ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

エリヤの二倍の力は・・はたして・・

 「わが父、わが父、

  イスラエルの戦車よ!

  その騎兵よ!」  

 

目の前で、黒く細く渦巻いて、

するすると昇って行く竜巻。

先生(エリヤ)の乗った、

真っ赤に燃える戦車。 🔥

それが、

その先端にあった。

夢中で追いかけようと、

走る私の頭上に、

ふわりとマントが落ちてきて、

視界をさえぎった。

そしてそれは、私の足に絡まった。👣

私は顔から地面に突っ込んで転んだ。

慌ててマントをむしり取った。

はて? (・・?

あたりは静けさに包まれ、

今までの嵐の跡形もなかった。

見上げる空には、

ねぐらへ急ぐ鳥たちの一群があるだけだった。🐤

手にしたマントは懐かしいエリヤ先生の物。

まだ温もりさえ感じられるそれを、

私は引き寄せた。

私ははっきりと、天に上って行く先生を見た。🐎

それは、まだこの瞼の底に焼き付いている。が、

あの後、転んでしまって・・

私は不安になった。

先生の霊の二つ分を求めたが、

果たして・・

あれから、自分の中に、

何の変化も起こっていない。

私はゆっくりと立ち上がった。

枯れ葉や草の種が、その服に付着したが、

気にならなかった。

私はマントを広げてみた。

使い古したそれは、

継ぎはぎが目立ち、汚れてもいた。

このマントで先生は、

あの川の水を打ったのか。

帰る道は先ほど来た道しかないと思った。

ぶるっと筋肉が委縮した。

たぶん向こう岸には、

預言者学校の仲間が、☺

首を長くして待っているはずだ。☺☺☺☺☺

ざわざわと藪をかき分けて私は急いだ。

太陽の傾きが増したからだ。

こんなにも長い道のりを歩いたのかと、

私は首をひねった。

道に迷ったか?

少し不安になりかけたとき、

視界が開けた。

ヨルダン川がその流れの色を濃くしながら、

そこにあった。

岸に立つと、

一瞬ぐらりと体が傾き

足元の土が崩れて足が濡れた。

  

    先生!!

 

なぜか目頭が熱くなった。( ;∀;)

葦のざわつく向こう岸で、仲間が何か叫んでいた。

手を振っている。✋

ぴょんぴょんと跳ねている者もいる。🐸

マントをふっている者も。

私は足元を確かめて、

川岸に立った。

 

    マントだ!

    マントで川の水を打つのだ!

 

内なる力が私に迫ってきた。

抱えていたマントを片手で持ってみた。

    お、重い! 

垂れ下がった裾が地面にふれた。

私ははっとして、両手でそれを持った。

 

    わが主、ヤーウェよ、

    私にエリヤの二つの霊を授けられた主よ。

    今ここに、

    その力を、

    私を通してお示しください!!

 

両手でつかんだマントを頭上高く持ち上げると、

私は叫んでいた。

そうして右手を軸にして、

後ろから前へ、

流れる川面に力を込めて打ち付けた。

 

   バサ!

 

鈍い音がした。

と、手にしたマントが急に軽くなって、

私の元に戻ってきた。

 

   おお!道が!

 

乾いた道が真っすぐに続いて、

それは仲間の預言者たちの足元へと繋がっていった。

彼らの驚きの声が返ってきた。☺☺☺☺☺☺

私は走って仲間の元へ行きたかったが、

この乾いた細い道の向こうには、

幾多の困難が待ち受けていて、

もはや、後戻りは許されないのだ。と知ると、

踏みしめる一足一足が、

ズシリズシリと重かった。

 

   エリシャさ~ん!エリシャさ~ん!

 

対岸が近づいて、仲間の歓喜の声の中に吸い込まれると、

もはや、そんな思いも消えていた。

 

   エリシャさん、

   先生はどうしたのですか?

 

   竜巻が起こって、

   燃える戦車に乗って、🔥

   天に上って行かれました。

 

   え?!そんなことって・・

   待ってください。

   あの時、強風が吹き荒れていたのは、

   こちらからでも見えましたよ。

   竜巻ですか?

   だったら、強風にあおられて、

   山か谷に持って行かれたのかもしれませんね。

     よくあることです。

   どうか探しに行かせてください。

 

   いや、そういうことではないのだ。

   天に引き上げられたのだ。

   先生は、この地上には、

   もはやおられないのだ。

 

何度か彼らと話し合ったが、

言葉はすれ違ったままだった。

そのうち、疲れが急に覆いかぶさって来て、

わたしは、早く休みたかった。

そんな私は、

彼らに言い寄られて、

つい、首を立てに振ってしまった。

 

三日三晩、

屈強な若者50人が

夜を徹して探し回ったようだったが、

影も形も見いだせず、

疲労困憊して戻ってきた。

 

そうなのだ。

先生はもうこの地上にはおられないのだ。

 

 

そんなわけで、

私はエリコの預言者学校に留まっていた。

 そこにいる間、

請われるままに、先生との離別体験を語った。

そのことを語れば語るほどに、

私の中で不思議さが増していった。

そして、

先生の後継者としての自覚もはっきりと見えてきた。

先生は孤高の働き人だったが、

私には仲間がいる。☺☺☺☺☺☺

 

先生のマントは今、

私の手の届くところに置いてある。

たぶん私は、

先生の使い慣れたマントを持ち歩くだろう。

 

   主よ、私を通して、

   エリヤ先生の二倍の働きを、

   おすすめください。

 

跪いて祈るエリシャの声は、

低く長く続いて、

預言者学校の夜は更けていった。🌙

 

            f:id:pypyhiyoko:20181210160601j:plain

 

 

pypyhiyoko.hatenablog.jp