ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

やめてよね、こんな言葉に「女へん」

f:id:pypyhiyoko:20171110214352j:plain



 🐤・

  突然こんな質問でなんですが、    

  「苦しみながら生きている人」と、

  「もうすでに死んだ人」と、

   どちらが幸せですか?

 

伝道師:

  そうじゃなぁ。両方ともなぁ・・

  一番いいのは・・

  まだ生まれていない人じゃろなぁ。

 

🐤・

  え!そうなの? ぴよ!

 

伝道師:

  この世の悪を見ることもなく、

  まだ経験してないからのう‥

 

    

🐤・

  妬み嫉みは悪なの?妬みと嫉みの違いって?

 

伝道師:

  まあ、罪じゃろなあ・煩悩を消すのは難しいのう。。。

  妬み=女+石

   →女が他者と比較して、怒りで頭が一杯になるさま。

   →ネガティブな感情が他人に向けられる

  嫉み=女+病

   →女にありがちな、頭にかっと来るヒステリー状態。

   →ネガティブな感情を自分に向ける。

 

 🐤・

  やだやだ!何で「女へん」なのさあ? びよ~~!

  妬み嫉みのネガティブ感情は個人差があると思うんだけど、

  妬みが巧みな技の原動力? どうして?

 

 伝道師:

   自尊心が低いと、ついつい他人と比較して、

   あの人に負けたくないと、一喜一憂してしまう。

   温度計のようじゃのお。。。

   自分のあるべき位置をしっかりと確認しておくことじゃな。

   そうすれば他と比較して、他者に石を投げる労力や、

   自分の心に矢を射込む、愚かで無駄な労力を、

   自分自身の向上のために使い切ることができるのじゃ。

 

🐤・

  自身の向上のためですか。

  そういえば、

  大成した人の中には長子でない人が結構いますね。

  ご本人は自覚していなくても、

  そんなプラスの作用が働いていて、

  技に磨きがかかったとか‥  

 

伝道者:

  可哀そうなのは

  「ただあくせくと富のために労苦している。

  しかも何のために労苦しているのかと

  考えてみたこともない。」(現代訳)

  頑張り屋さん。

                         

🐤・

  そんな頑張り屋さんも、

  自分を見つめるときが必要なのではってことかしら・・

   

  止まれ!

  その先は行き詰まり!崖っぷちだよ!

 

伝道者: 

  「ふたりはひとりよりもまさっている。

  どちらかが倒れるとき、一人がその仲間を起こす。

                    (新改訳)

 

🐤・ 

  仲が良ければですよね。

 

伝道者:

   ふたりがいっしょに寝ると暖かいが、

   ひとりでは、どうして暖かくなろう。」

                   (新改訳)

 

🐤・

  独り者はどうするのじゃ!

  は!?

  婆様言葉が出てしまった。

  二人の方がもっとサブ~イ時もあるかも。

 

 

 

伝道者:

  「貧しくても、賢い青年は、

   どんな忠告も受け付けない年とった頑固な王よりは、ましだ。

   たといその青年が牢獄から出て王になったとしても、

   貧しい家の出であったとしても、そんなことは問題ではない。

   このような青年が王に代わって立った時、

   すべての民がついて行くのを見た。」(現代訳)

 

🐤・

  それは凄いですね!!ぱちぱち!

 

伝道者:

  「しかし、その青年も年を取り、

   かつては多くの人々から支持されていたのに、

   やがて支持されなくなってしまう。

   人の気持ちは移ろいやすいものだ。

   無意味だ。」     (現代訳)

 

🐤・

  くっ!そんな結論なんてやだ, ピィ~~!

 

伝道者:

   だからじゃよ、わしは叫ぶのじゃ!

   「あなたの若い日に、あなたの創造者を覚えよ。

    わざわいの日が来ないうちに、

    また「何の喜びもない。」と言う年月が近づく前に。

    神を恐れよ。 

    神の命令を守れ。」          (新改訳)

 

🐤:ぴよぴよぴよぴよ

  

     f:id:pypyhiyoko:20171110215735j:plain

     僕は猫。

     足が長いぞ。

       はい、パチリ!

       フラッシュがぁ~!

         で、猫ちゃんびっくり。

              目がビカビカに。

                  ごめ~んねぇ。



  

 

 

 

 

 

何よりはいつもの場所でまったりと。。。。💤

天が下のすべての事には季節があり、すべてのわざには時がある。

 

生(うま)るるに時あり死ぬるに時あり・・・・・

 

神のなされることは皆その時にかなって美しい。

 

私は知っている。

   すべて神がなさることは永遠に変わることがなく、

   これに加えることも、これから取ることもできない。

   神がこのようにされるのは、

   人々が神の前に恐れを持つようになるため。

 

   神は人の心に永遠を思う思いを授けられた。

   それでもなお、

   人は神のなされるわざを

   初めから終わりまで見きわめることはできない。

 

   それなら、

  「今、ここを」生きるが最善。( ´艸`)

