読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

神様の試みのために残された民・・

士師記

残された異教の民は何のために・・
     それはね、カナンの戦争を知らない若者達のためなんだとか

残された異教の民の中に混じって
清く正しく従順に神様に従うかどうか、試すためなんだって


神様〜ぁ、それって、人が悪くありませんかぁぁぁ・・・(;O;)
     イスラエルの民がヨシュアの前で三度も従順を誓ったんですよ
     記念にあかしの石も立てたんですよぉ・・

たしかに抹消せよ!とおっしゃられたのに、
     手を抜いてしまったのはイスラエルの民、
     それを見逃したのは、英雄視されてる、ヨシュア


ええ、ええ、神様の危惧されたように
彼らは緋糸と雑じりあい、新しい布を織り始めてしまいますが・・

神様はそれをご覧になって、
それ見ろ!!ておしゃるわけなんですか。(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

そんなことにならない前に、何とかならないものでしょうかねぇ・・
だって、これから、111年間(同時並列のダブりがあると思いますが・・)も
異教の民に苦しめられるなんて・・
これが、神様のイスラエルに対する訓練なのですかぁ・・・

                    ということで・・
                    ピヨピヨ言ってもしかたないので・・
争いもやんで仲よく住むということは
やっぱりちょっと、譲り合ったり、受け入れあったりしなければ・・
初めは慎重におずおずと・・
そしてどんどん目盛りの針はおおらかになっていって・・
気付くと・・
異教の民と親戚関係になっていたりして・・
自然と、バアルや、アシラの風習に染まって行きました。



神様は忍耐づよく彼らを見ておられましたが・・それも限界・・
怒りの水は土手を破って流れ出しました。


まずメソポタミヤの王の手に渡されました。
8年間、彼らは王の圧制の中にいましたが、耐えられなくなってあるとき気づくのです
そうだ!!我らには先祖の神、エジプトから導き登られた神様が居られるではないかと・・
彼らは神様にゴメンナサイをするんですね

すると、神様はすぐに許しちゃうのね・・


彼らのために、カレブの弟、ケナズの子オテニエル
彼の上に神様の霊を注がれると、彼は力が与えられて・・
メソポタミヤの王を打ち破り、
それから40年間は穏やかな日々が続きました。

平和が40年間続いたってことは・・
またまた・・大変なことが起こるとゆうことですう・・


☆○o*:;;;:*o○☆○o*:;;;:*o○☆○o*:;;;:*o○☆○o*:;;;:*o○☆

士師記(ししき)に出てくる士師は
        士師(さばきづかさ)・・救出者、解放者
                    といった意味があるそうですが・・

カナン人の宗教は、バアル神、女神アシタロテ
                  ・・幼児犠牲・人柱・
                    ソドムとゴモラのように風紀が乱れていた。