ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

こ、これって、物凄い執念!! Σ(・□・;)

🐤久しぶりのエリコの町。

街角のあちらこちらから、

子供たちの声が聞こえてきて、うれしい!

これも、エリシャさんのおかげ。

ぴよ!

ひよこは今、親切なおばさんの家にいます。

少し町から離れていて、

おばさんは自給自足の生活をしています。

久しぶりに会って、

一通りのあいさつが終わると、

おばさんは言いました。

 

👩エリシャさんは、今どこにいるの?

 

🐤彼は今、療養中、、いや、、亡くなられました。

私はエリシャさんが病気になったのを知って、

急いで彼の所に尋ねたのだけれど、

あの時すでに、

回復する見込みのない病で、

もうベットからも

起き上がれないほどだったんです。(´;ω;`)ウゥゥ!

 

👩えっ!そうなの?

ヨラム王、エヒウ王、エホアハズ王、

そして、

今のヨアシ王様のためにもずいぶんと

貢献なさっておられましたよね。

 

🐤そうです、そうです。

そんなわけで、

ヨアシ王様がお見舞いのために下ってこられて・・

 

👩下って来られたってことは、

首都エルサレムから、

気候の穏やかな海沿いの町なんでしょう?

 

🐤たぶんね。

王様がお見えになると、

突然、東側の窓を開けさせて、

矢を射るようにとすすめられたのよ。

王様が矢を握ると、

エリシャさんはやせ細った手をその上に重ねて、

何やら祈っていたわ。

病人の手とは思えないほどの握力に、

王様はチョットびっくりしたのがわかったわ。

 

👩:あなたよく知っているわね。

 

🐤:ええ、わたし、エリシャさんのファンなので…

 

👩:それでもって、

療養先の地名がわからないのぉ???

 

🐤:それはチョット横に置いときましょうよ。

 

   ★:さあ、矢を射なさい。

 

🐤:瀕死の人の声とは思えなかったわ。

王様は矢を構え、力を込めて弓弦を引いて、

 

    👑:ハッ!!

 

と声を出して、矢を放ったの。

王様の手を離れた矢は、

窓の外へ、

アッという間に見えなくなったの。

 

   ★:お見事!

   マペクでスリヤ軍に勝ちますぞ。

   もっと矢を射なさい。

 

🐤:エリシャさんの声にはりが出て、

王様はまた弓を引いたのね。

三回も矢を放って、やめたんだけど。

ゴボゴボとエリシャさんの咳がひとしきり続いて、

荒い息を吐きながら言った言葉がこれ。

 

  ★:なぜ辞めたのです?

   矢がなくなるまでするべきだった。

   そうしたら、三度勝利するだけでなく、

   スリヤを完全に滅ぼすことができたのに。

   残念だ。ゴボゴボゴボ。。。。

 

🐤:そんなことがあってから、

エリシャさんの命の火が急速に衰えて、

ゥ、ウ、亡くなられたのよぉ~~。😿

 

👩:そうなの。(+_+)

初めて聞いたわ!

大変!!どうしよう!!

 

 🐤:どうしようも、こうしようもないわ。

エリシャさんが亡くなったのは、

もう一年も前のことよ。

 

👩:そうなんだ。エリシャさんの働きは、

 1、この町の水源を塩で清めた。  

2、同労者のやもめの家族を、

  油を増やして貧困から救った。💰

3、裕福なシュネムの女の死んだ子供を生き返らせた。

4、誤って毒物が混入してしまった煮物に、

  麦粉を投げ込んで清めた。🍲

5、パン20個と、一袋の穀物で、

  100人以上の人を養い、余らせた。🍞

6、アラムのナアマン将軍の皮膚病を、

  ヨルダン川の水で治した。

7、ドタンでスリヤ軍の大軍に包囲されたとき、

  恐怖に慄く僕に天の軍勢を見させて安心させた。👀

8、川に沈んだ斧を浮かび上がらせた。

9、戦の時、イスラエルの王に敵軍の様子を知らせて、

  難を避けることしばしば。

10、死後1年経ってエリシャの白骨体に、

  死者の体が触れると、生き返った。💀

 

🐤:凄いよね。ぴよ!

 預言をしたり、

奇跡を起こしたり、

同労者の経済面に気を配ったり、

若い預言者たちの教育、修養場を設けたり、

大忙し。

思い出したくもないけど、

熊に子供たちを襲わせたり、従者ゲハジを破門にしたり。

 

👩:あれはゲハジもよくなかった。

でも普通、病気にさせるう~?!

 

🐤:まあ、色々あったけどぉ・・

 

👩:お国のために約50年間も働いて、

イスラエル王国の未来を思うと、

死んでも死にきれなかったかもね。

 

🐤:でもそこは神様オンリーの預言者。💛

すべて神様にお任せして、

召されて行ったと思うわ。

 

・・・f:id:pypyhiyoko:20190106222153j:plain

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

エリシャは亡くなりましたが、彼の預言どおり、

ヨアシはスリヤ軍を三度打ち破り、

奪われていたイスラエルの町々を取り返しました。

勝利に沸く民に襲い掛かるのは、モアブ人。

彼らの力は年々強くなり、 

イスラエルの人々を悩ましました。

これは、そんな頃、起こった奇跡です。

 

ある人が亡くなりました。

埋葬するべく遺体を運んでいると、

運悪くモアブ人の略奪隊を発見!

 

どうしよう!

埋葬場所はまだ先だ!

ほら、あれはエリシャさんの埋葬場所。

一時的にここに隠しておこう。

 

そして彼らは、

町の人々に隠れるように触れ回りました。

 

   来たあー!!

 

誰かが素っ頓狂な声で叫びました。

無人になった町の広場の、

その先の門に目を向けると、

白い布で足を取られながら現れたのは一人の男。

 

  誰だ?!

 

息をつめて凝視する先のその男は、

広場の真ん中で立ち止まった。

 

  あいつは俺たちが、

  エリシャさんの墓に投げ入れたやつだ!

  どうした?!どうかしているぞ!

 

身をひそめていた人々はわらわらと広場に出て行って、

その男を取り囲んだ。

 

   エリシャさんの声がしたんだ。

   真っ暗な墓穴の中で。

   見れば、白骨が青白く光っていて、

   私の手がその上にのかって、

   私の体も光っていた。

   一瞬だった。

   ぼんやりと洞窟の中が明るくて、

   気がしっかりしてくると、

   徐々に私の体から光が消え、

   エリシャさんの骨も光を失っていったんだ。

   嘘じゃあないぞ!

   本当だ!

   私は生き返ったんだ!

   触ってくれ!

   エリシャさんのおかげだ!

   頼む、水を、

   水を、飲ませてくれ!

 

そう言うと、

男はへなへなと座り込んでしまった。

 

 

・・・・・・・・

 

白骨になっても、

死者を生き返らせるなんて!! Σ(・□・;)

 

 

 

pypyhiyoko.hatenablog.jp