ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

お堅い書に紛れ込んだ、あら?まあ!の  「雅歌」(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

   「箴言」も「伝道の書」も終わりました。

    

    箴言は・・「ことわざ」集なので、断片的。

    伝道の書は・・あ!「伝道」というと、

                                       キリストの教えを広めるための書、

           それにかかわっている人(伝道者)の、お話と思われまし

           たが、さにあらず・・・

           ここでは、「会衆に向かって、自分が体験して得た人生哲学

           を話す人」といった感じ・・

           で、

           冒頭から「空の空、空の空、・・・」

           振り仮名がなかったら、ひよこ的には、

           「そらのそら、そらのそら、・・・」   

           ああ、すてきだわぁ、ぴょ!!

           なーんて思いながら、青い空を見上げて深呼吸。。。

           梅の香りが~

 

 ちゃうちゃう、ちゃうでっ!

           「くうのくう、くうのくう・・」

           春眠暁を覚えず、ついうとうとと、かわいい寝息でも・・

           それとも、成長期の子どもたちの腹の虫か?

なーんて思って読み進めると、

           「生きてゆくのは空しい。もうやってらんない!」

           ときましたから、ビックリ!

           ひよこなんか、状況に染まりやすいたちなので、

           胸苦しくなって、どんよりとしてしまいました。

           でも、よく味わえば、

           空回りしていると思われる日々の営みの底に、

           よどんでいる何かを発見できたかなあ?

           伝道者は、引きずって引きずって、

           最後の最後で、

           結論を突き付けました。

           懇願かも知れない。Σ(・□・;)

 

       

      そして、「雅歌」です。♥

           これは今までとは、趣がガラッと変わります。

           聖書の中の花園?

           ひよこのつたない言葉ではちょっと・・・

           人生の春を迎え、赤い糸で結ばれ、

           想い人に心震わせるような時が来たら、

           是非お読みください。     

           え!

           🐤のようにちょっと?とうが立ち過ぎた?とか?

           でも大丈夫。

           ステキな抒情詩としてお楽しみくださいませ。

 

           ここはぁ・・

           「イスラエルと神様の関係」ですよねと言う人や、

           いえいえ、「キリストと出会った人との関係」ですよ。

           「キリストと教会との関係」、

           (新約聖書では、「教会はキリストの花嫁」と呼ばれています)

           とかとか・・・

           

           ただ単に男女の愛の駆け引き」とか・・・

           諸説色々。

           でもって、ユダヤ人は仮庵祭りに伝道者の書を朗読し、

           過ぎ越しの祭り(出エジプト)には

           この個所、雅歌を朗読したとか。

           今もしているのか?

            

           登場人物は

              ソロモン王

              おとめ

              エルサレム若い娘たち

 

           彼らの掛け合いを通して、

           愛と信頼の関係を

           叙情豊かに表現しています。

           初めの言葉はこんな表現から…

・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 あの方が私に口づけしてくださったらよいのに。

あなたの愛は葡萄酒よりもかぐわしく、

あなたの名は注がれる香油のよう。

             (新改訳)

 

         そんなわけで、

         🐤が表現するには難しいので、

         それで、聖書を簡単にまとめた音声聖書をお勧めして

         「雅歌」はぴよぴよさせていただきます。

pypyhiyoko.hatenablog.jp

 

 ( `・∀・´)ノヨロシク

 

         

 

今どのあたりをピヨピヨ?(旧約聖書一覧表)

今、旧約聖書のどのあたりをピヨピヨしているのかとゆうと、

22巻目を読み始めたところで~す。゛;`;・(゜ε゜ )

 

聖書は旧約聖書39巻と新約聖書27巻からなっています。

まずは旧約聖書

 1創世記 天地創造、人類の始まり
 .+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。

 

 

 2出エジプト記

口べた指導者モーセ、エジプト脱出、

民族と神の契約*1

 .+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。

 

 

 3レビ記 礼拝規則など
 .+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。

 

 

 4民数記 イスラエル放浪記
 .+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。

 

 5申命記 モーセ最後のメッセージ
 .+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。

 

 6ヨシュア 約束の地カナン征服の過程
 .+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。

 

 7士師記 カナンでの300年
 .+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。

 

 8ルツ記 メシヤの家系ダビデ家の始まり
 .+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。

 

