ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

先祖のことを思うと・・

  エリヤさんはこのところ超多忙。

   預言者学校の引継ぎ、

   預言者仲間にエリシャの紹介。

   その合間に色々な人からの相談やら何やらで、

   寝る間もないほどです。🐤ぴよ!

 

 

 

久しぶりに暇ができて、

私は窓辺に置かれた、

古びた小さなテーブルの前の椅子に腰かけた。

涼やかな風が私の気持ちをほぐしていく。

それにしても、

エリシャはよくついてくるものだ。

いつ根を上げるかと思っていたが、

最近は目つきが変わって来たなぁ。

 

   「神様、感謝します。」

 

瞼が急に重くなってきた。💤

 

 ギルガル、それが私の生まれ故郷だ。

その昔、

モーセの後を継いだヨシュアの一行は、

ヨルダン川をはさんで、

目の前に広がる約束の地を見た。

すでに贈与の地は種族ごとに決まっていた。

しかし、

私の先祖は、

神から賜るはずだった約束の地を蹴ったのだ。

理由は、

家畜に適した地、

ギルガルが気にいったからだ。(⋈◍>◡<◍)。✧♡

麗しい地ではあったが、

同族とは川で隔てられた。

そのため、

常に周辺諸国の脅威にさらされることになり、

イスラエルの心配の種ともなった。

そんな不信仰の種族にもかかわらず、

神様は私を心にかけて下さり、

預言者としての訓練を、

荒野でうけさせてくださった。

厳しかった。

だが、

先祖の汚名返上のため、

全力で主にお仕えしようと、

若かった私は誓い、

苦しい訓練にも耐え抜いたのだ。

 

そんな訓練を私が積んでいたころ、

イスラエルの王アハブは、

バアル、アシュラ信仰の盛んな地から、妻をめとった。

名はイゼベルといった。

結婚と共に偶像も持ち込み、

王は積極的に宮を建て、祭壇を築いた。

 

これに神様は怒られたのだ。

私が、荒野から王のもとに遣わされ、

神の怒りがどんなに激しいかを、

3年6か月もの異常気象で示したのだ。

その時、私はケリテ川で鳥に養われ、

川が枯れると、べテルへと導かれた。

 

べテル?

イゼベルの出身地ではないか!

バアル、アシュラ礼拝の本拠地ではないか!

その地も神の怒りに干上がっていて、

緑のかけた世界が広がっていた。

そこに、

やせ細った寡婦とその子供がいて、彼らを助け、

そして、

私は3年も、

やもめの家に滞在した。🏠

 

私はアハブ王の元へ遣わされた。👣

イスラエルがとんでもないことになっていたのだ。

イゼベルはバアルの預言者450人を養い、

次々と真の神の預言者を迫害していた。

それを聞いて、👂 見て、👀

私の心に沸々と怒りが込み上げてきた。(# ゚Д゚)

私の後ろには、

常に真の神様の存在があったので、

私は王の前でも恐れはなく、大胆に語ることができた。

   

   「カルメル山で対決だ!

    どちらの神が雨を降らせるか!」☂

 

バアルの預言者450人対、私一人でだ。

そして、それは私エリヤの劇的な勝利で終わった。

それを知った民衆は、狂喜乱舞した。

その勢いに乗って、ずぶ濡れの中、

バアルの預言者たちを倒したのだった。

しかし、それを知ったイゼベルの言葉に、

私は臆した。

 

   「エリヤを殺せ!

    その仲間もだ!」

 

疲れ果てた私に、その言葉は稲妻よりも恐ろしく、

胃が痙攣を起こしたほどだった。

あれほどまでに強烈に、

神様の力をこの身を通して表してくださったのに、

あの時、私はどうしたというのだろうか。

勝利の言葉に舞い上がり、

己の力でしたかのように錯覚してしまったのか。

今、思い起こしても身震いがする。

 

                  f:id:pypyhiyoko:20181105214506j:plain

40日40夜の長旅。

それはただ、神様の哀れみだった。

強行のはずなのに、私はあまり覚えていないのだ。

ただ何者かに引きずられるようにして、

歩いていたように思うのだ。(・・?

疲れて倒れそうになる私を、

 

そうだ!確かに!

温もりのある逞しい腕を・・

ああ、はっきり思い出せない!!💦

 

気付けば、

偉大なモーセ十戒を頂いた、

ホレブ山の山頂近くの洞穴の中にいて、

激しい落雷と風の音に目が覚めたのだ。

 

嵐の中であの方の声が聞こえて、

慌てて入り口近くまで這いだすと、

 

   「お前はなにをしているのか?」

 

と言われた。

 

   「イゼベルが報復として、

    あなた様の預言者を全滅させ、

    私一人が逃れて、ここにいます」

 

と私が言うと、

 

   「ハザエル、エヒウ、エリシャの他にも

    7000人もいるではないか」

 

と神様は言われた。

その言葉に私はハッとして、泣いた。( ;∀;)

孤軍奮闘だと思っていたのは自分の傲慢だった。

私の気負った心がすっと無くなった。

 

 

エリヤの首が、かくんと揺れて、

目の前の小さなテーブルに倒れ込んだ。

 

 

今やアハブ王は戦死し、息子アハジヤが王となった。

その彼も亡くなり、弟のヨラムが王となった。

 オムリ王朝の終焉は近い。

 

一陣の風が、小さな窓の戸をカタカタと鳴らした。

 

   「うっ」

 

私は体をもたげ、

コリコリと首を回した。

寝ていたのか。夢を見ていたのか。

両手のこぶしを上にあげながら、

腹の底からこみあげてくるものを、

椅子の背に背骨をゴリゴリ押し付けながら、💺

 

   「ゥ、う~ん」

 

と吐き出すと、

心配そうなエリシャの顔が窓越しにあって、

目が合った。👀

 

 

私は言った。

 

   「主が私をべテルに遣わされた。

    お前はここに留まっていなさい。」

 

突然の私の言葉に、

エリシャの顔が真っ赤になって、

窓枠にかぶりついてきた。

 

風が吹いて、

エリシャの荒い息遣いが耳元に届いた。

 

私はそれで満足した。