読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

その頃、イスラエルに王なかりし時にあたりて・・・

兄弟対決だけは避けたい。
そんな思いでベニヤミン部族と交渉したものの
彼らの心はますます頑なに・・・。
困ったな。(´Д`)=3
イスラエルの人々は、契約の箱が置いてあるべテルに上って、
神様にどうしたものかと祈りました。その答えは

  「戦え!。先陣はユダだ」

     結果・・・・2万2千人を失いました。
再び、泣きながら祈ると、
   
   「戦え!攻め上れ!!」

それで、次の日も戦いに打って出ましたが・・・
     剣を帯びた者が1万8千人、地に倒れました。

彼らはまたも涙と断食をして、主の前にひれ伏しました。▄█▀█●
エレアザルの子でアロンの孫に当たる祭司ピネハスは
完全に焼き尽くすいけにえと、和解のいけにえを捧げました。
   
    「せめよ!明日、決着をつけよう」

そうして、あくる日には町は全滅。
      ベニヤミン軍2万5千人も倒しました。
あわやベニヤミン族抹消か、(寂´・ω・`、)  に見えましたが 
600人の兵は、命からがら荒野の岩地に逃げのびました。

それで、残兵には家庭を持たせてあげようと思いたちますが、
すでに、ベニヤミン人に自分たちの娘を嫁がせませんと、神様に誓ったてまえ、
どうすることも出来ません。
このままでは本当に、ベニヤミン部族は絶たれてしまいます。

彼らは早朝、礼拝が終わると、 
この戦に、ヤベシ・ギレアから、一人も参加していない事が判明。
これでは規律を乱してしまうということで
有志1万2千人が、ヤベシ・ギレアに向かいました。Σ( ̄ロ ̄lll)
制裁です。若い処女400人だけを残しました。

イスラエルの人たちはこの娘たちを引き連れ、
岩場に隠れていた残兵と和解交渉に・・・・。交渉成立。
しかし後、200人足りません。
そうだ、毎年シロで祭りがある。
それは良い、ということになって話はとんとん拍子・・。

それはこうです。
   その祭りに集まってくる若い女たちの中から、
   自分の好みの者をさらって、
   ベニヤミンの地に連れ帰れ。
   もし、娘の父親が抗議に来たら、
   我々長老が責任を持って対処しよう。
こうして、イスラエル12部族は欠けることなく保たれたのでした。
               il:i(-ω-`;)ll|


☆○o*:;;;:*o○☆○o*:;;;:*o○☆○o*:;;;:*o○☆○o*:;;;:*o○☆


何という時代だったんでしょうね・・・
しかしこれもそれも、
イスラエルには王もなく、
それぞれ自分の目に正しいと思うところを行った結果でした。

これで約束の地での、最初の約300年の歴史が終わろうとしています。

これからも波乱にとんだイスラエルの歴史が続くのですが・・
そんな嵐の吹き荒れる前の、ほんのひと時、
穏やかの光が降り注ぐような書が次に続く「ルツ記」です。

  「サルモンの子はボアズで、
         売春婦であったラハブから生まれた者であり、
   ボアズの子はオベデは
         異邦人ルツから生まれた者であり・・・・・」

ラハブについては下記をご覧ください。
  (1、ラハブの部屋、2、遊女ラハブの心は揺れて、3、ラハブの後悔)
            http://d.hatena.ne.jp/pypyhiyoko/20100904