ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

「起きて食べなさい。道が遠くてたえられないでしょうから」く~っつ!(´;ω;`)ウゥゥ

預言者エリヤの出現は、

アハブ王とその妻イゼベルにとって、

厄介な存在だった。

真の神から民の目をそらさせ、

バアル礼拝を奨励し、

率先して偶像礼拝を行っていた王の前に、

忽然と現れたエリヤの風貌は、

威厳があって、

王の権威をもってしても抑えがたかった。

彼、エリヤには、神の怒りの霊が臨んでいたのだ。

特にイゼベルは、

真の神の、預言者たちの迫害に躍起になっていた。

そのやり方は熾烈だった。

王に仕える高官オバデヤは見かねて、

預言者100人余りを分散して、

荒野の洞窟にかくまったほどだった。

 

エリヤはカルメル山で、バアルの預言者たちと対決し、

三年半も雨が降らなかった地に、雨を降らせた。

 持てる力をすべて出し切った彼を待っていたのは、

 イゼベルの怒りと、執拗な追跡だった。

 心身共に、ぼろぼろのエリヤは、

追跡者の手を逃れ、

ベエルシバのケリテ川のそばに身を潜めた。

 

そこは、干ばつが襲ってくる前、

神に示された場所であり、

数々の奇跡によって命を繋がれた場所だった。

そこではザレパテの寡婦の息子を、

死から引き戻したことがあった。

あれも、これも、

すべて全能の神様のお力だ。

 

しかし、今回の出来事は・・ 

カルメル山でのあれは、何だったんだ。

勝利の高揚感はエリヤから引き剥がされ、

ずたずたにひきちぎられて、足蹴にされた。

彼の心は虚無感で抜け殻のようになっていた。

 

王も王妃も、真の神のお力に震えあがり、

土ぼこりの地に雨粒が落ちだしたとき、

あんなに狂喜して喜んだというのに。

彼らはそれを真の神様のお力だと認めなかったのか?

バアルの預言者の無力さに目をつむったのか?

止まれ、止まれ!

こんな愚かな王や民のために何をやっても無駄だ。

 エリヤはベエルシバの荒野の中で、

神様の器としての自分の無力さを呪い、

死を願ってうめいていた。

 

そんな彼のもとに、

天の使いが現れた。

天の使いは、

しなったエリヤの肩に手を置いて言った。

 

「起きて食べなさい」

    ああ、ここ、なぜか目頭がじわんと~~。🐤

 

エリヤが振り返ると、

    あらら~!Σ(・□・;)

 焼きたてのパンと、水の入った瓶が・・

 

エリヤはそれらを飲んで食べた。

すると、

今までの疲れがどっしりと彼の上に倒れ込んできて、

瞼が抵抗空しく垂れ下がり、

ずりずりと眠りに引きずり込まれた。

 

「はっ?!」Σ(゚Д゚)

 

どのくらいたったのか、

突然、耳元で声がした。

 

「起きて食べなさい。

 道が遠く耐えられないでしょうから」

 

耳元でささやく声には聞き覚えがあり、

温もりを肩に感じた。

 

疲れでぼんやりとしていた視界が、

今は開け、

心臓の鼓動も、

力強く全身にエネルギーを送っていた。

目の前には、やはりパンと水があった。

彼はガツガツと勢いよく食べた。

そして立ち上がると歩きだした。👣

 

どこへ?

 

エリヤはそれがどこだか分らなかったが、

彼の足は力強く踏み出し、

迷うことはなかった。

 

 

f:id:pypyhiyoko:20180521112558j:plain

 

ええ!

 

40日40夜、歩いて、ホレブ(シナイ)山へ!👣

カルメル山からベエルシバまで約170キロ

そこから、

モーセ十戒を貰ったホレブ(シナイ)山までは約300キロ。

 

   40日40夜?

   どこかで寄り道でも?

 

エリヤは山頂近くで洞穴を見つけると、

くずおれるように倒れ込み、

幼子のように眠りこけた。

 

f:id:pypyhiyoko:20180520213115j:plain

 

寒さで目が覚めたとき、

太陽はまだ地平の向こうに沈んでいて、

一日の働きのための序曲を奏でていた。🎻

それは、薄くたゆたう雲を七色に変化させていたが、

遠くの山々は黒い影の中にしずまっていた。

 

 エリヤは横になったまま、

ぼんやりとそれらに目をやった。

頭の中で、

目まぐるしく過ぎた日々を反芻していた。

と、

彼のいる洞穴の奥から、声が響いてきた。

 

「エリヤよ、出でよ!

 山頂に立て!」

 

彼が、驚いて身を起こしたその時、

目の前の大岩に雷が落ちた。

眩しい閃光と飛び散る岩。

思わずマントに身を隠し、

穴の入口にへばりついた。

バタバタとマントの裾が風にあおられ、

体が激しい振動に揺さぶられ、

ばらばらと小石が彼の上に落ちてきた。

稲光は留まることなくマントに差し込み、⚡

耳をふさいだ指の隙間から雷鳴が鼓膜を叩いた。

 

神様が、エリヤの前を通り抜けられたのだ。

  

気付けば、

いつの間にか地震も暴風も止み、

雷鳴も遠のいていた。🌈

しかし、

彼の体は小刻みに震え続けて止まらなかった。

 

「エリヤよ。ここで何をしているのか」

 

朝日がエリヤのマントを朱色に染め始めたとき、

その声がした。

ビクリと頭を動かすと、はらりとマントがずり落ち、

太陽のぬくもりが彼を包んだ。🌄

冷え切った身の内から、

温かなものがあふれてきて、

彼の手を濡らした。

 

彼はあわててマントをつかみ、

しっかりと全身を覆いなおした。

震える手がまどろっこしかった。

神の御光の中にあることの恐ろしさに、

心臓がバクバクと彼の喉を圧迫した。

慄きが頂点に足したとき、

誰かに引き起こされるかのように立ち上がっていた。

そして、洞穴の入口へと導かれた。

 唇がカサカサだった。

ヒリヒリと痛む喉の奥で、

空っぽの胃が、ぎゅぎゅぎゅっと萎縮した。

 

空気が押し出されて、

彼は声を絞り出した。

自分の耳にその声は素通りしていって、

今までのいきさつを語り、

追ってから逃れていることを告げた。

他人の声のようだった。

 

がくがくと膝がしらがきしみ、

エリヤは再び身を沈めた。

 

「ダマスコに行くのだ。

 二ムシの子エヒウに油を注ぎなさい。

 次期イスラエルの王は彼だ。

 お前の後を継ぐ者も決めた。

 エリシャだ。」

 

こうしてエリヤはホレブ山を後にした。

山を下りるごとに、彼の体は軽くなり、

歩幅も伸びて行った。🐾

 

一人の若者が12くびきの牛を使って畑を耕していた。

エリヤは通りすがりに、

自分のマントを彼に被せた。

 

するとその若者ははたりと動きを止め、

振り返ってエリヤを見た。

 

「あ、あなたは!」Σ(・□・;)

 

若者は慌ててエリヤを追った。

追い越しざま、彼は両手を突き出して、

澄みきった目で真っすぐとエリヤを見た。👀

 

つづく

 

 

 

 

 

 

pypyhiyoko.hatenablog.jp

 

pypyhiyoko.hatenablog.jp

 

pypyhiyoko.hatenablog.jp

 

pyp