ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

逃亡中のダビデをささえて

「父は君に殺意を持っている。逃げて!」

大親友サウル王の息子ヨナタンは言った。これからどうしたらいいのだ・・一瞬迷ったものの、ダビデの足はノブの町の祭司アヒメレクに向けられました。

アヒメレクは、預言者サムエルが仕えた祭司エリの曽祖父です。彼はダビデのただならぬ様子を見て取って、彼の求めに応じ、パンと武器を与えました。普通のパンではありません。祭司しか食べられない「聖別されたパン」をです。武器はダビデが少年の頃、巨人ゴリアテと戦って得た剣です。

後に、この行為はドエグの告げ口により、サウル王の知る所となりました。

祭司の町ノブを襲い、人も家畜もすべて殺せ!」

「祭司を殺す?!!」

家来たちは二の足を踏んだので、密告者のドエグに命令しました。

f:id:pypyhiyoko:20210408145637j:plain

 

この時、85人もの祭司が剣の下に倒れました。奇跡的にアビヤタルだけが助かって、ダビデと合流できました。それからはダビデと行動を共にし、祭司の務めを果たしました。

これは昔、幼子サムエルが仕えた祭司エリの元に、神の人が現れて言ったことの成就でした。

 「しかし、あなた(エリ)の一族のひとりを、わたしの祭壇から断たない」サムエル上2:33

 ダビデはノブの祭司のもとを後にすると、ペリシテの地に逃げました。敵地です。すぐ兵士に正体を暴かれ、王の前に引っ張り出されたので、咄嗟に狂人を装って難を逃れました。

それから、ユダの西部アドラムの洞窟に落ち着きました。ダビデは父の母親である、ルツの故郷モアブのミヅパへ行き、モアブの王に、ことが落ち着くまで両親を預かってもらいました。

その頃ダビデの周りには、約600人ものならず者が集まってきました。ダビデは彼らを訓練し、規律ある兵士に仕立てあげました。

f:id:pypyhiyoko:20210409160226j:plain



そんなダビデ預言者ガドは言いました。

「要害を離れユダの地に行け」

ダビデはユダのハレテの森へ移動しました。

「アドラムにあるケイラの脱穀場がペリシテ人に襲われている!」

毎年、収穫時期を狙っての強奪です。そこはジブの荒野から10キロくらいの近場でした。自分が動けば、サウルに居場所を知られてしまう。悩みました。それで二度も、神様にお伺いを立ててから、助けに向かいました。

一時、感謝されるも、サウル王の非難を恐れ、ダビデはケイラの人に密告されてしまいました。酷い!でもそれは想定内のことでしたから、ダビデはケイラの人々を非難しませんでした。

それからです。サウル王の追跡は激しさを増し、危うい場面もありました。

そんなこんなで「いつか捕まって殺される」と恐怖が募り、あろうことか、敵国ペリシテの、ガテの王アキシの所に身を置きました。「ここならサウル王も追ってはこれまい」ダビデはふんだのでした。滞在期間は1年4か月。アキシ王を巧妙に欺きながらの滞在で、これはこれで大変だったと思います。

その頃サムエルが亡くなりました。

f:id:pypyhiyoko:20210408145934j:plain

 

ペリシテはイスラエルに戦争を仕掛けました。アキシ王は絶大な信頼をダビデに寄せていたので、身辺警護を依頼しました。ビックリしたのは部下たちで、彼らの激しいブーイングで白紙になりました。それで良かったのです。アキシ王が不信をいだくことなく、サウル王と剣を交えなくて済みましたから。神さまの御配慮ですね。

この戦で、サウル王も親友ヨナタンも亡くなりました。

ダビデは神様の導きで、ユダのヘブロンに戻りました。

それから、サウルの子イシボセテと7年間戦って勝利し、晴れて、イスラエル玉座に座ることができました。

預言者サムエルから油注がれた少年時代、そして逃亡生活を経ての玉座ですから、感無量だったことでしょう。

念願だった「神の箱」を取り戻し、平和な日々が続きました。

戦いの中に生きてきたダビデは、いつも次の戦のことを考えていました。

「自国の国力はどうなっているか?」

それで、国政調査を部下のヨアブに命じました。それに対しヨアブは目を見張って言いました。

「神様がイスラエルを祝福しておられます。この上、国勢を知る必要がありましょうか?」

それでも強行したので、後味の悪い思いに悩まされました。これはダビデの神様への不信の表れでした。

f:id:pypyhiyoko:20210408150115j:plain

 

やって来ました!預言者ガドです。(っ´∀`c)

