ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

やっと見つけましたぁ~~👀

わぁ~い!

エリヤさん、見っけ!ピョ!👀

ずっと探してたんですからぁ~~。。

後継者を見つけてから。

どこに行ってしまったの?って思っていたら、

ギルガルの、預言者集団の中に紛れていたんですね。

エリヤさんは真の神様の預言者学校を、

あちらこちらに作っていて、

国中を駆け回っていたみたいです。

アハブの目を盗んで。

もちろん、

エリシャも金魚のあれみたいにくっついてね。

 

 

前回で、列王記上は終わりですが、

最後の章に、ササっとまとめが記されていました。

イスラエルの新王は息子のアハジヤが継ぎ、

彼はなんの違和感もなく、

偶像信仰もそっくり受け継ぎました。

その間戦場で命乞いをしたヨシャパテ王は無事帰国。

彼は、亡き父アサ王のなしえなかった、

神殿男娼を追っ払いました。

それでも、高き所にある偶像を取り除くまでには至りませんでした。悪しき習慣は、民の間に根強く浸透していたということの証でしょうか。

 そして、偶像礼拝に染まっている、イスラエルとの関係には慎重になりました。

 

     f:id:pypyhiyoko:20181029125138j:plain

 

列王記下の1章からエリヤさんが登場ですが、

あれ?大急ぎで山道を歩いています。

神様からのお告げがあって、

アハジヤ王の使者がこの道を通るらしいですよ。

あ、見えてきました。

エリヤさんは足を止め、彼らが来るのを待っています。

彼の姿は異様ですね。

のびた髪の毛と髭が顔の大半を覆っていて、

澄んだ瞳が深い沼のように沈んで見えます。

使者はちらりとその男を見て、

通り過ぎようとしましたが、

エリヤさんは道を譲りません。

はて?っといぶかしげに男を見る彼らに、

エリヤさんは唐突に言いました。

 

 「さあ、帰ってアハジヤ王に伝えるのだ。

  『どうしてわざわざ、

   エクロンの神バアル・ゼブブに、

   お伺いをたてに行くのだ?

   イスラエルには、

   お伺いを立てる神はいないのか?』

  とな」

 

使者がのけぞっています。

何か言い返そうとしていますが、

口がパクパク動くだけで、言葉になっていません。

そして、操り人形のようにゆらりと体が揺れて、

王のいる宮殿に帰って行きました。

 

 「なに?!使者が戻ってきた?

  早すぎる。どうした?」

 

 「実は王様、

  途中で異様な姿の男に会いまして、

  あなた様に伝えるようにと言葉を貰いました。

 

アハジヤ王は、その男の特徴を聞いてピンときました。

 

 「それは預言者エリヤだ。

  父が彼に会うといつも不機嫌になったものだ。

  それで何と言われたのだ。」

 

王は痛みに顔をしかめながら言いました。

しかし、使者はうつむいたままです。

 

  「どうした、なんと言われたのだ。」

 

   「あ、はい、

    『エクロンの神バアル・ゼブブに、

    お伺いをたてに行くのだな。

    イスラエルにはお伺いを立てる

    神はいないのか』

    と大声で言い放ちました。

    それからとんでもないことに、

    あなた様の怪我は治らず、

    ベットから起き上がることのないまま・・」

 

  「なんだ。」

 

  「はい、その・・」😥

 

  「わしが助からないとぬかしたか。

   ううっつ!Σ(・□・;)

   大きな声を出すと、胸に響く。

   天井を見たまま首も動かせぬ。

   こうなったらエリヤを捕まえて来い。」

 

王の指示で

50人の兵士と隊長がエリヤ捕縛に向かいました。

エリヤは丘の上の切り株に腰を下ろしていました。

 

  「王の命令だ。

   預言者エリヤよ!

   我らと一緒に山を下りるのだ。」(# ゚Д゚)

 

隊長は兵士たちに号令をかけました。

 

  「私を捕まえようというのか、

   私が神の人であるなら、

   天から火が下って、

   お前たちを焼き尽くすぞ!」

 

兵隊たちがその言葉に、二の足を踏むのに、

隊長はさらに声を張り上げて命令しました。

あ!

隊長の延ばした腕の先がピカっと光り、

隊長と兵士たちが炎の中に倒れました。

生き延びた一人が息せき切って宮殿に駆け戻り、

事の次第を告げると息絶えました。

 

  「ゆけ!捕まえて来い!」

 

再び王の命がだされて、50人の兵と隊長が、

顔を強張らせてエリヤのもとに駆け付けました。

あたりには異様な臭いが漂っています。

何ということでしょう。

二度目の部隊も、一度目の部隊と同様な目に会い、

また、三度目の部隊がエリヤのもとに行かされました。

三度目の隊長はエリヤの前にひざまずいて言いました。

 

  「真の神の人よ。どうか我らを

   焼き尽くさないでください。」m(__)m

 

するとエリヤの耳元でささやく声がありました。

 

  「彼と共に下りなさい。」✨

 

宮殿につき、アハジヤの病室に入ると、

エリヤは憐れむように王を見つめながら、

神の言葉を伝えました。

 

それから間もなくです、

王はベットから立ち上がることなく、

息を引き取りました。

王には子がいなかったので、

弟ヨラムが、イスラエル9代目の王となりました。

 

 

さあいよいよ、エリヤとエリシャ再登場。

次回、楽しみだわぁ~~。*1

 

 

 

*1:´∀`*