ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

山の神か平地の神か・・・

エリヤはエリシャの澄み切った目の中に

接ぎ木されてゆく新しい力を見た。👀

 

エリシャは、

身の内から湧き上がる興奮を抑えるすべを知らなかった。

彼の弟子になりたい!

エリシャにとって、エリヤは英雄の何者でもなかった。

カルメル山のでの偽預言者との対決は、

自分の耳にも届いていて、

ワクワクと心が踊っていた。

 その英雄が目の前にいて、

彼のマントが自分の肩にかけられたのだ。

 

「弟子にしてください。」

 

エリシャの声は上ずっていた。

 エリヤはその言葉を聞くと、

すたすたと歩きだした。👣

 

「ま、待ってください。

家族にあなたのことを紹介させてください。」

 

エリシャは何の躊躇もなく、

牛のくびきを燃やし、その肉を煮て、

預言者をもてなし、

家族にも食べさせ、

そして家を離れた。

 

   簡単に書いてあるけど、

   彼は長男ではなかったのかな?

   昔だから、兄弟はいっぱいいて、

   働き手が一人かけても大丈夫だったのか?

   突然の旅立ちに両親は戸惑ったのでは?

   それとも、預言者に理解のある家族で、

   預言者の世界では、

   時代の寵児であったエリヤの弟子に成れることは、

   賛成こそすれ、反対する者はいなかったのか。

 

   とにかく、

   これからの二人の師弟関係からは目が離せません。

 

   と思っていたら、

    何ですか?

   ぷっつりと消息が途絶えてしましました。Σ(・□・;)

   それで、エリヤとエリシャの師弟愛を書く前に、

   アハブ王のことを書かなければなりませんが、

 

   「師弟愛」(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

   最近、四角い盤上が縁で結ばれた「師弟愛」が話題に。

   こっちも目が離せな~い!☖

 

 あ!見てください。

首都サマリヤがシリヤ軍に完全に包囲されてします。

スリヤの王ベネハダデが率いる、

32人の王の連合軍です。

わああ、す、凄い!! 凄い数です!!

アハブ王もその状況をこの目で見て、

ビビってしまいました。

だから、相手の軍から使者が来て、

 

「宝物も王の妃たちも子供たちも、

 わが軍のものだ!

 さしだせ!」

 

と言われた時、

握りこぶしに力を入れすぎて、

爪痕がくっきりと手のひらに残ったものの、

反抗もせずに受け入れてしまいました。

命あっての物種ですからね。

 

無抵抗の王の反応に気をよくした王たちは、

楽勝とばかりに宴会を始めてしまいました。

そして酔った勢いで新たに使者を出しました。

使者は胸をそらし、もったいぶって言いました。

 

「ベネハダデ王は言われる。

 新しい要求だ。

 我々が民の家々を回って、

 気に入ったものがあれば、

 それも我々のものだ!」

 

「なんということだ。

 初めの要求でさえ、

 断腸の思いで受け入れたとゆうのに、

 今回の話は、ばかにするにもほどがある。

 我々にも意地はある。」(# ゚Д゚)

 

その伝言を受け取ったベネハダデ王は、

なみなみと注がれた盃を一気に飲み干してから

怒鳴りました。

 

「小癪なことをぬかしおって。

 あんなサマリヤの一つや二つ、

 あっとゆうまにひねり潰せるんだ。

 私にそれが出来ないとでも思っているのか?

 ワハハ!

 わしの思いどうりにならなかったら、

 神々が、わしをそのようにするだろうよ。」

 

使者は二人の間を、行ったり来たり大忙しです。

こうなったら、アハブ王も黙ってはいられません。

わきの下に冷や汗をかきながらも言い返しました。

 

「戦はやってみなければわからないさ。

 我々を見くびるな!」(# ゚Д゚)

 

これを伝え聞いたベネハダデ王は、

額に青筋を浮き上がらせ、

盃を投げ捨てて言いました。

 

「よおし、やってやろうじゃないか。

 戦だ!攻撃だ!

 戦闘の準備をせよ!」

 

その頃、

王アハブは覇気のないげっそりとした顔で

玉座に座っていました。

言葉の応酬で大それたことを言ってしまったが、

打つ手はありません。

力の差は歴然です。

と、部屋の入口が騒がしくなり、

部下が飛び込んできて言いました。

 

預言者が来ました。

 神託を持って来たとわめいています。」

 

もう、この際です。

藁にもすがる思いでいましたから、

預言者は直ちに王に謁見出来ました。

その男は痩せていて、浅黒い顔を王に向けました。

 

イスラエルの神はこう言われる。

 232人の助っ人外人部隊を編成し、

 7000人のイスラエル軍と共に敵に向かうのだ」

「そんな少人数で勝てるものか。」

 

アハブは苛立ちながら言いました。

 

イスラエルの神の力を信じなさい。

 戦はこちらから仕掛けるのです。

 先発は、少人数の外人部隊です」

 

こうして招集された兵士たちが整ったのは、

もう太陽が中天にあるころでした。🌞

 

何の計略もないまま外人部隊が進みましたから、

すぐに敵に見つかってしまいました。🔭

 

「あ、敵兵だ!」👀

 

