスラエル人にとっては特別の場所。

そこに、初代北イスラエル王国のヤラベアム王が、

祭壇を築いたのです。

 

一体どんな王様か?

ヨシヤは少し興味をそそられ、

土ぼこりの舞い上がる道を急いだ。

べテルに近づくほどに人があふれ、

その顔は晴れやかで、( ´艸`)

ヤラベアム王をほめたたえていた。

祭壇は小高い丘の上にあった。

ヨシヤは人々の間をすり抜けるようにして、

祭壇が見えるあたりまで近づいた。

そこには、何かを覆っているらしい緋色の布が見えた。

太陽はちょうど中天にあって、

じりじりと地上を焦がしていた。

合図の鐘が鳴ったのだろうか、

ヤラベアム王はその緋色の布をうやうやしく払った。

おお!

会衆のどよめきがその場の空気を震わせ、

手を叩く者、飛び上がって何やら叫ぶ者、

抱き合って涙する者など、

あたりは騒然となった。

緋色の布の下には「金の子牛」の像が鎮座していた。

さえぎる物のない空から注ぐ陽の光を浴びて、

子牛はキラキラと揺らめいた。

それはあたかも、

会衆のどよめきに、応答しているかのようにみえた。

じゃらんじゃらんとドラが鳴り響き、

まがまがしい雰囲気があたりを包んでいった。

 

「もはやエルサレムに行く必要はないぞ。

 我らをエジプトの地から導いた神を見よ!」

 

 ヤラベアム王は右から左へと体を動かし、

金の子牛を指さしながら、会衆に語り続けた。

 

ヨシヤは興奮する群衆の中で体が揺れていた。

神の家べテルに偶像を置いたのか!

それも神様が導き出してくださった、

エジプトの偶像を使うとは。

体に悪寒が走った。

そして、ギリギリと歯が音を立てた。

 

ヤラベアム王は祭壇に近づいた。

王冠がひかり、

異常さを増した王の目が鷲のように鋭く、

ヨシヤを捕らえた。

大きな指輪が陽炎のように揺らめく祭壇の上で揺れ、

そこで王は香を焚いた。

 

3.神の人ヨシヤの叫び

あああああ!

ヨシヤの口からうめき声が漏れた。

身の内から膨れ上がってくる抑えがたい力、

自分の体が、

巨人のように大きく膨れ上がっていくようだった。

実際、すぐ目の前にヤラベアム王が見えた。

ヨシヤは神の霊に満たされ、怒り狂って叫んだ。

 

「王よ。お前は祭壇で香を焚くのか。

    お前は偶像を民に押し付けるのか。

『神様の目にかなうことをおこなうなら・・』

と言った預言者アヒヤの言葉を忘れたのか。

 

汚れた祭壇よ、

真っ二つに裂けよ!

その灰はこぼれ散れ!」

 

すると、

ガラガラと石の崩れる音がして、

あたりは瞬く間に霞み、

王の金切り声が響いた。

 

「捕まえろ!あの狼藉者を捕まえろ!」

 

あちこちでせき込む声が聞こえ、

その向こうで、

王ヤラベアムのひきつった声が響き、

それから震える声になって懇願していた。

 

「手を、手を元に戻してくれぇ!」

 

王の手はヨシヤに向かったまま、

枯れ木のようにしなびて硬直していた。

祭壇で香を焚くことは、

祭司職を任されたレビ族にしか許されていなかった。

たとえ祭司職にあっても、礼拝の手順を間違えたりして

命を断たれた者もいた。

初代イスラエルの王サウルも、

このおきてに背いたがために、

神様から愛想つかしを食らった。💔

在位中に次期王として、

ダビデに油が注がれたのもそのゆえだった。

 

神の人ヨシヤは、ヤラベアムの懇願を耳にして、

その手を元に戻した。

王は自分の手が癒されたことに気をとられ、

最初に言われた預言のことなど、

すっぽりと耳から落ちていた。

王は一緒に食事をしようとヨシヤを誘ったが、

「なにも飲むな食べるな」

との神の言葉のゆえにきっぱりと断ると、

こんな場所に長居は無用だとばかりに踵を返した。

 

 

 4.老預言者の不思議な行動 

この騒ぎの中、ヨシヤの働きの一部始終を見ていた

若い男がいた。彼は走って家に帰ると、

父である老預言者に報告した。

すると、老預言者は急いでロバに乗り、

ヨシヤの後を追いかけて来て言った。

 

「あなたの働きは息子から聞きました。

 私の家で休んでいってください。

 じつは、天使が現れて、

 『その労をねぎらってあげなさい』

 と言われたのです。」🍞

「え、そうなのですか。それは良かった。

ちょうど喉が渇いていたのです。」

 

老預言者の家で、和やかな一時を過ごすと、

緊張していたヨシヤは心も体も楽になった。

いつ席を立とうかと、

時を見計らっていた時でした。

突然、老預言者の表情が一変し、

ヨシヤを睨みつけました。

 

「あなたは神様の言葉を破りましたね。

 あなたは獅子に噛み殺される!」(# ゚Д゚)

 

神の霊が一瞬、老預言者に臨んだのでした。

びっくりしたのはヨシヤです。Σ(・□・;)

 

「あなたは、わたしをだましたのですか⁉」

 

食べた物が胃の中で踊り、

イスが倒れ、

転げるようにその家を出たヨシヤ。

口惜しさに胸が詰まり、涙で景色が霞んだ。

胃液が口中にあふれてきた。

彼は思いっきり口を開き、のどの奥に指を突っ込んだ。

指が生暖かい物を捕らえ、まだ未消化の食べ物が、

彼の腕をつたって、乾いた土の上で丸まった。

すえた粘っこい臭いが、

真新しかった彼の服にしみこんでいった。

老預言者はつきものが落ちたように力なくイスに座り、

もがき苦しむ彼の後姿を見つめていた。

なぜこの純粋な若者を苦しめてしまったのか・・

彼の窪んだ眼の奥が霞んだ。

すると、若者の嘔吐する音と、うめき声が、

鉛のように彼に覆いかぶさってきた。

ヨシヤはあふれる涙を拭く気力もうせて、

ただロバに乗った。

ロバは首を振り振り歩き出した。

そしてヨシヤは、

ユダに辿り着くことはなかった。

 

   ひどい、ひどいじゃない!(# ゚Д゚)

   以前にも書いたけど、

   やっぱ理解できません。(ノ・ω・)ノオオオォォォ-

 

そのうえ、老預言者はヨシヤの亡骸を丁重に葬り、

私が死んだら彼の横に納めてくれって、(´;ω;`)ウゥゥ

泣きながら言ったとか。

 

5.神の人ヨシヤの預言成る

預言の内容ですか?

恐ろしくて🐤はここには書けませんが、

人々が忘れたころ、

なんと、約300年後に成就しました。

ユダ王国の信仰深い王がしてのけました。

あら、

神の人もヨシヤ、信仰深い王様もヨシヤ

覚えやすいわぁ。

ヨシヤ王がべテルで偶像を打ち壊していた時、

神の人ヨシヤと老預言者の墓が見つかって、

ヨシヤ王もその墓を見たそうですが、

300年も前に、

自分と同名の神の人と老預言者の、

摩訶不思議な出来事があったなどということは、

露ほどにも知らなかったことでしょうね。

 🐤ピョ!

 

 

f:id:pypyhiyoko:20180405113531j:plain

 

 

pypyhiyoko.hatenablog.jp

pypyhiyoko.hatenablog.jp