   同じ生きるなら

   労した分は思いっきり楽しまなくっちゃ。

   それは私の取り分。

  

私は知っている。

           人はできるだけ幸福に過ごし、

   人生を楽しむ以上に、素晴らしいことはない。

   食べたり飲んだりして、

   自分の労苦の実を楽しみ、味わうべきだ。

   それは神様からの贈り物なのだ。

 

 ("^ω^)・・・

 

   だからって度を過ぎて、体を壊してはね。。。

   まだまだ早いと思っていたけど、

   もう、お重の宣伝をしていた。Σ(・□・;)

   飲み食いの楽しい季節になって来たけど、

   楽しく過ごすことは、美しく過ごすことかも…

 

 

       f:id:pypyhiyoko:20171019112419j:plain

         何よりはいつもの場所でまったりと

 

           はて季語は?問う君の背に秋珊瑚

         

愉快が一番、((´∀`*))ヶラヶラ ⇒ (´;ω;`)ウゥゥ

知恵が多ければ悩みが多く、

知識を増す者は憂いを増す。


     まあ、ひよこの場合、知恵が多すぎて悩んだりなんてこと、

     残念ながら・・・ありませんねぇ。。

     知識を増して憂えるなんて、、

 

     役立たずな事にこだわってしまって、

     それが頭から離れなくって、

     困っちゃうことはありますけど。

 

     それも感受性が穏やかに収まってきている今は、

     頭の中がまさに、「空」になりつつあったりして。

     (この前、CTスキャンを撮った)

     とりあえず脳みそはしっかり詰まっているそうだけど、

     その内容が問題だ。

     「空」これはこれで困ってしまう。。

 

 

一応、「伝道者の書」の作者はソロモンと言われているけど、

人生についての教師、説教者、伝道者といった言葉が原文では使われているらしい。

でも🐤はめんどくさいので、ソロモン様とゆうことで・・・

 

 

 

著者は言います。

よし、思いっきり楽しんでやろう。

愉快が一番、「わはは、わはは」

笑いは狂気だ!

     道を歩きながらにやにやしていたら・・ちょっとね。。。

     仲間と「わはは、わはは」して、

     広々とした部屋に、ポツンと一人。

     寂し~!非常にさびし~い!!

 

本を片手に酒を飲んで、・・

そうだ、普通の幸福も味わってみよう。

さて、こじんまりと収まれば、

やっぱりおっきいことはすばらしい。

大規模事業でスリルを味わい。

稼いだ金で、大邸宅を建て、

      農園、果樹園、庭園、公園、

      ついでに貯水池も造ったぞ!

      労働力も家畜もたくさん集めた。

      あとは、民から税金を絞りだす。

      そして、

      千人のそばめをはべらせた。

 

稼ぐだけではだめだ。

      文化活動にも手を伸ばし、

      混声コーラスグループや、

      オーケストラを編成し、

      自作の歌を歌わせたりしてみた。

      自慢じゃないが、

      聖書の中の詩篇には私の作がたくさん入っているんだ。

 

私のしてきたことは

      歴代エルサレムの王たちの誰も出来なかったこと。

 

あらゆるものに一生懸命取り組んでみた。

少しは勉強になったし、ためにもなった。

 

しかし、振りかえれば、どれもこれも色あせて、

空しく私の指の間から流れ落ちて行く。

 

どんなに財産をため込んでも、

老いさらばえて死を待つばかり。

汗水流して蓄えた金銀財宝の一切合切を

息子に託して逝くだけだ。

その息子が、

私の財産を増やすなんて保証はない。

増やすどころか、

無駄に使い果たしてしまうかもしれないし、

親族が、財産争いでもめるかも。。。。

 

それにしても、理解できないことが多すぎだ。

善人が割に合わない境遇に苦しみ、

悪人がそのうえでふんぞりかえる。

バ*であっても、生まれた血筋がものを言う。

権力におぼれ、むやみやたらと振り回す。

 

そして皆、

ローソクの炎のように、

燃え尽きて消えるのだ。

 空し。

 

 空しすぎる!

 

     ああ、おかわいそうな王様、

     ひよこには全く手の届かない、

     輝かしい世界で、

     あなたは悩みあえいでおられたのですね。      

      

     それで王様は処世術を編み出されたのでした。

     果たしてそれは・・・ 

 

 

f:id:pypyhiyoko:20170919220956j:plain

さて、今日も我が領土の見回りだ。

 

猫、見つめる (=^・^=) 見つめる、猫

✌('ω'✌ )三✌('ω')✌三( ✌'ω')✌

 ひよこのご先祖様をたどりますと・・・

なんとアダムさんにまでたどり着くぅぅう。。Σ(・□・;)

ひよこだけでなくって、

人類のご先祖様はアダムだって言うんで。。。

pypyhiyoko.hatenablog.jp

 

 

アダムから始まって、

大洪水の話とか、

紅海を渡る話とか、

手に汗を握る出来事の後、

なんとかダビデ王にまでつながって、

やっと息子のソロモンにまでたどり着きました。

 