すぐにベネハダデに伝えられましたが、

見た目、少人数だったため油断していると、

後からイスラエル軍が飛び込んできて、

シリヤ軍を蹴散らし、

沢山の分捕りものを確保しました。

でも、

ベネハダデ王は部下に守られて逃げのびました。

 

この戦での、

イスラエル軍の損失はありませんでしたから、

みんなお祭り騒ぎでしたが、

かの預言者は顔を引き締めて言いました。

 

「彼は態勢を整えて、

 来年また攻めてくるでしょう。

 気を抜いてはいけません。」

 

その通りでした。

ベネハダデ王の側近は王に言いました。

 

「今回は大敗しましたが、

 次回は倍返しです。

 イスラエルの神は山の神でした。

 次回は平地で彼らを負かします。

 連合軍の王でなく、

 指揮権を我々将軍にお委ねください。

 必ず勝利してみせます。」🏁

 

 一年なんてアッというまですね。

ベネハダデ王は優秀な軍隊を引き連れてアペクで

イスラエル軍とにらみ合いとなりましたが、

またもやその勢力の違いは歴然です。

そんな時、またもやかの預言者が言いました。

 

イスラエルの神には山も谷も平地も関係ない!

 目の前の大軍を恐れるな!

 主がお前たちに彼らを渡された!

 恐れるな!

 万軍の神が彼らと戦われるのだ!」

 

この言葉にイスラエル軍の気力はいやがうえにも高まり、

7日間もにらみ合った末に、

合戦の火ぶたが切られました。

イスラエル軍は、一日で歩兵10万人を倒し、

逃れた2万7千人はマペクの城壁の陰に身を潜めました。

すると突然、

城壁が何の前触れもなく崩れて、全滅です。

ベネハダデ王は側近に守られて、

町の一軒家に身を潜め、

一息ついたとき、

側近が言いました。

 

「アハブ王は哀れみ深い王だと聞いています。

 命乞いに行かせてください。」

 

彼らがみすぼらしい格好でアハブ王の前に行き、

王の命乞いをすると、

大勝利に気をよくしたアハブ王は言いました。

 

「彼は生きていたのか。

 彼は私の兄弟だ。

 連れてきなさい。」

 

こうしてベネハダデ王の首は繋がりました。

そのうえ、王の車にも乗せてあげたので、

大感激したベネハダデは言いました。

 

「私の父が奪った町々をお返しします。

 それと、

 私の父がサマリヤに市場を作ったように、

 ダマスコに市場を開いてください。」

 

アハブは上機嫌で彼と条約を交わしました。

 

よかった~ぁ。。。

 

          f:id:pypyhiyoko:20180607002155j:plain

 

   やや?!

   何やってんでしょうね?

   例の預言者と、同胞の預言者が、わめいています。

 

「なんてことを言うんだ!

 お前を殴れだって?!

 意味もなくお前を殴ることなんかできやしない。

 気でもおかしくなったのか?」

 

「意味があるから言っているんだ。

 でもお前は私の言葉を拒んでしまった。

 これは主の言葉だったんだ!

 ああ、なんてことだ。

 いいか、

 お前はライオンに殺される!」

 

「そんな馬鹿な。」

 

驚きと戸惑いの色を見せながら、

その預言者は駆けだしました。

 かの預言者は大きく息を吐きだして顔を上げました。

すると前方から、別の同胞が歩いてきました。

 

「お前の持っているその剣で、

 私に傷を負わせてくれ。」

 

その同胞は躊躇しながらも彼を傷つけました。

 

   え、その前の人は?ですか。

   残念ながらその通りになってしまったようです。(´;ω;`)ウゥゥ

 

次の日です。

かの預言者は傷ついた体に包帯を巻き、

目にも包帯を巻き、

道端で王を待っていました。

 

「王様、私が戦場で捕虜の見張りを頼まれました。

 『逃がしたらお前の命をとる、

  それが嫌だったら60万円を出せ』

 と言われました。

 私が他のことに気を奪われているすきに、

 捕虜が逃げてしまいました。

 どうしたらいいでしょうか」

 

「それはお前が悪い。

 60万円を払うんだな。」

 

王のその言葉を聞くと、

かの預言者はやにわに立ち上がり、

するすると包帯をときました。

 

「やや、お前は、この前の預言者ではないか。

 お前の助言のおかげでわが軍は大勝利だ。

 後でおまえと食事がしたい。」

 

その言葉を払いのけるように、

固い声で預言者は言いました。

 

「王様、イスラエルの神は、こう言われます。

 私が殺そうと思った者*1

 お前は生かした。

 それゆえ、お前が命を落とすのだ。

 お前の民は、彼の民の代わりに滅びる。」

 

「なんだと!

 せっかくいい気分になっているとゆうのに。

 ぬかせ、たわけ者めが!」

 

王は怒りをあらわにして、預言者を睨みつけ、

サマリヤに帰って行きました。

そこには愛しい妻イゼベルが彼を待っているのです。

 

王の行列が通り過ぎ、

わだちの後を空しく見つめていた預言者の周りに、

突然砂ぼこりが舞い上がりました。

彼は慌てて衣の裾で顔を覆いました。

 

「神よイスラエルを憐れみたまえ。」

 

預言者の閉じた瞼の隙間から、

涙があふれてこぼれ、😢

土ぼこりがその後をなぞりました。

 

 

 

 

 

*1:ベネハダデ王