ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

おいおい、ここは荒地だ!!

自分の親の大ファンだからって
自分の親が身まかった後も

その人が生前望んでいたことを
その息子が引き継いで

おじ様、親父の後を継ぎました。
親父亡き後も、
ごひいきのほどよろしくお願いいたしますって

言ったからって、

ああまで親身になってくれるものなのでしょうか?
よっぽどダビデ王様にのめり込んでいたんですね。
一体どんな出会いが二人の間にあったのだろう?
f:id:pypyhiyoko:20210926001017j:plain
この20年間に彼がソロモンに融通した金は
10億円相当にもなりました。

ツロから呼び寄せた青銅細工の熟練工の名は「ヒラム」
・・ツロの王様も「ヒラム」
紛らわしいね。
熟練工のヒラムは神殿のさまざまなものを造りました。
その総重量はあまりにも重いので
ついに量らずじまいだったとか・・

造船所を造ると言えば、
腕のいい水夫を差し向けました。
その船団のおかげで
時価36億円相当の金をソロモンは得たのです。

何とかその恩に報いたいと思うのは
人として当然のこと。
ソロモンは知恵を絞った。
  
そうだ、20年もの長い間、
心、技、財、人材、共に支えてもらったんだから
20に引っ掛けて、
ガリラヤにある20の町をプレゼントしよう!

自分のアイデアに酔いしれたソロモンは
いたずらっ子のような目をしてヒラムに告げました。

それではちょっと町を見てこようかと
ヒイラムはそれらの町々を見てまわってビックリ。
f:id:pypyhiyoko:20210926001122j:plain
「おいおい、これはまるっきり荒地ではないか!!」
ソロモンの思惑が外れました。
あまりにもヒラムに頼りすぎ、
甘えすぎたのでしょうか?

彼なれば手付かずの地を、
理想的な町々にすることなどお手のものと、
軽い乗りで、あまり深く考えることもなく
それらの町々をヒラムに贈ったのでした。
f:id:pypyhiyoko:20210926001154j:plain
でした、なんて言ってしまって・・
ソロモン様はどう考えていたのかしら?

それらの町は結局受け取らなかったみたい。

考えてみたら、拒否されてよかったかも。
イスラエルの地は神様から与えられた地で、
それを、いくら友好的な人だからといって
神様を信じていないらしい人に
勝手に与えたりしては良くなかったかも。

そうだわぁ、

このことについて、
ソロモン様は神様に相談してないみたいだったし・・


ヒラム王様、お気を悪くなされましたか?
そんなわけですので、
もしかしたら、
神様のお力が働かれてこうなったのかもしれません。
f:id:pypyhiyoko:20210926001226j:plain
その後、あなた様とソロモン様の関係はどうなりましたでしょうか?
気になるところです・・

ひよことしては・・・