ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

お前の家から、祭司職を剥奪する。(怒`・ω・´)

あらあら、サムエルちゃん、かわ〜いい!! o(^O^*=*^O^)o  
参拝者の人たちがいっせいに、右手をかざしています。゛;`;・(゜ε゜ )
その手には携帯が・・・
           (こんな姿を時々テレビで見るけど・・
            ちょっと?なんか?変でない?と思ってしまうことも・・
            ふふふ、携帯持ってないひよこの観察で〜す。
            携帯持ってたら・・やっぱり右手上げちゃうか〜〜)

今だったら、そんな写真が直ぐにネットで流されたと思うの。

彼は、母親がひと針ひと針、心を込めて縫ったエポデを着ています。
それも大人の祭司が着るエポデと同じ形。

可愛くないわけがありません。

でも、周りのおばちゃまたちの黄色い声なんか、彼の耳には届きません。
彼の目はいつも、祭司エリに注がれ、彼の耳はエリの声に向けられていました。('◇')

彼サムエルは、祭司エリにとっても、お気に入りの秘蔵っ子。

サムエルがスクスクと素直に成長し、将来が楽しみになってくると、
エリの心は反面、重くなるのでした。

    「祭司様、聞いてくださいな。
     私たちが神様の捧げものを煮ていると
     お坊ちゃまの使いがやってきて
     肉刺しで、なべの中をひっかき回して
     突き刺さった肉を持っていかれるんですよ」

    「最近は、犠牲の脂肪を神様にお捧げする前にやってきて
     生の肉を若祭司様がお望みだ、
     なんておっしゃって・・」

     「ええ、そうなんです、
      断れば、力ずくで・・・」

     「会見の幕屋の入り口でお勤めをしている乙女たちを、
      自分の部屋に引き込んでいるとか・・」

     「祭司様、このままでよいのでしょうか」
良いわけがないっつうの!!

エリは彼の耳に入ってくる息子たちの悪行に困り果てていた。
たびたび呼び出しては、言い聞かせてみるものの、
焼け石に水、何の効果もありません。
それどころか、ますます悪行がエスカレートするばかりでした。

そんな矢先、彼の元に神の使いが現れたのです。
     
     「お前の家から、祭司職を剥奪する。(怒`・ω・´)
      息子、ホフニとピネハムは同じ日、剣に倒れる。
      新しい祭司を用意している」

厳しい内容だった。が、エリは驚かなかった。
当然の報いだ。
悔やまれるのは、父親としての自分自身のことだった。
妻が早くに亡くなり?、不憫で叱ることもままならなかった。
仕事にかまけて、息子たちとの時間も取れなかった。いや、とらなかった。
逃げていたのかもしれない。
             (そんなこと、どこに書いてありますかって?
              想像ですからね。ピヨピヨひよこですからね。)

エリは自分を責め続けた。
取り戻すことの出来ない過去。
迷路のように複雑に絡み合って、エリを悩ました。 ハァ━(-д-;)━ァ...


止まれ!!
取り戻すことの出来ないものに固守するな!
そうだ、新しい祭司とは誰だ!?
エリの脳裏に彼を見つめる一つの顔が浮かんだ・・・('◇')

それからのエリは、意識してサムエルを片時も離さず、
丁寧に、イスラエルの神様について教え導いた。
息子たちに成しえなかったものを取り戻すかのように・・・

その頃、主の言葉はまれで、
めったに聞くことはありませんでした。



エリは年を重ね、ますますサムエルの手を借りるようになっていた。

   
   『わらべサムエルは育っていき、
    主にも、人々にも、ますます愛せられた。』

           (似たような言葉が新約にも。
            そうなの、新約の主人公に対しても使われてるのよね
            主人公が12歳の頃のことだわ。日本の元服(15歳)に当たる年頃です)


エポデについては下記をご覧ください。
        ・・・2010年8月10日登録
           レビ記・「そこから離れるな」