読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

そこから離れるな・・

想像力豊かな方、血という言葉が嫌いな方は読まないでって注意書きしたのに・・・
いつもより沢山の方が立ち寄られたみたいで????
そこで『血』にこだわって・・・

神さまから特別に選ばれたイスラエルの民は、
これから血と血で洗うような戦いの中に突き進んでゆきます。
まさに血の凍るような出来事です。
血の気の多い若者は、血騒ぎ、血湧き肉踊り、血相を変えて血路を見出そうと
血の出るような努力と、血涙を流し、血の滲むような苦労を重ねた末に、
血の汗の結晶が、血となり肉となって行くのです。
何が血の汗の結晶となってゆくのか?
もっと、血の通った文章にしなければ。

閑話休題。(一度使ってみたかったのだ。こんなふうでいいのかな?)


モーセは神さまの教えに従ってアロンに言いました。
     「あなたとあなたの子供たちを集めなさい。
            祭司の服、
            注ぎ油、
            罪祭の雄牛、雄羊二頭、
            種入れぬパン一籠
            を用意し、
      全会衆を会見の幕屋の入り口に集めなさい」
会衆が集まるとモーセは厳かに言いました。
     「これから祭司の任職式をおこないます。
      アロンとその子供たちは前へ」

モーセは彼らを水で洗い清め、特別の服を着せ、飾り帯を締めさせ
目の覚めるような青色の長い服をまとわせ、
              上質のリンネルと青、紫、深紅のより糸に、金糸を織り込んだ
エポデ(袖なし長服の上着)を着せ、
              エポデに胸当てをつけさせ、
              エポデの帯を締めさせて
              エポデを身に結いつけました。
              その胸当てのポケットにウリムとトンミムを入れ
              帽子をかぶらせ、
              帽子の前に金の板を付けさせました。
f:id:pypyhiyoko:20140606172525g:plain(前回と同じ絵ですが)
モーセは油をとると、天幕とその中にある全ての用具に振りかけて清めました。
祭壇には特別に七回もふりかけました。

いよいよ大祭司アロンの番です。
              彼の頭に油を注ぎ
              神さまから特別に選ばれた大祭司として任命しました。
              次に息子たちも祭司として同じようにしました。

さあ、初めての神さまのお指図に従った生け贄の儀式です。
              罪祭の若い雄牛がささげられ、
              燔祭の雄羊、
              任職の雄羊も奉げられました。
              それから
              揺祭(ようさい)も奉げられました。
                 まず祭司の手で祭壇に捧げられ、(行ったり)
                 それから、祭司に与えられるので、(来たり)                                            (揺り動かすように見えるので)=揺祭( ̄∇ ̄;)?


              最後に注ぎ油と祭壇に振りかけた血をとると、
              アロンとその子供たちと、
              その服に振り掛けて清めました。
                  (わぁ、わぁ、わぁ・・
                   汚れちゃったんじゃぁないんですかぁ?) ( ̄∇ ̄;)!!

モーセはアロンと子供たちに言いました。
    「私が教えたとおりに、
    ここで肉を煮て任命式用の籠の中のパンを食べて過ごし、
    残りは灰にしなさい。
    七日間は天幕の入り口から離れないで、
    今日教えたように、
    日夜火を絶やさないで留まりなさい。
    そこから離れたら殺される!!」
最後の駄目押しを言うと、モーセは天幕を離れました。


七日の後、アロンとその子供たちは無事に就任式を終えた気の緩みか、
     慣れない儀式に戸惑ったのか大変なことが起こるのですが・・

それはまた来週の事といたしましょう。

    

今日もお元気でお過ごしください。
あなたが加害者にも被害者にもなりませんように。