あそうそう、ダビデ王のご先祖に、

異邦人妻で未亡人になったルツさんの名が浮かびます。

従順で賢い彼女は、姑に仕えて、

再婚相手に出会って、

ダビデ王につながる子孫を残したのでした。

お母さまのお言葉通りにさせてください。 - ピヨピヨひよこ日記

 ルツと言えば…

          ・・・ツル?某放送局のドラマ。

          ウォーキングマシーンを動かし、

          イヤホーンをしてビデオを観ていたら、

          某住民がうろうろと目の前に現れ、

          テッシュペーパーを

          ひらひらさせて

          私の前に置くと、

          去って行きました。

          それはその時、私が最も必要としていたもので、

          目に当て、鼻にあて,それから。。。。

          後で聞くと、私が子供泣きしていたそうで、(´;ω;`)ウゥゥ

          ビックリして見に来たのだとか。

          

 

ダビデは戦の人でしたが、神様のご加護をしっかりと自覚していましたから、

戦が終わった暁には、立派な神殿を建てたいと準備していました。が、

息子に託して逝ってしまいました。

その後の跡目争いで、国は南北に分裂。

でも、ダビデの遺言でソロモンが本当の跡目です。

列王記には当時の全世界に彼の知恵と、

富と文才は知れ渡っていたとあります。

父亡き後は、その才能をいかんなく発揮して、

地中海貿易で莫大な財産を築き上げました。

シバの女王がはるばる訪ねて来たりもしました。

 

 

それでね、

ひよこはこっそり、

ソロモン様のメモを見つけてしまったのね

見つけてしまえば、開くしかありません。

開けば、どうしたって読んでしまいますよね。

                   あ!これって、犯罪?!

 

「無意味だ。無意味だ。

 どんなに労しても、何の価値も見いだせない!!」

 日は昇りそして没し、風は吹いて、元来たところに吹き戻り、

 雨は川を下って海に満ち、また雨となる。

 

 新しいことだ!と騒いでみても、結局は昔あったことだ。

 

  私は歴代の王たちにまさって知恵と知識をえた。

 その反対のことも探りためしてみたが、

 空しさはますばかりだった。

 

 ああ、生きることの意味とは一体何なんだ! 」

 

知恵が多ければ悩みが多く、

知識を増す者は憂いを増す。

 

時には言葉がとぎれ、

乱れ飛ぶ文字に、ソロモン様の苦悩があらわれていて、

ひよこ,つらい!

 

あ!だからって、

王様は絶対、

生きることをあきらめたりなんかしませんからね。

 

f:id:pypyhiyoko:20170825172633j:plain

 

 

猫は知っている。。。。。

 今日から「伝道の書」で~す。 °˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

一応「ソロモン王様の書かれた書」だそうですが、

「?」だという意見もあります。

 

 

   それにしても何なのでしょう???

   ため息がぎっしりって感じ!!

   どんよりと厚く雲の垂れこめた日や、

   暑くって、ちょっとけつまずいて、

   自分に嫌気がさしたりしたりしたときなんぞは、

   「禁書」だと思うわぁ・・

 

  それでも、どうしても気になって、

  他のことが目に入らないようだったら、

  人生は、「空の空」

            ひよこは「そらのそら」て、読んでしまったけど、

            空しさのほうですからぁ。

            「祇園精舎の鐘の音・・・」

             もっと、も~っと・・・

   最初っからため息が・・・・

 

   でもって、ため息が出たら、ぴょ~と飛ばして

   最後の12章に行ってみてください。

 

『あなたの若い日にあなたの造り主を覚えよ。

 悪しき日がきたり、年が寄って、「わたしにはなんの楽しみもない」』Σ(・□・;)

 

   「造り主」って何だ??と思ったら、

   今度は、どばっとページをつかんで、大胆にめくってしまってください。

   すると、ページが若返って「新約聖書」がでてきます。

そしたら、

   新約聖書の最初の、「マタイの福音書」を開いて、

   つつつーっと指でなぞって、

   1章の18節から目を通してみてください。

 

「いえ、私はドバーと落ち込むのが好きなんです。」って方・・・ 

   そのような方は初めっから、谷底に下って行ってください。

   ひよこも実はこっちタイプだと思うのだけど。

   落ちて落ちて「空の空」で頭が満たされたら、

   「そ、そらを、そらを見上げましょう」

   星が輝いてます。

新約聖書の羊飼いたちが、星に導かれたように、

あなたを導く星が見えるかもしれません。

気が落ち着いたら、新約聖書に手を伸ばしてみてくださいね。ぴよ! 

 

 

ひよこはもうちょっと、

王様のあとを追いかけてみます。

ソロモン様の思案顔も素敵!!ぴょ!!

 

 

f:id:pypyhiyoko:20170804123044j:plain

         ふぅ~~。。涼しいのぉ~~。 

        彼はいつも快適な場を知っている