ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

つけは先送り

 

えっ、

神様はあの男を許されるのですか?

エリヤは神様の懐の深さに感動し、

カァーと丹田が熱くなった。

 

異教の妻の言いなりになり、

偶像に染まり切ったどうしょうもない男。

その男が今、見栄も誇りも打ち捨て、

着物を引き裂き、ぼろを身にまとっていた。

食を断っていた。

焦燥しきって、髪も髭もぼさぼさだ。

落ち窪んだ目の周りに出来た大きな隈。

不眠に悩まされている証拠だ。

これが数日前に会ったあの男か?

エリヤは目を疑った。

男の名はアハブ。

イスラエルのれっきとした王である。

 

数日前、

エリヤは神の言葉を携えて王のもとを訪ねた。

エリヤがアハブ王に会う時はいつも、

神の言葉を携えていた。

それも、彼を不機嫌にさせる言葉をだ。

そのため、王は極力彼に会うのを避けていた。

それでも、神の預言者としての務めを果たすべく、

エリヤを追い払おうとする家来たちを払いのけて、

強引に王の前に立つのが常だった。

 

あの時もそうだった。

宮殿の中の部屋々を回りながら、

主に導かれて、

王のいる部屋へと踏み込んだ。

アハブは憎々しげにエリヤを見、

体中から拒否反応を発散させながら言った。

  「なんだ、またお前か。

  許可なく、ずかずかと入り込んでくるとは

  いい度胸だ。

  今日は何だ。」

 エリヤは大きく息を吸った。

そして目を閉じ、

神からの言葉を整えた。

神からの言葉は強烈で、エリヤが初め聞いたとき、

体が押し倒されるような衝撃を受けた。

エリヤはまた深呼吸をし、

アハブを見つめた。

アハブは足を広げて、肘掛椅子に深々と腰かけ、

ふんぞり返り、

王としての威厳を保とうと、

エリヤを睨みつけていた。

そんな彼にエリヤは言った。

   エズレル人ナボテの葡萄畑を奪ったな。

   畑だけでなくその命まで奪ったな。」

アハブ王は微かに口角を引き上げた。

   宮殿に隣接するあの土地は日当たりもいいし、

   菜園畑にぴったりだと常々思っていた。

   わしは通常の倍の代金を払い、

   代替え地をも用意すると言った。

   なのに、

   あいつはけんもほろろに断った。   

   くさくさしていたら、

   イゼベルがうまくやってくれたのだ。

   わしはどんな方法でやったかなんて、

   知らない。」

   「知らないですと。

   異教の妻イゼベルに話せば何とかなると、

   あなたは知っていた。

   そうやって、

   いつも自分を甘やかしてきた。

   そのつけは大きいですぞ。」

 エリヤはアハブを射殺すように見つめた。

 

   「アハブよ、聞くがよい。

    神はこう言われた。

 

   『私はあなたに災いをもたらす。

    アハブ家に属する者は容赦なく滅ぼし、

    イスラエルからお前の家系を断つ。

    お前も妻イゼベルも、獣に食われて死ぬ。

    町で死ぬアハブ家の者は獣に食われ、

    野で息絶える者は空の鳥の餌食となる。』

 

エリヤは一気に言葉を吐き出した。

このような言葉をいつまでも心にとどめていると、

自分自身の体がむしばまれてゆくような気が、

いつもしていた。

 アハブは額に青筋を立て、

肘掛の先をがっしりと掴み、顔を突き出し、叫んだ。

    「いつもいつも、そうやってわしを怒らせる。

    アハブ家が滅びるだと。

    ぬかせ!

    イゼベルは異教の国とを結ぶ要だ。

    そのおかげで、

    幾度、戦を避けられたと思っているのだ。

    イスラエルの神だけに仕えよだと。

    笑止、笑止。

    それこそ頑なな心とゆうものよ。

    互いに理解しあい、相手を受け入れてこそ、

    平和が保てるというものだ。

    お前はわしの預言者たちを偽者呼ばわりするが、

    偽者はお前だ。

    帰れ、帰れ!

    お前の顔など見たくもないわ!

