ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

成功の陰で

夕の供え物の時間は?
何時ごろ?

それによって随分と、
この場面の雰囲気が変わってくるのだが・・

夜でなく、夕方。
夕方であって、夜ではないのですね。
「夜」と訳してあるのもあるけど・・
時間なんてこの場合関係ないね。

でも、大いに関係があるのだ。
ひよこがまだ子供だったころ、
近所で出火。
走って見に行きました。
昼間の火事で、煙は上がれど、炎が見えない。
これが夜だったらどんなに怖かったかしらって、
見知らぬ野次馬同士で言ったものです。

で、
「夕方は雨になります」って、天気予報士が言った場合、
15時から18時くらいだそうで
18時から21時は夜のはじめだとか。

山頂と麓では暗さがちがう。

彼らはその日のうちに下山しなければならないのですから
足元が暗くなって、危ないのでは???

てなことを思ってしまうと、
ちょっとか書きづらくなってしまうのですが・・

そこはこちらの都合のよいように想像してしまおうっと。
聖書を都合のよいように解釈してはいけませんって、
そんな声聞こえそうだけど、
ここはそんな大切な場面でもないし、
神様、許してくださいね。

太陽が一日の務めを終えて
満足そうに西の空に沈み始めたころ。
それは突然、やってきた。

鼓膜を引き裂くような大音響がして、
真っ赤な火の玉が目の前に落ちてきた。
彼らは体が飛び上がるほどに驚いた。
エリヤの祈りが始まったばかりの時でした。

あら〜ぁぁぁ!!
エリヤさんが築いた祭壇の上に落ちちゃいました〜〜。

突然の出来事で、祭壇を取り囲む彼らはただ、
ほうけた顔で突っ立っていることしか出来ません。
火は、積み上げた石をも溶かす勢いで燃え上がっています。
そうして、
炎はハラハラと火の粉を巻き上げ、
積み上げた薪が燃え尽きて崩れるたびに、
さらに火の粉を撒き散らし
人々の上に花びらのように降り注ぎます。

イスラエルの民はぜんまい仕掛けの人形のように
バタリと膝をかがめ、
降り注ぐ火の粉の中に身を沈めました。
鮮やかな炎の熱と、火の粉と、香ばしい香りとを
彼らは体全体で感じていました。
そして、
真の神様の威力に、完全に参っていました。
人々は涙を流し、今までの愚行を言い表し、
神様に許しを願ったのでした。

気づけば祭壇のまわりにたっぷりとあった水も
すっかり蒸発し、元の渇いた土に戻っていました。

   「さあ、バアルの預言者をつかまえろ!
    一人も逃がすな。」

エリヤの声が唐突に響きました。
バアルの預言者は目の前の出来事に圧倒されていて
その場を動くことも出来ずに固まっていましたから、、
あっとゆうまに捕まってしまいました。

彼らはそのままキション川の川原に引きずり出され、
川は彼らの血で赤く染まり、
音もなく静かに流れてゆきました。

アハブ王もその一部始終を見ていましたが、
一言も発しませんでした。

   「雨の音がする。
    王様、
    テントに戻って感謝の祝杯をあげて下さい。」

エリヤはきっぱりと言い切った。
すでに太陽は沈み、
うつろに明るい空には
月や星がキラキラと輝きだしていた。

エリヤは従者ひとりを連れて
静かな場所に行き、
地に伏し、顔をひざの間に入れて祈った。

   エリヤはヨガをやっていたのか?
   顔をひざの間に入れるなんて、至難の業だ。
   ひよこも若いとき、両足を首に引っ掛けられたけど、
   今はそんなハードな形はむり。
せめて股割り。
   これって、股関節の動きをスムーズにしてくれて、
   健康にいいし、
   エレベーターからおさらばできます。
   高層階は非効率ですが。じゃあなくって、無理ですが。(笑)

