読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

王よ、あなたがその人だ!!

サムエル記

ダビデはナタンに向かって怒鳴っていた。
 
   「その者はその罪のゆえに死ぬべきだ。
    かつ、子羊を4倍にして償うべきだ」

預言者ナタンの話によれば、

    ある町に富める者と、貧しき者がいた。
    富める者の家に客が来たのだが、彼は自分の財産を惜しみ
    貧しき者の羊を取り上げて、ほふりて客をもてなした。
    その羊は貧しき者の唯一の羊で
    家族のようにかわいがり
    その者の懐で休んだ羊だった。

ナタンはジッとダビデを見つめ、おもむろに立ち上がった。
   
    「王よ。それはあなただ。

     ダビデよ、聞くが良い。
     私はお前を羊飼いのときに召し
     サウルの手から守り
     油注いでイスラエルの王とした。
     お前の住むべき家も、妻たちもお前に与えた。
     足りなければ、私がお前に与えたのに
     お前は私をないがしろにし
     己の裁量でヘテ人ウリヤの妻を奪い
     王の権威を利用してアンモン人の剣の下にウリヤを置いた。
     ゆえに、お前の家とお前の上に災いを下そう。
     お前は隠れて悪を行ったが、
     私は真昼の太陽のもとで公然とそれを罰しよう。
     お前の妻たちは、隣人と寝る」


胃の腑からずず〜っと、突き上げてくる罪の意識にダビデはよろめき青ざめた。
それは、あの夜から
徐々に熱を持ち膿み蓄え、じくじくと不愉快な痛みを生じさせていた。
その膿の頂点にナタンは鋭いメスを入れた。
熟しにごった生ぬるい血が、ダビデの内で破裂した。
彼はその悪臭の膿の中で叫んだ。

    「おお、そうです。私は主に罪を犯しました」
その言葉と共に、ダビデの体からこわばりが溶けていった。
ナタンは鋭くダビデを見つめていたが、
その芯からの悔い改めを見てとって言った。

    「主もまたあなたの罪を除かれました。
     あなたは死ぬことはないでしょう。
     しかし、主を侮った罪は重い。バテシバの腹の子は死ぬ」

ナタンが去るとそれが合図でもあるかのように、バテシバは苦しみだし
難産の末に男子を出産した。
額にべっとりとへばりついた髪の毛を掻き揚げる気力も失せて
バテシバはぐったりとベットに沈んでいた。
その横に、しわくちゃな赤い布切れのような赤ん坊が置かれていた。

ダビデの視線を感じて彼女はとろりとまぶたをあげた。
子を授かった女の喜び、それは今の彼女の瞳には欠けていた。
彼は彼女のそばにゆき、
哀れみをこめた深みのあるまなざしを彼女に注ぎながら
労をねぎらった。
赤子に回した彼女のほっそりとした腕を取ろうと手を伸ばすと
赤い布切れが動いて、ダビデの人差し指を握り締めた。

    「お前だ、お前の罪によって授かった私の命。
     それゆえに、その罰によって私は死ぬのだ」

しわだらけの指先、お情けのような爪、それが彼の心臓に食い込んだ。
彼はあわてて指を引いたが、
その枯れ木のような塊からは想像も出来ない激しい力がダビデを離さなかった。
一瞬ギョッとして、ダビデは凍りついた。
どうやって幼子の手から逃れたのか・・
気づけば彼は、自分の部屋のイスに体を投げかけていた。
あの幼子の指の感触が、熱く、烙印のように残っていて、
ひりひりと彼の人差し指を締め付けていた。。

    
     あの子は死ぬのだ。私の犯した罪のゆえに・・・
     それにしても、私が父親だと、あの子にはわかったのだろうか?
     ああ、許してくれ!
     生きたいと願う幼い魂の叫びをも感じて
     ダビデは立ち上がった。

彼は身を清めると、神様の前にぬかずいた。
ダビデの悲痛な叫び、祈り、呻き、
出来ることなら、この命と引き換えてもかまわないと願った。
ダビデの家の者たちは戸惑った。

何とかして彼に食事を取るようにと勧め、
その手を持って起こそうとしたが
体は鉛のように重く、床に伏したそれはびくりともしなかった。

    「神よ、わたしの不義をことごとく洗い去り、
     わたしの罪からわたしを清めてください。
     ヒソプをもって、わたしを清め
     わたしの不義をことごとく拭い去ってください。
     あなたの救いの喜びをわたしに返し
     自由の霊をもって、わたしをささえてください」*1

七日目になって、ダビデは頭を上げた。
彼の世話をする者たちの嗚咽を聞いたからだ。
彼は部屋を出た。
体を清め、身だしなみを整えて言った。

   「さあ、食事をとろう」

家来たちは顔を見合わせ戸惑いながら言った。

   「王様、あなたのお子が亡くなられました」

   「そうだ、あの子は亡くなった。
    私が罪を悔い、神様に嘆願しても避けられなかった。
    この上何が私に出来るだろうか。
    あの子は死んだ。
    死者の命を取り戻すこと、
    それは、私の祈りなどでは出来ないことだ。
    精一杯やって、なおかつかなわないことにはこだわるまい」

ダビデは悲しみにくれる妻バテシバを抱きしめた。
一回りほっそりとした彼女のうなじが愛おしかった。
二人して泥沼の中をさ迷い、
幼い命を犠牲にして与えられたこの命、
努々おろそかにするまいぞと、彼はその腕に力をこめた。

夫を失い、不義の中で身ごもった子は、その命の火を消した。
彼女にはこれで思い残すことは何もなかった。
後は自分の手で、この汚れた心を体を抹殺するだけだった。
思い詰めた彼女の、赤くはれ上がったまぶたは乾く暇もなく
その心はズルズルと、底なしの沼に引き込まれていった。

ダビデはそんな彼女を気遣って、足繁くバテシバのもとを訪れ
優しい言葉をかけねぎらっていた。
沈みゆく自分に向かって辛抱強く差し伸ばされていた手、
その手はウリヤのようでもありダビデのようでもあり
彼女は迷っていた。
   
     「まあ、今日はお顔色がよろしいですよ」
     「髪の毛の艶は以前よりもつややかになられましたね」
     「今日はカーテンを開けて、外の風を入れましょう」
     「あら、珍しい小鳥の声!」
     「庭に咲くあの花はなんでしょうね」
     「さあ、あと一歩、窓辺にお寄りなさいまし、
      素敵!! ドレスが陽を浴びて、
      お肌の色もぐっと映えます」
     「バテシバ様、あなた様にはこのドレスがよろしいですわ。
      髪飾りはこれを、口紅は・・・
      そうですわねぇ、この色などはいかがございましょう?」
 
その日は、閉ざされていたバテシバの心の戸が
涙と共に緩んだ麗しい日でした。

彼女はダビデの子を再び身ごもった。



    

*1:詩篇51篇は預言者ナタンが来たときに詠んだもの