国勢調査をした罪です。三年の飢饉か、三か月の負け戦か、三日の疫病か、一つを選べ!」

ダビデは迷いつつ、断腸の思いで疫病を選びました。

一夜にして7万人が倒れました。神様はそれを憐れみガドに伝えました。

「エブス人アラウナの打ち場と捧げる牛を買い取って、祭壇を造れ」

ダビデはすぐ実行に移し、土地と牛とを買い求め、神様に燔祭としゅう恩祭をささげました。

 

ダビデからソロモンへと王国は受け継がれますが、ソロモンの代でイスラエル王国は分裂し、南ユダ王国と北イスラエル王国に別れました。

 南ユダ王国13代目のヒゼキヤ王の時に、大規模な宗教改革がありました。その時神殿の中から、ダビデ王や預言者ガドと預言者ナタンが書き残した、神殿礼拝音楽の指示書が見つかりました。それをもとにして、礼拝の時にはシンバル、竪琴、琴、ラッパなどで演奏し、聖歌隊ダビデ王作詞の歌を歌ったのでした。

 

f:id:pypyhiyoko:20210408150846j:plain

 

預言者ガド(割り込む→うち勝つ→成功するから→)幸福の意味があり、預言者として先見者として苦しい時代のダビデを支えました。また、自分の生きた時代の歴史書を書き残したようです。同時代に共に働いた預言者ナタンが次回登場します。

 

 

サムエル、大忙し!

祭司エリの後を継いだサムエルは、精力的に働きました。彼は祭司であり、預言者であり、士師であり、そして二人の息子の父親でもありました。

 

f:id:pypyhiyoko:20210327120650j:plain

 

ラマを拠点として、周期的にべテル、ミヅパをめぐってイスラエルを裁きました。また、細々と生き延びた預言者たちを励まし、統率し、預言者学校では未来の若い預言者たちをも育てていました。そして、家族の待つラマに戻るのでした。と言っても、家族団らんの時はそう持てなかったかもしれませんね。

歳を重ねると、祭司職の仕事を二人の息子にも任せるようになりました。

しかし二人の態度は民を嘆かせ、神政政治に失望し、王政を求める理由の一つになってしまいました。

サムエルは、なんとか民を説得しようと試みますが、民の要求は強く、サムエルを悩ませました。

すると神様はおっしゃいました。

「ベニヤミン族のサウルを初代王とせよ」

それで、ミヅパに12部族の代表者たちを集めて「イスラエル初代の王だ」と宣言しました。サウル王生存中に次期王はダビデだと油を注ぎました。

 

f:id:pypyhiyoko:20210327120730j:plain

 

これでサムエルは時代の転換期、イスラエル神政政治から王政へ、士師の時代から王国への橋渡しをしたことになりました。サムエルは、イスラエル最盛期の輝かしい時代を見ることもなく亡くなりました。

サムエルの養成した若き預言者たちは、イスラエル王国の全土に散らばり、約500年以上も継続しました。

 

次回はサウル王と部下ダビデ(隠れ次期イスラエルの王)の時代に、働いた預言者たちのお話です。

f:id:pypyhiyoko:20210327121908j:plain


 

母の祈り

「長男をお授けくださったら、その子は神様にお捧げします」

 

子宝に恵まれなかったハンナでしたが、祈りにより授かった子がサムエルです。「神の子」「彼の名は神」の意味が含まれています。

 

f:id:pypyhiyoko:20210326153650j:plain

ハンナは息子サムエルが乳離れするまで、毎年行っていた宮参りには参加せず、子育てに専念しました。そして子供が乳離れすると、夫と共に宮もうでに行きました。それはまた、息子サムエルを手放す日でもあり、神様との約束を果たす日でもありました。

日ごとに賢く愛らしさを増す幼子。母として、心中の葛藤やいかばかりか。察して余りあるところですが、彼女の信仰は揺ぎ無く、神様に麗しい幼子をお捧げ出来ることを感謝していました。

 

ラマの北、約24キロのシロには、ヨシュア時代からサムエル時代まで幕屋がありました。サムエルの幼少期はそこで過ごしたことになります。

 

それからの年ごとの宮参りは、幼子にあえる喜びの日となりました。ハンナはそれに続いて5人もの子宝に恵まれたました。これでサムエルは6人兄弟の長男ですね。

 

 サムエル誕生の頃のイスラエルは、信仰的にも政治的にも道徳的にも堕落していました。信仰深い預言者が絶えて久しかったからです。

ある時、一人の神の人が祭司エリのもとに来て、エリの息子の不品行を指摘しました。そして「息子は殺され、エリも死ぬ」と告げました。

 

祭司エリは年をかさね、目が不自由なると、幼子サムエルはエリの目となってお仕えしました。

ある夜のことでした。就寝中のサムエルは、自分の名を呼ぶ声で目を覚ましました。

「祭司様が呼んでおられる」

しかしエリは呼んでいませんでした。そんなことが三回も繰り返された時、もしかして、これは・・と、エリの勘が働きました。

 