そんなことよりも、必死で祈っていたってことで・・
彼は顔を上げた。

    「見晴らしの良い所から、水平線の彼方の空を見なさい。
     何か変化はないか?」

若い従者は、駆け上って行った。
眼下はすでに薄墨にとけて、定かではなかった。
若い従者は目を上げた。
しかし、空に雨の兆候は見当たらない。

この若者はその後も、
山を上り下りする羽目に。
なんと、七度もそれをさせられたのだ。

ひよこだったら、
三回目くらいで、心に黒雲が沸き起こって
どうしたのかしら? どうしたの?? どったの???
疑惑の叫びが交錯してると思うのだけど・・

この若者はまっつぐな心でエリヤに仕えていたんだわね。
だから、そんな迷いはなかったっと思う。
若いって素晴らしいなぁ〜。

そうして七度目に空を見上げると、

     「あっ!!」
若者の顔が歓喜に染まり、滑り降りるように道を駆け下ると、言った。

    「海から小さな雲が起こっています。」

    「よし!
     王様に伝えるのだ。
     大雨になる。
     足止めされないように
     急いで下山するように。」
若者はエリヤの声に押されるようにして、
湿気た風に向かって駆け下った。
雲は音もなく輝く星を飲み込んで膨れ上がり、
闇がさらにあたりを包んだ。

     「うっ!」

空を見上げて立つエリヤの頬に
大粒の雨が落ちた。
それが合図でもあるかのように、
一陣の風が土ぼこりを舞い上げると、
ざぁぁぁあと、
雨音がしてあたりが白く霞んできた。

アハブの乗った車はすでに山を下りだしていた。
エリヤは衣の裾をたくし上げると、韋駄天走りでその後を追った。
その早いこと早いこと。
当時の世界記録保持者になれたとおもうわ。。

気づけば王様の車に追いつき、追い越して、
その前を走り続け、
なんとまあ、エズレルの町の門までひた走り。

『主の手がエリヤに臨んだ』からだそうです。なるほどね。
それで日の落ちた山道を灯りも無しに駆け下りて、
暗闇の中、エズレルの町まで転びもせずに行けたわけだ。

    「エリヤは凄かったぞ!」

アハブ王様に同行した従者は、
興奮気味に仲間に喋り捲りました。

妻イゼベルは、戻ってこないバアルの預言者たちの結末を
夫アハブから聞き出して、
エリヤ憎しの思いが頂点に達した。

    「よくも私の大切な預言者たちを亡き者にしてくれたわね。
     お前も明日の今頃までには、
     彼らと同じようにしてやるから。
     覚悟しておくがよい。」

彼女は直ちに使者を立ててエリヤに言った。

エリヤはイゼベルの気性を知っていたので、
非常に恐れ、僕一人をつれて、
大急ぎでユダのベエルシバへ行き、
そこから一人でさらに荒野の深くに逃れた。
喉が乾き、疲れ果てた彼はやっとのことで、
大きなえにしだの木の根元に転がり込んだ。

    「もう沢山です。
     どうか神様、わたしのこの命をとって下さい。」

どうしたものでしょうか?
すっかり弱気のエリヤの図。
彼はあのカルメル山で、
すべての精力を使い果たしてしまったのでしょうか。
あの時は、神様が共にいて彼を助け、
彼を通してその力を発揮されたわけで、
彼の力を使ったわけでは・・・・・

そうなのですか、なるほどね。
だからこそ、そのことを知っていたからこそ、
エリヤは恐ろしかったのかもね。
自分は小さな人間だ、なのに、
あんな大それたことしてのけるなんて・・。

信じられなかったんだ。
神様にもちいられる事の恐ろしさ、
その重圧に、
すっかりビビッてしまったんだね。

エリヤさんていい人だなぁ。
偉業を成し遂げても天狗にならず、
むしろ己の器の小ささに
恐れおののくなんて。

そんな気のちっさい、いえ、
謙虚な彼だからこそ
悪行高いイゼベルから
命を狙われていると知って
震え上がったんですね。

やっぱりエリヤは精神的にも疲労困憊、
休養が必要だった。

あら、エリヤさんの寝息が・・・
シッ、静かに。
聞こえませんか? 聞こえました?
よっぽど疲れていたんですね。
何しろ丸一日、荒野をさ迷っていたのですから。

眠りなさい、エリヤさん。
何もかも忘れて。
ひよこの子守唄で、
オォ〜 眠りィィなぁさぁ〜〜アアアアィィィィ〜〜。


広告を非表示にする