 9サムエル記・上  王国の成立
 .+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。

 

 

10サムエル記・下  ダビデ王の治世     
 .+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。

 

11列王記・上  北王国(イスラエル)、南王国(ユダ)に分裂。
 .+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。

 

12列王記・下 王国分裂の歴史約250年間
.+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。 

 

13歴代志・上 ダビデ王の治世
 .+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。

 

14歴代志・下 南王国について
 .+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。

 

15エズラ バビロン捕囚からの第一次帰還と神殿工事
 .+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。

 

 

16ネヘミヤ記 エルサレムの城壁再建
 .+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。

 

 

 

17エステル記 イスラエル人全滅計画を阻止した、王妃のお話
 .+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。

 

 

 

18ヨブ記 神様を信じているのに、なぜ辛い事があるのか・・
 .+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。

 

 

 

19詩篇 イスラエル人の神を讃える讃美歌集
 .+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。

 

 

 

20箴言 充実した人生を送るための応援歌
 .+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。

 

 

 

21伝道の書 ソロモンの人生論、地上の生活の空しいこと・・
 .+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。

 

 

 

22雅歌 愛の賛歌、結婚  (⋈◍>◡<◍)。✧♡
  .+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。  
23イザヤ書 メシヤ予言
 

 

24 エレミヤ書 エルサレムを救おうとする最後の努力
 

ユダ滅亡前の40年間活動する。

人々に涙を流して悔い改めを説いて回るも、

聞き入れられず…

25哀歌 首都エルサレム崩壊を目にした著者の呻き
 

背信の代価は大きいのです。

果たして、希望はあるのか・・・

26エゼキエル書 祭司から預言者に転職した人の働き
 

エルサレム残留ユダヤ人に生活態度を改めないと、

裁きがくだるとといた。そしてそのとおりになった後、

人々は彼の言葉に耳を傾ける。

27ダニエル書 捕囚の地で高官に大出世
 

 優秀児だったのでしょう。

バビロン政府や、ペルシャ政府の高官を歴任。

だからこそ敵も多かった。

救い主イエス・キリストの幻を見る。

28ホセア書 イスラエル人の反逆
 

 北王国の予言者。ダメ嫁をどこまでも愛する男。

しかし、妻は・・・。

神様とイスラエルもまた・・・

29ヨエル書 聖霊についての預言
 

 イスラエルの不信仰により、降り注ぐ災いを告げる。

しかし立ち返るなら、豊かな祝福が待っていると説く。

いつか、すべての人に聖霊が注がれる。

30アモス ダビデの終局的世界支配
 

ホセア、イザヤ、ミカと同時代の人。

ホセアと同じ南王国出身でしたが、

北王国について語りました。

彼も幻を見、悔い改めに伴う祝福を告げる。

31オバデヤ書 エドㇺの滅亡
 

エドㇺはエサウの子孫。イスラエルヤコブの子孫。エサウヤコブは兄弟。

ヤコブは父をだましてエサウの長子の権利を得、兄のもとを離れる。

32ヨナ書 ニネべへの憐みの使者
 

 イスラエルの予言者。敵国アッシリアのニネべに行って、

悔い改めのメッセージを語るようにと、神から示され拒否すると、

あら不思議・・・ 

33ミカ書 小さな田舎町からいざ・・
 

イザヤと同時代の予言者。

首都エルサレムイスラエルとサマリヤ、

ユダに語り掛けた。

34ナホム書 アッシリアの首都ニネべ滅亡。
   繁栄を誇っていたニネべに、神様の言葉と裁きを語る
35ハバクク 二つの疑問に悩む預言者
 

エルサレム滅亡直前のユダ王国の預言者。

彼の疑問に神様は・・・

36ゼパ二ヤ書 預言者ゼパ二ヤの厳しい警告
 

ヨシア王、予言者ゼパ二ヤの言葉に

奮起するも・・・

37ハガイ書 ゼカリヤと同時代の人
  帰還した人々を励まし、神殿再建築を完成させる
38ゼカリヤ書 ハガイと同時代の預言者
 

帰還した人々を励まし、神殿再建に尽力した。

幻をいくつも見て、キリスト到来の予言をする。

39マラキ書 帰還者を励ます預言者
 

ネヘミヤ、エズラ・・礼拝儀式、政治改革に

マラキ・・霊的問題を促す。

来るべきメシヤ(救い主)とバプテスマのヨハネについて。

 旧約聖書最後の書簡

*1:神の民族への恵み(救い)の約束

若さは「宝」!👑

 

