ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

北も南も、大掃除!

8歳で王となったヨシヤ王は右にも左にもそれることなく・・

 

やっぱり側近がしっかりしていたんだね。

お父上もお爺様も悪名高き王様でしたけど、

曽祖父のヒゼキヤ王の宗教改革で目覚めた人たちによって

幼子はスクスクと成長なされました。

だから、在位18年目には神殿修復を思い立ち、

神殿に集められたさまざまな銀を集計し、

支払いなどに使えるように、

溶かして一定の規格と重さの粒にしてから、

祭司ヒルキヤに手渡しました。


   あら! 似てますね!

   7歳で王様になったヨアシ様。

   あら!ヨシヤとヨアシ! 

   お二人とも、神殿改築を指示しています。

   作業員は正直者ばかりだから、

   金銭については細かくチェックをしなかった!!

   似てる!益々似てるう~~!

   でも、ここからは違います。

 

f:id:pypyhiyoko:20140630182639j:plain

大祭司ヒルキヤは神殿修理のため、

普段使わない部屋や倉庫の中を片付けていました。

するとどうでしょう。

雑多な書類に埋もれるようにして、一つの壷が現れました。

埃をかぶっています。一見粗末な壷のように見えます。

それなのに、しっかりと封印されていて、中には巻物が!!

   はて?何だろう?? 

何気なく中を覗いてヒルキヤ、ビックリ!!

とゆうのも、あのね・・・・

いえ、まずは王様に。

とゆうことで、

彼は早速、王の書記官シャパンに次げ、シャパンはヨシヤ王に伝え、

そして王は言いました。

   「私に読んで聞かせてくれ。」

ヨシヤは興味深げにキラキラと瞳を輝かせながら言いました。

   『イスラエルよ聞け。われらの神、主は唯一の主である。

    あなたは心をつくし、精神をつくし、力をつくして、

    あなたの神、主を愛さなければならない。』

   『あなたの神、主は神にましまし、真実の神にましまして、

    彼を愛し、その命令を守るものには、契約を守り

    恵みを施して千代に及び・・・』

   『あなたがたは他の神々、すなわち周囲の民の神々に従ってはならない。

    あなたのうちにおられるあなたの神、主はねたむ神であるから、

    おそらく、あなたに向かって怒りを発し、

    地のおもてからあなたを滅ぼし去られるであろう。』

 

シャパンは声を張り上げて読み始めましたが、

途中、恐ろしくなって途切れがち。

なんとか最後まで読み終えて目を伏せた彼の耳に

ビリビリと衣を裂く音が聞こえてきました。

ヨシヤ王様です。

恐れが王の心を締め付け、なかなか言葉が出てきません。

それでもなんとか心を落ち着けるといいました。

   「恐ろしいことだ!

    わが国は神様のお言葉に背いて生きてきた。

    そのことの故に、主の怒りが本当にそそがれるのか?

    預言者の所に行け!

    私のため、民のため、ユダ王国のために祈ってもらうのだ!!」


祭司ヒルキヤ、書記官シャパンとその息子アヒカム、王の大臣アサヤ、

ミカヤの子アクボルとが早速出かけてゆきました。

そうそうたるメンバーですね。

あれ?エレミヤさんの所では??

なんと女預言者の所へでぇ~す。

衣裳部屋を守る人の奥さんの所。

ちゃんとした女預言者で、下町に住んでいました。

   イスラエルの神、主は言われる。

    王様に伝えなさい。

    私はそこに書かれていることを実行する。

    契約違反者はそこに書いてあるとおりの報いを受けるのだ。

    しかし、あなたはそれを見ることは無い。

    あなたはその言葉を聞いて、わたしの前にへりくだったからだ。」

ヨシヤはその知らせを聞くと言いました。

   「よし、国の代表者たちとエルサレムの住民を主の宮に集めよ!」

集まった人たちに向かって、律法の書が朗読されだすと、

民の中にどよめきが起こり、恐れと戸惑いが渦巻き、

胸を叩く人、頭を抱えてうずくまる人、さまざまな反応を示しました。

ヨシヤ王は立ち上がり、中央の太い柱の傍らに進み寄って手を置くと、

声を張り上げました。

   「アブラハム、イサク、ヤコブの神。

    我らの先祖と契約を結ばれたイスラエルの神よ、

    我らの契約違反をお許しください。

    今日より後、我らはあなたの御教えから離れず、

    あなたの恵みの中に留まり続けます。

    偶像から離れて、あなたと歩むことを喜びとします。」

王の言葉に民はうなずきました。

    「民よ!我らは主のみ前で契約の再確認、再更新をしょう!!」

こうして、王も民も悔い改めて信仰生活を始めることを誓い合いました。

するとどうでしょう!目からうろこ!

神殿の中に納まっていた、

あれもこれもが偶像の影響を受けた物ばかり!!

まずはバアルとアシラの像が取り除かれ、

それに関わる儀式用のさまざまな備品も運び出されました。

これらはエルサレム郊外のキデロンの野で焼き、

一部の灰は、民の墓に投げ込み、え!どうして?

他の灰はベテルに持って行かせました。

そして、歴代の王たちが造った礼拝所をことごとく壊し、

それはソロモン王の造ったものにまでさかのぼっていて、

町々のあらゆる所にある高き所も除かれ、

関連の祭司たちも廃止されました。

 

当時、偉大なアッシリア帝国は衰退しつつあり、

バビロニア王朝が勢力を伸ばしつつあった時期でしたので、

その隙を突いて、アッシリアの統治下にあった北イスラエル

ベテルにまでヨシヤ王は行っています。

イスラエルの悪の元凶、ネバテの子ヤラベアムが人心掌握の為に

ベテルに造った祭壇と高き所を壊するためです。

徹底してます。

そこで、とっても引き付けられる碑石が目が留まりました。

それはその昔、ユダから来た神の人が、偶像礼拝のその祭壇に向かって、

『必ず破壊される時が来る』と叫んだ場所でした。

   そうでした、

   初代北イスラエルの王ヤラベアムが祭壇から手を伸ばして、

      「彼を捕らえよ!」

   と叫んで指差したその手が硬直して、

   引っ込めることが出来なくなったのでした。

   でも優しい神の人は直に元にもどしてあげました。

   今でも、その神の人の死因に「?」のひよこです。

ともかく、北イスラエルの地からも偶像礼拝は一掃され、

民の礼拝すべき場所は”あそこだ、ここだ”ではなく、

神様が定めた「エルサレム」のみとなったのでした。

 素晴らしいことですね。

ヨシヤ王様、ばんざ~い!!

 

と思いたいのですが、よりによって神殿に偶像を持ち込んだ罪は赦しがたい。

いえ、神様がそうおっしゃったとかじゃあなくって、ひよこがね・・・

こんなに真剣に宗教改革が実践されたにもかかわらず、

その35年後にはユダ王国は滅亡してしまうわけですから。。

神様、それって約束違反では???

いいえ、神様は約束をたがえるようなお方ではありません!

 

 

しかし不思議・・・この不思議は後ほどね・・。