ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

アブラハム〜〜、  またまたぁ・・・ですかぁ

マムレのテレビンの木の下からネゲブの地に移って
カデシとシュルの間にテントを張ったアブラハム。
ここでも彼は妻のことで恐れていたので、
サラは「妹」ですと語っていた。
サラにもそのようにするようにと言っておいた。


またまたサラは、ゲラルの王アビメレクに召抱えられました。
ある日、神さまは夢で王に告げました。
    「あなたは死ぬ。 
    あの女のゆえに、あなたの家の全ての者の胎は閉ざされた」
王はビックリしました。
     「わたしは、まだあの女の手にも触っていません。
      あなたは、正しい者をも殺されるのですか?」
     「そうです。あなたが正しい者だから、
      わたしはあなたに知らせたのです。
      彼女を夫のもとに帰しなさい。
      彼は預言者だから、あなたのために祈ってくれるでしょう」
夢から覚めた王は、急いで起き上がった。
早朝にもかかわらず、アブラハムを呼び出し、彼の非をなじった。

アブラハムは妻のゆえに自分が殺されると思ったことや、
実際、彼女は腹違いの妹であることも話し
それで、彼女にも「妹」だと言わせたことを伝えました。

事情を聞くと王は
   羊や牛や、男女の奴隷と銀千枚を与え、
   サラをアブラハムに返しました。
すると、閉ざされた王家の胎が開かれて
   子供たちの産声が王家に響き渡るようになりました。



音声
http://www.youtube.com/watch?v=5p51oEcWXog

・・・・・・・・

(●^o^●):::
         サラはほんと〜に、綺麗だったのね。
         二回も似たようなことがあるなんてね・・・
 それにしても・・アブラハムって気がちっちゃいィ・・なんちゃって(●^o^●)
         彼の神さまに対する信頼は、
         どんどん成長してゆくのですが・・
         今はね・・・
・