 

   おお!Σ(゚Д゚)

 

気前よく与えよ。

後になって、人から助けてもらえるから。

与えたものが帰ってくる。

 

   わ!わ!そうですか。

 

エス様は

人に見せるために人前で善行をしないように気をつけなさい。

そうでないと、天におられるあなたがたの父から、

報いが受けられませんと言っておられます。

 

    そっと、そっとですね。

    でもぉ、そんな気持ちで与えてもいいのですかぁ?

     (・・?

 

胎児に「魂」が吹き込まれるのはいつか?

    神秘です。

 

だから、手を休めず種をまけ。

どの種から芽が出るか?

もしかしたら、全部芽が出るかも。🌱🌱🌱

    ラッキー!!( ´艸`)

何か返礼を求めずに、無心に種をまけ( ^ω^)・・・。

 

    おお、そうです!! 

 

生きるって素晴らしい!

今ここを、充分に、思いっきり、存分に楽しめ。

ただ、

永遠と比べたら、地上のことはみな空しいけどね。

 

    ああ、ここでも伝道師さんは呟かれる。(ノд-。)クスン

 

若さは素晴らしい!

四六時中、青春を謳歌し、

やりたいことも、

ほしいものも何でも手に入れよ。

 

   ここまで聞くと、

   成人式で傍若無人にふるまう

   チャラ者たちの姿と重なる。

 

けどね、

自分のしたことはみんな、

神様の前で申し開きをしなければならないってこと、

 

   知ってた?

   知らないよね。

   知ってたら出来ないかも。

   10年たってその画像を見せられたら、

   大概の人は赤面するかも。

   これも若さのなせる業。

   🐤は・・・・

 

青春時代は前途洋々、不可能はない!と思っちゃうよね。

もちろん、

活発に動けば誘惑も多く、重大な過ちを犯しやすい。

 

忘れちゃいけない!

 若さに酔って、創り主を忘れるな、ってこと。

 年とって、体が弱ってから神様を思い出しても手遅れだ。

 

   え!え!!

   手遅れってことないと思うけど、(・・?

   でも、若い時に知ることは良いことだ!

 

「ぶどう園の労働者」のたとえ話。 

あるぶどう園の主人が

朝から一生懸命働いた人にも、

昼過ぎから働いた人にも、

終業間際から働いた人にも、

みな等しく報酬を与えた。

そこで、

朝から働いていた人たちが文句を言った。

 

当然だよね!

でも、 エス様は言ったのね、

 

主人が平等に労働の報酬を与えたいと思っているのだから、

文句を言うなって。

労働組合がちゃんと機能していなかったのかしらね。 

朝からの人は、いやいや働いていたのかな?

待って、そういう事じゃなっくて、

たとえ話ですね。

例えばってこと。

 

信じる世界は、

臨終の最後の一呼吸の中にでも、

己の非礼を神様に謝罪するなら、

赦しの手続きはアッというまに完了して、

天国の書にその名前が記されるのだ!

 

 

   老婆心からか、伝道師からのだめ押しです。

 

あなたの若い日に、

あなたの造り主を覚えよ。

悪しき日がきたり、年が寄って、

「わたしにはなんの楽しみもない」と言うようにならない前に。

 

 神を恐れよ!

神の命令を守れ!

これが人間の本分である。

神は、善であれ悪であれ、すべての隠れたことについて

さばかれるからだ。

 

(参照:口語訳、リビング訳、新改訳、現代訳)

 

 

今日で「伝道の書」は終わりで~す。

 

 

f:id:pypyhiyoko:20180205123941j:plain

 

 

 

 

広告を非表示にする

そんなことないよね 😅

いつも使っている緑道に、去年から立て札が立った。

ぎっし詰まった字を、じっくりと読んだことはない。

けれど、イラストが載っていて、

歩行者専用、

自転車専用、

ペットお散歩専用が

出来るようだ。

そしたら、かわいい~!なんて、

声をかけられなくなっちゃうんだね。(´Д⊂グスン

黒目をくるくると動かしてみても、

開始日時が見当たらない。

そんなことないよね。

 

