ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

欲しいものは何ですか?🎁

バシャ!

鈍い音がした。

水しぶきが私の顔をぬらし、

大きな魚が一匹、水面に躍り上がって水藻に消えた。

私は自分の外套で水面を打ったのだった。

その使い古した外套は、

預言者活動を共にした、いわば私の一番近しい同士だ。

それで水を撃てと、内なる声が命じたのだ。

 

内なる声。

 

突然、雷のように私の脳天を撃ち、

熱を帯びたそれは、

私の体力を消耗させた。

しかしその声は、

祈りに専念した後などに、静かに訪れるのが常だった。

 

罪の赦しを請い、

心を清めていただいて、

賛美をささげ、

身をもたげると、

微かな何かを感じるのだ。

 

頬にあたる空気のながれ、

風に揺れる小枝のささやき、

岸辺に打ち付けるさざ波のつぶやき。

 そのような物とは異なる内なる気配は、

時に、私を取り囲む空気の層の中からも。

 

私の五感は、

確実にそれをとらえることができた。

そして、

母体の中でゆるゆると運ばれている、

幼い命のような、

不思議な感覚に浸るのだった。

 

水鳥が慌てて水面をかけて行く。

エリシャが身を乗り出し、

50人のともがらの驚きが、

打ち寄せては、引いて行った。

 

ざわざわと水が騒ぎたち、そして、

せき止められた水が壁となり、

乾いた道が目の前に現れた。

私は川底に足を踏み込んだ。

 

ああ、

我ら先祖を引き連れ、

エジプトの地から決別するため、

乾いた紅海の中を歩まれたモーセよ。

これは私と、

この世とを区切る結界なのだろうか。

 

アッというまに渡り切り、

川岸に立つと、

 

   「あっ!水がまた・・」

 

と、うわずったエリシャの声。

私はそのまましばらく、杣道の中を進んだ。

目の前にわずかばかり視界が開けた。

すると、

太陽が雲に遮られ、あたりが急に暗くなった。

私は振り返って言った。

 

   「エリシャよ。

    私があなたを離れる前に、

    私に何を求めますか。」

   「あ、え?!」

 

エリシャの喉が大きく動いた。

無防備に胸もとで開いた手が

プルプルと震えていた。

 

   「あ、あなたの、に、二倍の力を。✌

    二倍の力を、私に授けてください。」

 

変にうわずった声で彼は言った。

 

   「それは難しいことだが、

    私が、

    天に引き上げられて行くのを見るならば、

    あなたはそれを得るでしょう。」

 

エリシャは目を見開き、コクコクとうなずいた。

 

ゴおオーオオ!!

 

              f:id:pypyhiyoko:20181125220214j:plain

 

 

その風の音は、

今までに聞いたことのないものだった。

髪は乱れ、衣の裾が翻った。

草木が騒めきだった。

私たちは思わず西の空を見上げた。

おお、雲が引き裂かれて行く。

雲に包まれ、沈みかかっていた太陽が、

激しい閃光を発して、目に飛び込んできた。

 

その中に、

一つの黒点が現れ、

みるみる大きくなって迫ってきた。

それは、炎の塊で、

真っ赤に燃える馬と、戦車が姿を現した。

と、

再び突風が巻き起こって、

私とエリシャの間を引き裂いた。

 

私たちの間に、

あの燃える戦車が割って入り、

私の体はその中に吸い込まれた。

エリシャの体は弾き飛ばされていた。

彼の悲鳴が聞こえた。

川の向こうで、

慌てふためくともがらの姿が見えた。

 

 「エリヤさまぁぁ!!」

 

エリシャが手を伸ばしながら、

今まで見たこともない形相で走ってくる。

 

「わが父、わが父‼

 イスラエルの戦車と、騎兵よ!!」

 

彼の声が、かき消され、

その姿が急激に小さくなって消えた。

 

私の乗った火の車は、

恐ろしい勢いで高みを目指して突っ走った。

振り落されそうになる体を必死に支えていると、

するり、とマントが私から離れて行った。

それを目で追おうとしたが、

ただ、炎の色しか見えなかった。

 

・・・・

 

熱くなかったのですか?🐤

   🔥いいえ、全然。

 

怖くなかったのですか?🐤

    🏇ぜ~んぜぇん。

 

その後、どこに行ったのですか?🐤

   🏠それは今、

   私の口からは言えません。

   ただ、今までに感じたことのない、

   満ち足りたときの流れの中にいることだけは、

   お伝えできます。

   そして何百年後かに、

   尊いお方をお迎えするため、

   ⛅雲に乗って地上に現れることも。

 

   あっ!そうです。

   あわただしい離別の準備期間中に、

   私は内なる声の導きのままに、

   一通の手紙をしたためました。✉

   その内容は厳しいもので、

   ユダ王国、五代目の王様宛てのものです。👑

   不思議です。(・・?

   今、ユダ王国の王様は、

   信仰深い四代目、ヨシャパテ王様なのですから。

   私は手紙を書いたのですが、

   その手紙が今、どこにあるのか、

   わからないのです。(・・?

   果たして、

   存在していない未来の王様に、

   無事に届くものでしょうか?📭

 


 

 

pypyhiyoko.hatenablog.jp