読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

もっと利口になりたぁい!そんなあんちょこってあるの?

あざける者を戒める者は、自ら恥を得、

悪しき者を責める者は自ら傷を受ける。

あざける者を責めるな、

おそらく彼はあなたを憎むであろう。

知恵ある者を責めよ。彼はあなたを愛する。

知恵ある者に教訓を授けよ。

彼はますます知恵を得る。

正しい者を教えよ、彼は学に進む。

主を恐れることは知恵のもとである。

聖なる者を知ることは、悟りである。

口語訳

 

人をばかにするような者にそれを注意すると、

しっぺ返しをくらいます。

せいぜいかみつかれるのが落ちです。

好意でしても憎まれるばかりだから、

かかわり合いにならないことです。

しかし、知恵のある人は違います。

注意すると、前以上にあなたを愛します。

知恵のある人を教えなさい。

そうすれば、ますます利口になります。

正しい人を教えなさい。

その人は、もっともっと多くのことがわかるようになります。

知恵の基本は、神様を恐れ、大切にすることです。

物事がよくわかりたかったら、まず神様を知りなさい。

リビングバイブル訳

 

f:id:pypyhiyoko:20170106180403j:plain

今年もピヨピヨ ・・・(´;ω;`)…( ´艸`)…

主(神)が昔そのわざをなし始められるとき、

そのわざの初めとして、わたし(イエスキリスト)を造られた。

いにしえ、地のなかった時、

初めに、わたしは立てられた。

まだ海もなく、また大いなる水の泉もなかった時、

わたしはすでに生まれ、

山もまだ定められず、丘もまだなかった時、

わたしはすでに生まれた。

・・・

彼が天を造り、海のおもてに、大空を張られたとき、

わたしはそこにあった。

彼が上に空を堅く立たせ、

淵の泉をつよくし定め、

海にその限界をたて、

水にその岸を超えないようにし*1

また地の基を定められたとき、

わたしは、そのかたわらにあって、名匠となり、

日々に喜び、常にその前に楽しみ、

その地で楽しみ、

また世の人を喜んだ。

口語訳8:22~

 

年初から涙の個所で始まってしまった。

飛び越すこともできたけど、

あえて載せました。

 

理解不能な出来事や、受け入れがたい現状。

ひよこにとって住みやすいと思っている住環境が

一瞬にしてひっくり返される。そんなとき、

一体どうやって、聖書のお言葉を受け入れられるのだろうか???

ひよこにとって良しとすることと、神様の義とは違うのだろうか?

?????の中で今年もスタートです。

 

いつも喜んでいなさい

絶えず祈りなさい。

すべての事について、感謝しなさい。

これが、キリスト・イエスにあって、

神があなたがたに求めておられることである。

          Ⅰテサロニケ5章:

 

これがまた、神様からの無理強いです。でも、

聖書を読んでゆくと、からくりがあるんですよね。

神様ったら憎いお方です。(´;ω;`)( ´艸`)

 

f:id:pypyhiyoko:20170102123847j:plain

*1:あの時まで何気なく読み過ごしていたけど、今はここを読むだけで涙が・・。何故ですか?超えたじゃあないですか?(# ゚Д゚) この個所を、あの人たちには読ませたくないよ。沢山の何故ですかが、押し寄せてくる。海がその限界を超えたのか? 人類がその限界を超えたのか? その警告なのか? 善良な人々のささやかで平和ないとなみが、そこにはあったのに・・。 沢山の????を抱えて、それでも泣きながら、餌をあさらずにはいられない、このひよこの浅ましさ。ゆるしてください。。  ( ;∀;)・

もとめつづけて・・・

 

わたしによって、王たる者は世を治め、

君たる者は正しい定めを立てる。

わたしによって、主たる者は支配し、

つかさたる者は地を治める。

わたしは、わたしを愛する者を愛する、

わたしをせつに求める者は、わたしに出会う。

富と誉とはわたしにあり、

すぐれた宝と繁栄もまたそうである。

わたしの実は金よりも精金よりも良く、

わたしの産物は精銀にまさる。

わたしは正義の道、公正な道筋の中を歩み、

わたしを愛する者に宝を得させ、

またその倉を満ちさせる。

 

・・・( ^ω^)・・・ 

 

我に由りて王者は政(まつりごと)をなし 

君たる者は義(ただし)き律(おきて)をたて

我によりて主たる者および牧伯(つかさ)たちなど

凡て地の審判人(さばきびと)は世ををさむ。

われを愛する者は我これを愛す

我を切(せち)に求むるものは

我に遇はん

富と榮とは我にあり

尊き寶(たから)と公儀(ただしき)とも亦然り

わが果(み)は金よりも精金よりも愈(まさ)り

わが利は精銀よりもよし

我は義き道にあゆみ

公平なる路径(みちすじ)のなかを行む

これ我を愛する者に貨財(たから)をえさせ

又その倉を充たしめん爲なり (文語訳)

 

 

f:id:pypyhiyoko:20161226150329j:plain

 

 

一日の始めに・・・

 

親の言いつけを守りなさい。

かた時も忘れないように。

その教えをしっかり頭にたたき込みなさい。

昼も夜も彼らの助言に従えば、

いつも安全です。

朝、目を覚ましたら、

教えどうりに一日を始めなさい。

危険だとわかっていればこそ、

前もって忠告してくれるのです。

だから忠告を聞き、充実した人生を送りなさい。

 

 

 ・・・・・・・・・・・・・

      f:id:pypyhiyoko:20161223152348j:plain

まずは、お洗濯!!

 

   『主の憎むものが六つある。

    いや、主ご自身のいみきらうものが七つある。

    高ぶる目、偽りの舌、

    罪の無い者の血を流す手、

    邪悪な計画を細工する心。

    悪へ走るに早い足、

    まやかしを吹聴する偽りの証人、

    兄弟の間に争いをひき起こす者。』

 

大なり小なり、

ひよこの心には主の嫌われるのもがあると思う。

瑞々しいころは、日の光に漂う塵にも、心が乱されたけど、

今は目もかすみ、

それらを胃の腑に収めるゆとりが

少しは生まれ・・?????

 

 

そんなわけで、神様、

ひよこは罪深いものでございますが、

罪深さを秘めていることを日々自戒しつつ、

あなたのあたたかな眼差しの中で、

今日も、ぴよぴよです。

 

クリスマスを前に、

まずは心のお洗濯!!

f:id:pypyhiyoko:20161217163148j:plain