ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

こんなはずではなかったのに・・・・💔

★(シロ人の預言者アヒヤの回想)   

 

アヒヤは、暗い部屋の中で心を痛めていた。

ヤラベアム王が、

べテルとダンに「金の子牛」の像を置き、🐂

民に礼拝させたと聞いたからだ。

 

あの日、私はエルサレムの町の外の

やっと自分が休めるほどの、

小さな木陰に立っていた。🌲

相変わらず照りつく太陽の日差しは強く、

ついつい日陰を探していたのだ。☀

目をつぶっていると、

まったりとした空気が取り囲んでいた。

閉じた瞼の中は、もやもやとして明るかった。

あの時、私は一人の男を待っていた。

その男は、ヤラベアムといった。

ソロモンに手腕を買われ、

強制労働の総監督に任命されていた。

陰ひなたなく良く働く男だった。

 

いっときほど待っただろうか、⌚

私の目の前を歩いて行く者はいなかった。

きっと早朝に出て行って、

陽が落ちる前に帰ってくるのだろう。

何の鳥だったか、🐦

そのさえずりが今も耳元に残っている。

私はそのさえずりの中にさまよっていた。

それからしばらくして

一瞬、風が頬をなぜ、

さえずりが止んだ。

ゆっくり目を開けると、

一人の若者が、

サクサクと、

小気味よい足どりで歩いてきた。👣

 

彼だ!♡

私の心が叫んだ。

私はその若者が近づくのを待って、

ゆっくりとお辞儀をした。

 

それから、

若者の先にたって歩いた。

少し行くと脇道があった。

私は迷わずその道を進んだ。

覆いかぶさるような藪道を抜けると、

ぽっかりと空が広がった。

そこは野っぱらで、

2人のほかは誰もいなかった。

 

その開けた中にずんずん進んでいって、👣

ぱたりと、唐突に止まり、

ゆっくりと振り返った。

手の届くほどの距離に若者がいた。

はっと息をのんで、

立ち止まった時の、

その目は、

澄んでいた。

あの時、

私は彼を好ましく思ったものだった。💝

 私はその若者に、伝えるべき言葉があった。

 

私はアヒヤ

預言者だ。

今日は、真新しい衣を着てきた。👘

私はゆっくりと、その衣を脱いだ。

それから、

その白い衣を恭しく天に掲げた。

 

 「その衣を12枚に裂け!」

 

神の声を聞いた。

力まかせに、ビリビリと引き裂いた。

一枚が二枚に、

そしてさらに引き裂いて、

12枚になった。

若者は驚きつつも、

私の指先を見つめていた。👀

私はその時、少し汗ばみながら言った。

 

 「さあ、10枚をとりなさい。

  イスラエルの神、主はこう言われる。

 『私はソロモンの不信仰のゆえに、

  その手から国を引きはがす。

  そして、

  あなたに10の部族をあたえよう。」

 

若者は一瞬プルっと震え、

いやいやと首を振って後ずさった。🙅

私はずいっと、彼に近寄って、

引き裂いた布を差し出した。

彼は観念したように唇をかみしめた。

指が震えていた。✋

その小刻みに震えた指で布をつかみ、

小さな声で数えつつ、

10枚を手にした。

肩が大きく揺れ、ふうっと息がもれた。

 

私は彼の手の中の、

白い布を確かめた。

それから、気を引き締めて言った。

 

 「あなたは神に選ばれたのだ。

  神の言葉を伝えよう。

 『あなたは、

  ダビデの神の御心にそって、

  定めと戒めとを守るなら、

  あなたのために堅固な家を建てよう』🏠

  と神は言われる。」

 

そうして私たちは分かれた。

 後日、このことが

ソロモン王の耳に入ったらしく、👂

彼は刺客に狙われた。🔫

それで彼はエジプトに身をかくした。

 

時は流れて、

彼は今、10部族を治め、

イスラエルの王となっていた。

 

  「王よ、私の言葉を忘れたのか!」(# ゚Д゚)

 

アヒヤは薄暗い部屋の中をうろうろと徘徊した。

彼は年と共に目がかすみ、

昼も夜のようになっていたのだ。

 

★(ヤラベアム王の妻の訪問)

 

 「アヒヤよ。」

 

突然、神の声を聞いたアヒヤ

彼は反射的に床にひれ伏した。

 

「ヤラベアムの妻が、この家の戸を叩く。

 息子が病気だ。」

 

そしてすぐ、

ドアを叩く音と訪ないの声を聞いた。

 

 「アヒヤよ、お前はこう言うのだ。

  ヤラベアムの家は、

  その不信仰のゆえに災いだ。

  私はその家を滅ぼす。

  約束の先祖の地より追放する」

 

アヒヤは、自分の衣の裾を踏んで、

危うく転びそうになりながらも、

よろよろとドアに近づいた。

ドアを開けると、

微かな明かりが届いて、

彼の濁った目が

ぼんやりとした黒い影を認めた。

その影が何か話そうとしたとき、

アヒヤは言った。

 

 「王妃よ。

  なぜその身を隠して来たのか。

  ヤラベアムに告げなさい。

  神は彼を離れた。💔

  彼が偶像礼拝を取り入れ、

  私の民をも巻きこみ、

  私を捨てたからだ。」

 

アヒヤは大きく息を吸った。

そしてゆっくりと言った。

 

  「あなたの息子は、

  あなたがその町に入ったとき

  亡くなるだろう。」

 

  「ああ!」

 

ヤラベアムの妻の手から籠が落ちた。

カシャン!

蜜の入った瓶が割れ、

10個のパンと幾つかの菓子が散らばった。🍰

彼女はそれを拾うこともなく、

衣の裾に足をとられながら、引き返して行った。

アヒヤはその後姿を見えない目で追った。

 

いつの間に来たのか、

犬がこぼれた蜜をなめ

パンを食べていた。🐶

 

f:id:pypyhiyoko:20180409223008j:plain

 

 

 

pypyhiyoko.hatenablog.jp

 

 

pypyhiyoko.hatenablog.jp