読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

え!! 可愛くないの??孫ですよ!!!

・・・・・

エホシバは絶句した。

アタリヤ様が、王子様たちの暗殺を、
企んでおります!!

彼女の部屋に忍び込んできた者が
押し殺した声で言ったのだ。

アハジヤ・・・

つい最近、エヒウに殺された兄弟の名だ。ユダの王だった。
その息子たちをですか!?
お母様!あなたの可愛い孫ではありませんか!

彼女はもごもごと、ひとりごちた。

エホシバ様、時間がありません。
お急ぎください!!

その者はそう言い残すと、姿を消した。

ああ! どうしよう!!

彼女は両手を握り合わせて胸の上で組むと
ぐっと顎を押し込むようにして目を閉じた。

そ、そうだわ!
知らせなければ!

気づけばヨアシの寝室の前に立っていた。

声もかけずにその部屋に入ると、
乳母が驚いたように振り向いた。

急いで、時間が無いの!
ヨアシを隠すのよ!
アタリヤが、母上がやって来る!!

乳母は彼女のただならぬ様子から、すべてを察した。
揺りかごの中の幼子を大きな布で包むと
有り余るほどの豊かな胸にヒシと抱き寄せた。

間に合わないわ!!
乳母は一瞬立ちすくんだ。
姫様、私はこの部屋の隠し部屋に逃れます!!
恐怖で引きつった顔と、飛び出さんばかりに見開かれた目を
アハジヤに向けると、
彼女は寝室の奥にある小部屋に駆け込んで行った。

アハジヤは揺りかごの中の物を無造作に放り投げ、
部屋の中を荒らしまわりながら叫んだ。

誰か来て!
ヨアシが居ない!

彼女の声を聞きつけたのか、
ちょうどそこまで来ていたのか、
すぐさま、兵士たちが飛び込んできた。
彼らは寝室の中をくまなく探し回ったが、
ヨアシも乳母も見つけることが出来なかった。

彼女はホット胸をなでおろしながら言った。

私がこの部屋に来たときには、部屋はご覧のとおりだったわ。
窓が開いていて、ばたばた音がしていたのよ。

リーダー格の男が不審そうに、じろりっとエホシバを眺めたが、
何も言わずに部屋を出て行った。

カタカタと開き戸が鳴る。
風が部屋の中を走りぬける。
アハジヤの髪飾りがゆれる。

ホッと息を吐きながら、彼女は肩の力を抜いた。
恐る恐る部屋の入り口まで行って、
壁際に体を押し付けるようにして、あたりの様子を伺った。
誰も居なかった。

アハジヤは急いで奥の小部屋に飛び込んだ。
そこは何の変哲もない、ごく普通の小部屋だ。
兵士たちが乱暴に探し回ったのか、
衣装ダンスの扉が半開きになっていた。

誰も居ないわ・・
彼女が囁くように言うと、
吊り下げられた衣装がおずおずと動いて、
乳母が顔を覗かせた。

まあ、そこにいたの?
ええ、この奥に隠れ小部屋があるのです。
彼らもここを開けましたが、
奥の扉には気づかなかったようです。

それよりも、もう少しそこに居れるかしら?
夜になったら迎えに来るわ。

なんとか・・
賢いお子様ですから、泣いたりはなさいません。
小部屋には当座必要なものはそろっております。
アハジヤはうなずくと、
夫で祭司のエホヤダのいる主の宮に
何気ない風を装って出かけて行った。

こうして、6年間、
祭司エホヤダの手厚い保護のもとで
ダビデ家の血筋は、スクスクと成長してゆきました。

王子の一人が見つからなかったわけだけど、
アタリヤはどう思っていたのかしら。
もちろん、血眼になって探したとは思うのですが・・

7年目のある日、
意を決したエホヤダは、宮殿に使いの者を差向けた。

。。。。。

しまった!!\(◎o◎)/
変な所をいじってしまった。
twitterに通知?
解除できないのか?
ひよこ的には、画面が醜くなってしまったような・・・