読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

大当たり〜ぃぃぃ!サムエルの預言

サムエル記


サウルに向かって、手を振りながら駆けてくる者がいた。
なじみの使用人だ。

    「サウル様、ろばはすでに見つかりました。
     ご主人様が、今、心配なさっておられるのはあなたです」

神の丘として名高い
タボルの樫の木の下では
    神様を礼拝するために
    三頭の子やぎを連れた人と
    三つのパンを持った人と
    ぶどう酒の入った皮袋を持った人に出あった。

彼らはサウルを見ると、喜色を顔に表して挨拶し
彼の手にパン二つを捧げた。

いぶかしがる使用人にパンを持たせて、
サウルの足はギベアに向いた。

サウルが町に近づくと、
立琴、手鼓、笛、琴などがかき鳴らされ、
坂の上から群集が駆け下りてきた。o(^O^*=*^O^)o 
その群集を避け切れずに
主従二人は巻き込まれた。

人々の肩と肩とがぶつかりあい、
楽器の音が脳しょうを揺り動かし
預言者が神を褒め称え、預言をしながら彼を取り囲んだその時

サウルの頭の中が一瞬ぴかりと金色に輝き
手鼓の音が、紺碧の空に向かってポーンと高く響いた

    イスラエルの主、王に感謝せよ。
     その恵みはふかく
     その慈しみはとこしえにたえることがない」

サウルは思わず口元を押さえた。が、
その指の隙間から、言葉が湯水のようにあふれ、止まなかった。

群集よりも肩から上、高かった彼その声に、人々は振り向き
そして、驚いた。

    「あれはキシの子、サウルではないか?     
     彼は、預言者だったのか?」

群集の目が彼に注がれ、引き潮のように騒ぎが収まっていったとき
ちょっとちょっと、と掻き分けて、サウルの前に立った者がいた。(@⌒ー⌒)ノ
おじだ。
サウルがサムエルのところに、伺いをたてに寄ったことを話すと
彼の言葉遣いが改まった。
    
    「それで?
     あなたにどんなことを話されたのか
     洩らさずにどうぞお話しください」
    「ロバがすでに見つかったといわれました」

サウルはそれ以上、言わなかった。

それにしても、ここギベアにはペリシテ人の守備兵が駐屯して
人が集まったり、騒いだりすると
つかさず割って入って蹴散らしてしまうのに
この日の騒ぎに、彼らは無頓着だった。

なので彼サウルは、何事もなく父の元に帰り
安堵する父親の顔を見てほっとした。

しかし心のどこかで
サムエルの言葉がすべて当たったことへの
戸惑いと不安と、そして、
今まで経験したことのない何かが、彼の胸深くで吹き荒れていた。

     私が王様だって言ってたな・・
     何でも好きなことをするようにだって・・
     彼は頭を振って肩を落とした。ハァ━(-д-;)━ァ..

それからしばらく、穏やかないつもの生活が続いたある日、
イスラエル12部族に
サムエルの声がかかった。

     ミヅパに集まれ!!

それは、農夫サウルの胸に複雑なさざなみをたてさせた。