読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

父親の言葉を踏み倒して立ち上がった者は・・


時の流れはあっというまに、ギデオンの偉業を押し流し
民はたちまち異教の神々にひれ伏し
ギデオンの子供たちを顧みるものもおりませんでした・・


そんな子供たちの中の一人、アビメレクは
シケムの母方のおじのもとに立ち寄りました。

     「おじさん、お願いがあるのですが・・」
     「なんだ、改まっての願いとは・・」
     「シケムの長老たちの所に行ってくれませんか?
      ギデオンの70人の息子に支配されるのと
      私に支配されるのと、
      どちらがよいか聞いてきてください」
     「なに、おまえが指導者になるというのか・・」


彼はしばらく考えていましたが、よし!と膝を叩いて立ち上がりました。


     「アビメレクがそんなことを言ったのかい」
     「あの子の母親はこの町の出身だ。
      彼が王になったほうが、何かと都合がいいではないか」


そんなこんなで町の者は
バアルに捧げられたお金を、支度金としてアビメレクに渡しました。



アビメレクはそのお金でならず者を雇い  o(▼皿▼メ;)  
腹違いの兄弟を一箇所に集めて、亡き者にしてしまいました。
いえ、一人だけ難を逃れた者がおります、
末っ子のヨタムです。


彼は兄の恐ろしい行動と、民の叫びに驚きました。
そして、うちから込み上げてくる怒りと嘆きとで
ゲリジル山を駆け巡り、叫び続けました。

ヽ(´・о・)ノ゙ 
    「みなさぁ〜ん!
     父ギデオンは言いましたよぉ〜
     私も、私の子どもも、孫も、
     支配者にはならないぞぉ〜って。
     あなた方を治めるお方は、神さまですよぉ〜
     このまま行けば、
     かならずアビメレクから災いが降り注ぎますよぉ〜」


ヨタムは叫び続けましたが、
兄の追手がくるのを恐れてベエルに逃げ込んでしまいました。


それから三年・・何事もなく過ぎてゆきましたが・・・




・☆○o*:;;;:*o○☆○o*:;;;:*o○☆○o*:;;;:*o○☆○・
士師記の続きは2011年1月2日になります。
つたないひよこのブログにお立ち寄り有難うございました。
来年もどうぞ(。ゝ∀・)ゞヨロシクゥ♪