ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

希望の旅立ち・三日進んで・・

                                  

    
出立の準備に追われる、そんな慌ただしい中で
モーセは妻の兄、ミデアン人のリウエル(イテロ?)の子ホバブに言った。

    妻の父イテロはかって、モーセにその荷を軽くするようにと助言したことがあった。
    その後、彼は娘と孫をモーセに引き渡して帰っていったとありましたから、
    ホバブはその時、父と共にモーセの元に来て、
    その後、父と離れてモーセたちと行動を共にしてきたのでしょうか。

モーセはあらためてホバブに言いました。
   「私たちは神様のお導きに従って乳と蜜の流れる地へ行きます。
    あなたも我らと共に進んで、今までのように私を助けてください。
    神様の祝福は私たちと共にありますから
    あなたをも祝福されます。
    決して悪いようにはいたしません」

しかしホハブは、自分の故郷に帰っていった。 ヾ[・c_,- ]ババィ 

考えてみれば、民に先立って行かれるのは雲の柱であり、火の柱なのです。
これからは、まったき信頼を神様に置いて突き進んでゆけばよいのです。

                       モーセ、がんばって〜!!

契約の箱が進むとき、モーセは大きな声で祈りました。
     「主よ、立ち上がってください。
      我らの進む道から敵を蹴散らしてください!!」

また契約の箱が止まるときには
     「主よ、我らの民の中に帰ってきてください」
と祈りました。


シナイ山から進むこと三日・・・

なんとまあ
早くも民の間から呟きが漏れてきましたよ。


はてさて、どうなりますやら。。。。。。。。。。。。

次回、モーセのお手並み拝見とゆきましょうか・・・・