読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

モーセは特別なのだ・・

モーセの不安は飛び込んできた若いヨシュヤの言葉ではっきりした。
激しい勢いで伝染病が広がっているとゆうのだ。
すでに死人も出ていた。

モーセは神様の前に静まりました。
      神様の怒りだ。
      民の中に蔓延していた不満の種火を消しているのだ
      そのことが分っていたからです。

70人の長老達が活躍してくれたので、
モーセは会見の幕屋の中で静まることが出来ました。

若者達は借り出され、一日中、死者のための場所を確保することに追われた。

そしてその場所はキプロテ・ハッタワ(欲望の墓場)と呼ばれるようになりました。

彼らは埋葬を済ますと、キプロテ・ハッタワからハゼロテに進み、そこにテントを張った。




旅の疲れがまだ残っているその日
神様はモーセに言いました。
          「アロンとミリヤムを私の前に連れてきなさい」

モーセがそのことを彼らに告げると、二人の顔が青ざめた。
身を清めて神様の言われた場所に立つと
雲の中から神様は語られた。

          「私は、預言者には幻を持って知らせ
           夢でそれを語る。
           しかし、モーセは特別なのだ。
           私は彼の前に姿を現し
           この口の言葉をもって語るのだ。
           それも謎解きのようではなく、
           具体的に語るのだ。
 
           お前達は私の僕モーセをそれでも非難するのか。」
 
そうして二人を激しく叱り付けると、天幕から雲は離れていった。

そして、それが見えなくなると
ミリヤムがアッと声をあげた。

モーセとアロンが彼女を見ると、
彼女の皮膚が粉を葺いた様に白くなっていました。

アロンはガバッとモーセの前に膝を付くといいました。
          「赦してくれ!!
           馬鹿だった。
           私が彼女を止めなければならなかったのに
           一緒になって、お前を責めるなんて。
           ミリヤムを赦してくれ。
           彼女の肉が腐って落ちないよう助けてくれ。」

モーセがすぐに祈ると
          彼女の身に心配は無いが
          7日間は野営地の外に出し
          7日たったら、連れもどすようにと言われました。



それから一週間後、ミリヤムの体が元に戻るのを待って民は天幕をたたんだ。

ハゼロテからバランの荒野に行くために。


バランの荒野につくとすぐに神様は
       『偵察隊を派遣し 
        私が与えると言った地がどんなものか
        確かめてくるがよい』と言われました。
それで、各部族ごとに一人の代表者を選び出しました。
もちろんあのヨシュアもその中にいました。
モーセは言いました。
         「約束の地は目の前だ。
          お前達はそこに行って、
          土地の様子を探ってくるのだ。
          そして、その証拠に
          その地の果物を採ってきなさい」

12人の代表者は勇んで出発しました。
おりしもぶどうの熟し始める時期でした。
    
・・・・・( ̄ー ̄)
一体どんな所なのでしょうね。
神様が与えるって言ったって、すんなりとそこに行って住めるわけではありません。
なぜならすでにそこには人が住んでいましたから・・