    これ以上ここにいたら、

    命は無いものと思え!」

 王は怒りで震える腕を伸ばし、

エリヤを指さしながら叫んでいた。

エリヤは自分の背中越しにその言葉を聞いた。

足早に屋外に出ると、

雲足が強まっていて、

太陽を覆っていた。

 

時には、自分の勤めの重さに疲弊するエリヤ。

しかし、

イスラエルの民を偶像の餌食には出来ない。

真の神を見失ってほしくない。

自分はそのために遣わされているのだ。

神の言葉の代弁者として、

人に憎まれ、命を狙われようと、

悔いはない。

そんな思いが弱気になる彼を奮い立たせ、

さらなる働きの原動力となった。

主よ、お守りください。

エリヤは天を仰いで歩きだした。

 

                 f:id:pypyhiyoko:20181013213206j:plain

 

エリヤの姿が扉の向こうに消えて、

アハブは腕を下ろした。

体中の力が抜けて、

イスの中に体がのめり込んでゆくように感じた。

重い。

不意に瞼が下りてきた。

ずずーっと

冷や汗が背中をつたった。

指先が冷えてきた。

再びエリヤの言葉が響く。

アハブに向かって、

チロチロと赤い炎が這い上ってきた。

わぁぁぁぁあ~~!

アハブはのけぞって悲鳴を上げた。

 巨大な目玉が迫ってきたのだ!

 

目が開いた。

心配そうにのぞき込むイザベラと目が合った。

彼はベットに横になっていた。

  「また、あの預言者が来たのですね。

  アハブ家が滅びるなんてありえません。

  あなたはイスラエルの王様。

  恐れるものなど無いのです。

  ちょうど、礼拝に行くところでしたから、

  私の神様にお祈りをささげてきますわ。」

 イザベラは真っ赤に紅を差した唇を、

アハブの耳元に近づけて言った。

 

静かだ。

アハブはほっとしながら、

広い寝室の天井を見つめた。

そこには池の水が反射して、

柔らかな光が揺れていた。

葉連れの音がせわしなくなってきて、

不意に、

窓辺のカーテンを舞い上がらせた。

 

わぁ!

アハブの体がわなわなと震えだし、

がくがくと操り人形のように、

不器用に体を動かして、

芋虫のように体が丸まった

すると、

大きな手で首根っこを押さえつけられ、

誰かに引きずり出されるようにして、

ベッドからずり落ちた。

 

 彼は放心していた。

見開いた眼は、焦点が定まらず、

だらしなく開いた唇はカサカサになっていた。

アハブは突然、ビリビリと衣を裂いた。

髪をかき回し、髭を引っぱった。

 「 ゆ、ゆるしてくれ、エリヤ!

  幼いころは真の神を敬い、

  父オムリのようにはなるまいと、

  気負っていた。

  それが今は何だ。

  妻の機嫌を取らなければと、必死だ。

  甘やかされて育ったことはわかっている。

  何もかも人任せになってしまった。

  まわりの者が忖度してくれるからな。

  ナボテには悪いことをした。

  だからといって、

  獣に食い殺されたくはない!

  エリヤよ、教えてくれ!

  わしはどうしたらいいのだ。」

  アハブは幼子のように声を出して泣いた。

 

 

それから幾日が経過しただろうか。

エリヤがまた、アハブのもとへやって来た。

アハブはふらつく体を、

イスに縛り付けるようにして座った。

声を出すことも億劫で、

エリヤの足元を見つめていた。

預言者の衣の裾は土にまみれ、擦り切れていた。

 

  「神様の哀れみだ。」

突然エリヤの声がした。

 『アハブよ、お前は獣に殺されることはない。

  お前の悔いる心を神はよみされた。

  裁きは延ばされたのだ。』

 

その言葉にアハブはびくっと反応し、

勢いよく背筋を伸ばした。

それから口をパクパクさせ、慌てて手で押えた。

見開かれた眼の中で黒目が大きく揺れて、

彼は、膝に顔をうずめてただ泣いた。

 

 

 わぉ~~!

神様は素晴らしい!

でも、命をとられちゃったナボテは・・・( ;∀;)

それに、あんな□□ このまま生かしていていいのでしょうか?

あれ~、Σ(・□・;)

汚い言葉を使ってしまったので、傍線を引かれてしまいましたぁ。。。

罪を憎んで人を憎まず・・むずかしい‥‥

アハブさん、あんたは楽して、子孫にそのつけを押し付けて、

それで何とも思わないのかぁ・・・なぁ~んて、思ってしまう。

🐤はやっぱり🐤だなぁ・・・・