読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

さあ、心をさだめよ!


   お前は国のこちら側を、
   わしはあちら側を、それぞれ手分けして探そう。

アハブ王は宮殿の管理人オバデヤに言った。
長引く飢きんに、王が保有する馬やラバの食料が底を突いてきたのだ。
このままでは全滅だ。
王は必死だった。

オバデヤは王に示された道を進んだ。
彼は真の神様に忠実な僕でした。
王妃イゼベルが真の神様に仕える預言者を迫害したとき
100人もの預言者を二手に分けて匿い
パンと水とを与えて養ったりなんかしましたが、
それはすべて極秘でした。
そんなことが王家に知れたら・・・
そうです、今、こうして歩いてなんかいられませんからぁ〜。

はて? オバデヤは足を止めた。
彼の行く手に人が。
道の真ん中に・・・。
異様な容姿の男が仁王立ちだ。
彼は飛び上がらんばかりに驚いた。

   あれは、エリヤさんでは?
   そうだ、あの姿は間違いない。

彼はその男のところへと走って行き、
ガバッとひれ伏した。
オバデヤの後を舞い上がった土埃が追ってきて
慌てたように彼を包んだ。

   あなたはエリヤさんですね。

エリヤは黙ってうなずいた。
オバデヤは一瞬あたりを見回してから
少し声を潜めて言った。   

   いけません。
   このように人目につくところにいては。
   アハブ王様は今でも手を抜かずに、あなたを追っています。

エリヤはやさしくオバデヤを見つめ返してから言った。

   これでいいのです。
   アハブ王に私がここに居ることを告げるのです。

   待ってください。
   私が王様のところへ引き返しているまに
   神様があなたを匿われるでしょう。
   そうすれば、私は殺されます。

   何も心配することはないのです。
   私は逃げも隠れもしません。
   これは神様からの指示なのです。
   安心して知らせに戻りなさい。
王は喜んだ。

   
   はは、自分から姿を現したか。
   逃げ切れないと観念したのか。
   よし、直ぐ行ってひっとらえよ。
   いや、わしが行こう。


王は沢山の兵を引き連れて、エリヤのところへやってきた。

   イスラエルに災いをもたらす者よ。
   雨を降らせよ。さもなくば殺す。

   災いをもたらす者とは
   王よ、あなたのことです。
   ヤラベアムの道から離れよ。
   神様の怒りが、雨を止めておられるのだ。

   そうだ、どちらの神が本当に力のある神か
   カルメル山でためしてみよう。

   イスラエルの民と
   バアルの預言者450人とアシュラの預言者400人を
   カルメル山に集めるのだ。
   祈りの対決だ。
   その時、若い雄牛2頭を連れてくるのだ。
エリヤは大声で言い放つと、
兵の隊列の真ん中を誰に触れることもなく通り抜けて、
一路、カルメル山へと向かった。

そこは海を見下ろす見晴らしのよい場所だった。
足元からは絶えず湿気た潮風が吹き上げていて、
立ち枯れた木々が、岩肌にコケのようにへばりついていた。

そこには古びて崩れかけた主の祭壇があった。

エリヤがそれを見つけたとき、
鳴り物入りでアハブ王が上ってきた。
長いのぼりが風に吹流がれ、
太鼓の音と笛の音が駆け上がってきた。

   さあ、お前たちの祭壇を築くのだ。
   連れてきた雄牛はささげものだ。
   先におまえたちが選ぶがよい。
   それを整えて、薪の上に載せるのだ。
   私も同じようにしよう。
   火はつけるな。

   私のほうは、私一人だが、
   お前たちには450人もいる。
   人数が多いお前たちから先に始めるがいい。
   神に求めて祭壇に火をつけてもらえ。
   祭壇に火をつけて
   焼き尽くしてくれた神こそ真の神様だ。   
エリヤはイスラエルの民に振り向くと、
杖を振り上げながら言った。

   おまえたちはいつまで二つの間でさ迷っているのか、
   目を覚ませ。
   この場所で心を定めよ。

その言葉はイスラエルの民の心に飛び込んで
彼らの心はざわついた。