「サムエル。今度呼ばれたら、

『僕は聞きます。主よ、お話しください』と言いなさい」

 

その夜サムエルは、神様からお言葉をいただきました。

その内容は先日、神の人がエリに語られた事と同じでした。それは将来サムエルが、エリに変わって、祭司としての働きをもする事の予告でもありました。

 

f:id:pypyhiyoko:20210326204732j:plain

「主が彼と共におられて、その言葉を一つも地に落ちないようにされたので、ダンからべエルシバまで、イスラエルのすべての人は、サムエルが主の預言者と定められたことを知った」

 

ある年のことです。ペリシテ人との戦いで神の箱が奪われ、祭司エリと二人の息子も亡くなりました。サムエルが聞いた預言のごとくでした。そんなこんなで、民の不安が高まった時、サムエルはシロに、12部族の主だった人々を招集しました。

 

「戦に負けた原因は分かっていますか。神の箱はお守りではない。目に見える物に頼るな。イスラエルの神は全能の神だ。目に見えず触れることもできないが、確実に存在しておられる。心を主に向け、悔い改めて祈れ。さすれば神はペリシテ人の手から我らを守られる」

 

 再びペリシテ人が攻めてきた時は、良く晴れ渡った日でした。そこに突然、黒雲が湧きあがり、雷鳴凄まじく鳴り響響き、ペリシテ人に襲い掛かりました。敵は驚き、士気が乱れ、総崩れになりました。イスラエルは、その機を逃すな!とばかりに、一気呵成に攻め立て、敵を蹴散らし勝利しました。それで、かって自国だった土地を取り戻したのです。これに懲りてか、ペリシテ人サムエル生存中は、イスラエルに近づきませんでした。

 

f:id:pypyhiyoko:20210326205424j:plain

 

 サムエルの働きは祭司であり、預言者であり、士師でした。ラマを拠点として、周期的にべテル、ミヅパをめぐってイスラエルを裁き、未来の預言者たちを育てていました。

 

ラマ:サムエルの働きの拠点です。エルサレム北10キロにあって、サムエル生誕の地。そこは彼の埋葬の地ともなりました。

 べテルラマの北8キロの所にあって、預言者学校を建てました。そこからの眺めは最高で、エバル山、ヘブロン、ミツパが見渡せました。

べテルにこだわったのは、アブラハム契約の相続人となったヤコブが、天の梯子を見た場所でした。それに「ヤコブ」改め「イスラエル」と改名した場所でもあったからでしょうか。残念なのは、後に子牛礼拝のメッカとなってしまったことです。

ミヅパ:ラマの西にありましたそこにも預言者学校を建てました。

 

f:id:pypyhiyoko:20210326205856j:plain

 

自分勝手、気ままに生きていたら・・

ドラマチックなエフタの次は、ベツレヘムのイプソンが、7年間イスラエルをさばきました。彼は60人もの子だくさん。それからゼブル人エロンが10年間。ピラトン人のアブドンが8年間。イスラエルをさばきました。アブドンも40人の息子と30人の孫がいたそうです。 Σ(・□・;)

 

f:id:pypyhiyoko:20210225160231j:plain

それから40年間、ペリシテ人の影響下に置かれてしまいました。理由はイスラエルが真の神様をないがしろにしたからで、それは言わずもがなですね。

f:id:pypyhiyoko:20210225124159j:plain

そんなイスラエルの苦境を救ったのが、最後の士師と呼ばれたサムソンでした。彼は20年間イスラエルをさばきました。彼は生まれたときからのナジル人。*1

しかし、その生きざまは、ナジル人としては規則破りの連続で、奇想天外な人生でした。彼の散り際は、純粋無垢な彼の魂が炸裂した時でもありました。後日、がれきの下にうずもれていたサムソンを、親戚縁者が掘り起こして引き取ったそうです。前古未曽有なことをなしとげた彼の顔は穏やかで、満足感と平安に満ちていたのでは・・・。

あ!もしかしたら、外傷無のきれいな体だったりして‥これはあくまでもひよこの願望ですが。🐤

この時、亡くなったペリシテ人の被害は甚大でした。よくも、サムソンの遺体を無事に引き取らせてくれたものですね。🐣

 

イスラエルには王がなかったので、人々は各々自分たちの身に正しいと思うことを行った」

 

士師記17章以下、忌まわしい事件が続きます。

f:id:pypyhiyoko:20210225152320j:plain

そうです、

「当時のイスラエルには王がなく、各人が正しいと思うことを気ままに行っていたのです」

 

はたしてイスラエルに秩序はうまれるのか?!