カルガモの親子はどっちが親だか見分けがつかなくなったし、

暖かくなったら、

始まるのかもしれない。

親切な住民の保護があっても、

アッとゆうまに数が減って、

生存の厳しさを目の当たりにする。

(多頭だと子殺しもあるとか)😩

 

歩道はつぎはぎだらけだし、

沿道の桜は結構古くなって、立ち枯れそうになっているのがあったり、

イルカに乗った少年の噴水は止まって、

そういえばもう何年にもなる。

江戸時代は水路だったろうと思われる緑道の両脇は、

途切れることなく住宅が続き、

この緑道を見守っている。

 

住民の皆様には、

工事中の騒音が大変かも。

生まれ変わった緑道が待ちどうしいような、

そうでないような・・🐤

 

 f:id:pypyhiyoko:20180128181419j:plain

 。

雪かきに挑戦!

 

毎回毎回、伝道者はつぶやきます。

空しい・・・・

ひよこまで、はぁぁぁ・・🐤

大きなため息は、こちらまで吐き出されて、

どこかへ消えてしまいそうでデ・・辛い。( ;∀;)

 

そうでした!

彼は旧約の世界に生きているんでした。

新約の世界をまだ知らされていないのでした。

 それでも、道しるべはあるみたい。

 

人生最後の道しるべ、「死」。

押し寄せる濃霧の切れ目から見え隠れするのは、

断崖絶壁の崖っぷちと、不気味に口を開けた闇。

吹きすさぶ汐風に、髪は、生あるもののように鎌首をもたげて乱れる。

飛ばされそうに揺れる体を、二の足で踏ん張ってみても、

「死」は確実にやってくる。

「死」、それはすべての終わりだ!!

その先は無いのだ!

 

この世に生を受けたからにはと、

一生懸命働いて、

地位も名誉も富も手に入れて、

確かな友情と、暖かな家族にも恵まれた。

 

それも、これも、砂上の楼閣か。

押し寄せる波が、死が、

全てを奪い去ってしまうのか。

 

王様も、その日暮らしの貧者も。

「死」が、波が、丸裸にして飲み噛むのだ。

 

だから、だから、今、この時を楽しむのだ。

喜びをもってパンを食べ、

楽しい心で酒を飲み、

愛する妻と楽しく暮らすのだ。

神様がそれを許しておられる。

 

さあ、あなたの衣を常に白くし、

その頭に油を絶やすな。 

 

そうだ、 

知恵ある人の穏やかな言葉は、

王の怒鳴り散らす言葉より、

値打ちがある。

知恵は武器にまさるものだが、

たった一回のミスで、( ;∀;)

物事全部をだめにする。

 

伝道者は待ち受ける死を認めつつ、

空しさの中からも、

今ある命を大切にし、

与えられている時を有効に使えと訴え続けています。。

 

さて、断崖絶壁に立つ道しるべ、「死」。

その道しるべは、本当に断崖絶壁に立っているのでしょうか?

 

濃霧があたりを埋め尽くし、

波の音がするだけだけれど、

風よ吹け!

そして、この霧を払いのけるのだ!🐤

 

 参考聖書:口語訳、新改訳、リビング訳

 

・・・・

 ⛄

先日23日、雪かきに挑戦した。

こんな機会はめったにない。

 

小一時間ほど体を動かしたら、

ぽかぽかぁ。( ´艸`)

ポカポカを通り越して、汗が・・・

 

雪国の方にとって、

雪かきなんてお手のもの。

雪なんて (# ゚Д゚)!!

と思われているかも。

 

あんな少しの雪で、東京大渋滞。

笑っておられるかも。

ほんと、雪による耐性が低すぎますね。

だからって、

数年に一度の雪対策、

予算がぁ・・・でしょうか?

 

あら?🐤

腰は大丈夫だったけど、

二の腕にこだわりが・。

次回の雪かきに備えて、

眠っているダンベルを目覚めさせなければ・・・

 

今日25日は、すっごく寒い日らしい。

洗濯物を干した母が、

しばらくして見に行ったら、

ガチガチだよぉ~!と、

部屋に飛び込んできました。

 

f:id:pypyhiyoko:20180123155542j:plain

 

 

 

 

広告を非表示にする