 

生まれましたぁ!! 偉大な予言者!その名はサムエル!\(^o^)/

f:id:pypyhiyoko:20210225152926j:plain

 

 

 

 

*1:ナジル人の規則は禁酒と、けがれた物に触れてはいけない。そしてサムソンは髪を切ってはいけなかった。

英雄エフタの宝物は・・

エフタは家の門をくぐるまで娘の姿を捉えることはなかった。人々が押し掛ける中、恥ずかしがって出てこれないのかもしれないな。そう思って家の玄関に目をやった。

アッ!! 娘が!笑顔で!鼓を手に!

軽やかに舞い踊りながら飛び出してきた!

f:id:pypyhiyoko:20210205234605p:plain

その時だった。エフタの鼓膜を張り裂けんばかりの轟音が襲った。

あぁぁ!Σ(・□・;)

思わず唇から声が漏れて、それを抑えようと口に手を押し当てて、彼の足は止まった。大きく見開かれた目は、怖れ慄いているように見えた。エフタは意味の分からない声を張り上げながら、ビリビリと衣を引き裂いた。それからどうやって家に入ったのか。覚えていない。ただ屋内に響き渡る家畜の鳴き声が虚しかった。🐐

家の前に集まった会衆はあっけにとられ、何が何だかわからぬまま、見てはいけないものを見てしまったような後味の悪さを胸に、こそこそと散っていった。エフタは一人部屋にこもって呻いていた。

 「バカな・・どうかしている!こんなことになるのなら、王になんか、、ああ!意味がない!自分を苦しめた者を見返してやろうなどと・・ああ!なんという愚か者めが!!」

エフタはキリキリ痛む胃を取り出して、ずたずたにしたかった。こんなバカな父親の頭をぶち壊したかった。床にガンガンと握りこぶしと額を打ち付けて泣いた。

どのくらい経ったのだろうか、エフタは叫び疲れて暗い部屋の中でうずくまっていた。

そんな部屋の戸がおずおずと動いた。心配にふるえる娘の声にエフタは顔を上げた。部屋に差し込む明かりの中で娘の父親は顔を上げた。

「まあ!」

エフタの両手と額に血が滲んでいた。

驚く娘の声を聞いて、とっさに彼は背を向けて言った。

「心配かけてすまないな。お父さんはどうかしているよ。顔を洗ったら話があるから・・」

 

f:id:pypyhiyoko:20170605123005j:plain

その日、初めて二人は向かい合って座った。

向かい合ったものの、言葉がエフタの唇に上ってこなかった。鼻の奥がツゥンと痛くなり、喉の奥から嗚咽が飛び出してきそうだった。 エフタは唇をかみしめてそれを押しとどめていた。

娘はそんな父親の姿を一度も見たこともなかったので、何か重大な秘め事を話そうとして苦しんでいる父親を、ただじっと見つめているしかなかった。

「娘よ、許してくれ。今回の戦を始める前に、私は神様に誓ったのだ。『この戦に勝利させてくださった暁には、私の家から、最初に私を迎えに出た者を、あなたの捧げものとしてお捧げします』とな」

エフタは机に押し付けるように頭を下げた。

沈黙が続いた。エフタは目を閉じていた。その彼の耳に娘の落ち着いた声が聞こえてきた。

「お父様、どうか頭を上げてください」

娘の顔は青ざめていたが、言葉はしっかりしていた。

「神様は祈りにお答えくださって、アンモン人を撃退なさったのです。この素晴らしい勝利を喜び、神様を崇めましょう。そして約束は守りましょう」

娘は机の上で両指を組んだ。

「ですがお父さま、友達とお別れをするため、 二か月間の猶予をください」

エフタは首を何度も振りながら言った。

「ああいいとも。行くがよい」


二か月後、エフタの愛娘は約束を守って、父のもとに帰ってきた。一緒に戻ってきた娘たちの中で、その顔は晴れ晴れとして明るかった。そして別れの日はあっという間にやってきた。

「お父様、お体に気をつけて。神様が共にいてくださるのですから、恐れることなく大胆に、与えられた責務を果たしてください。私も、身も心も神様にお捧げして、神殿でのご奉仕を全ういたします。神様のおそば近くにおつかえできるのですから、心配しないでください」

けなげな娘の言葉に、涙が滂沱として流れ落ちるエフタは、ただ肩を震わせ、唇をわななかせるだけだった。😿

f:id:pypyhiyoko:20210206001149p:plain

エフタは6年間イスラエルを裁いた。

エフタの娘はその後、祭司エリのもとに引き取られた幼いサムエルと、神殿のどこかで出会っていたかも・・・・・かも・・ですが・・🐤ピヨ!

エフタの奥さん出てきませんねぇ~。奥に隠れているのか?亡くなられたのか?父子家庭だったとしたら、男手ひとつで育てた一粒種の娘だったら・・😿